--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/04/30 (Thu) 15:29
久々に1日4事例に取り組んでの感想

昨日、昨年(平成20年)の本試験事例に取り組んだ。ちなみに4事例を80分かけてガチで解いたのは今年に入って初めてです。


そこでの気づき:

どの事例も共通だが、まだまだ与件の根拠を吟味し切っていない。字数が余ったり、解答に困るとすぐ思考停止して文章表現や知識に逃げる悪癖が抜けていない。無駄な日本語に升目を使ってはいけない。もっと与件の根拠を吟味して、出題者が与件に埋めた、解答に必要な根拠を使い切ることに貪欲になる必要がある。これは去年も最も不足していた点であり、ここは意識してプロセスに盛り込む必要がある。


(自分の場合は)今年は何回も何種類も事例を解く必要はないと感じた。今後取り組むべき過去問も、直近3年分くらいで十分か。その分、一回解いたらかなりの時間をかけて復習するべき。


与件の根拠と設問をマッピングする力/解答をまとめ上げる力は別の能力なので、個別に訓練を重ねて能力を磨いたほうがよい。


基本的に、どの事例においても、与件に根拠が一切存在しない設問はないと感じた。与件に根拠が一切見つからない!と思ったら、それは与件の吟味が足りないということ。つまり知識や妄想に逃げた時点で負けだということ。ただし与件の根拠だけでマスをほぼ埋められる設問もあれば、与件の根拠を踏まえてそこから類推させられる設問もある。


点を取りやすい設問、取りにくい設問を見極め、取りやすい設問でいかに失点を防ぐかが重要。全部取ろうとすると、どうしても得点にブレが出て本番もバクチの要素が大きくなってしまう。


全般的な計算力はかなり落ちているはず。特にスピードが落ちている。事例Ⅳの計算問題は落としたくないので、基本的な計算能力と、初見の設問の要求を正しく理解する能力をそれぞれ磨きたい。


自分を変えて環境を変えるためにも、やはりど~~~~~しても診断士の資格を取得したい。3年前に診断士の資格取得を目指し、悲愴な決意で孤独に学習を開始しましたが、やはりど~~~~~しても診断士の資格を取得したいなぁ。

「他人は関係ない!自分がどうするかだ!」というMコーチの言葉が胸に突き刺さる。そうだ。他人がどうとかこうとかは関係ない!俺はこの資格を取得したいんだ!という気持ちを新たにした。







久しぶりに二次の事例をガチで解いて、新鮮さと多くの気づきを得ることができました。


今年は診断士学習に関する環境も取組内容も大きく変化させましたが、今自分がやっていることは間違っていないと思っています。

そんなわけで、5月、6月は一次と二次を併行して学習を進めようと思うぜ。




スポンサーサイト

<< 一次試験合格に向けての振り返りと今後の課題 | ホーム | 君の言っていることは全く理解できない。 >>

コメント

なるほどです

深くやってますね~。
おいらは、上記の内容に加えて、問われていることからずれない訓練、解答の全体の整合性に留意する訓練をつもうとしております。
お互いにがんばりましょう。

マッドさん

こんにちは。学習の調子はいかがですか?二次も大事だけど、まずは磐石の態勢で一次を突破せねばなりませんな!

そろそろ一次試験も近いことですし、決起集会やりませう☆またご連絡します。


お久しぶりです。

>つまり知識や妄想に逃げた時点で負けだということ。

これは現実のビジネスでは当たり前のことなんですよね。誰もがわかっているし実践もしている。しかし、診断士試験では多くの受験生が陥るワナでもあると思います。個人的にこのテーマは合否に大きく関わる内容だと思っています。

ちなみに私の今年のテーマは「素」です。受験予備校の講師が見たら卒倒するような診断報告書を書き上げてみせますよ~!!

ぬをををを~

ねばさん、お久しぶりでございます!

今年は何だか、ねばさんも小生もガチで合格できそうな予感を勝手に感じておりますw

小生の場合一次からですが、ちゃんと一次対策も励んでおりますのでご心配なく~v

ちなみ二次試験における小生の今年のテーマは

【合格できる答案=不合格にならない答案=与件のどの箇所からも反論できない答案】

ってところでしょうか(自分の中での暗黙知ですが。。)

今後とも緊密に情報交換してまいりませう♪



コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。