--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/12/06 (Sat) 19:59
これが俺の生きる道~502最後のエントリ~

今日は今までで最高の超長文です。

以下のカテゴリに分けて書きます。

■ 新しい道
■ 中小企業診断士試験の先にあるもの
■ ブログ名変更
■ 502のリンク解除
■ 来年の勉強方法
■ 勉強会やります!強く優しく、人の痛みが分かる診断士になるために・・・
■ 暑苦しい集いの皆さんへ
■ 合格した方へ
■ 最後に、診断士試験を通して出会った皆様へ


■ 新しい道


小生と嫁2人で、じっくり話した。
今日まで頑張ってきたこと、犠牲にしてきたもの、これからのこと・・・
なぜ診断士試験を志したのか。
2人の幸せとは何か。
真剣に話し合った。結論を急がず、俺の考えを押し付けず、2人が幸せになるために、どういう結論を下すべきか。。。

そして決まった。


結論:受かるまで診断士試験を受け続ける


熱血感動型さんが、「この試験は人間力がある人が受かる」と言ってたけど、まさにその通りだと思う。

つまり、俺は人間力がまだ足りなかったから落ちたんだと思う(ことにする。)

外部環境のせいにするのはカンタン。

でもそれじゃ何も問題は解決しない。

自分を再々度見つめなおし、自分に何が足りないのか。

神様が、さらに成長させてくれるチャンスをくれたんだと思って、もう一度自分と向き合ってみようと思う。

自分の人生に打ち克つためには、受かるまでやるしかないと思っている。

ん?前言撤回が早いですか?朝令暮改にもほどがありますか?

小生はそうは思いません。昨日は茫然自失しました。気を失いました。嫁は号泣しました。小生はそれに遅れて涙が出ました。昨日は一睡もできませんでした。その間、色々考えました。6,400万年分くらい考えました。

そのうえで、嫁とじっくり話し合って、2人で決めた結果です。


世界一周行くから~とか、甘えたこと言ってる場合じゃない。

負けたままで、自分の人生から逃げるわけにはいかない。

嫁も、そんな俺を望んでいない。



■ 中小企業診断士試験の先にあるもの

今まで、散々ブログ上でティーザー広告のように引っ張ってきましたね。小生のブログのアドレスを見てみてください。55worldjourneyとありますね。小生と嫁は、試験に合格後、



夫婦2人で世界一周に行くつもりでいました。約2年かけて。


なぜかって?2人の人生を楽しむためです。結婚したとき、2人で色々話しました。これからの2人の人生のこと。。。

その結果、2人とも世界一周に行ってみたい!という夢を持っていたことが発覚しました。本当に素晴らしい人と出会えたと、その時に改めて思いました。

なので、小生が人生で2番目にやりたい夢【言葉でメッセージを伝えることで多くの人に活力を与える】を実現させるのに非常に近道となる中小企業診断士試験を一発でとり、その後2人で意気揚々と世界一周に行こう!

そして世界一周から帰ってきたら子供を作って、「お前達が産まれる前に、父さんと母さんはこんな素敵なことをしてきたんだ♪って伝えよう☆」と、語り合いました。その後、2回も二次試験に落ちることになるとは露とも思わず。。。

診断士受験を受かるまで続ければ、その分子供を作るのも遅れます。小生の嫁は医療系の仕事に就いていたため、高齢出産に対して慎重になっています。それも2人で話しました。

でも、受かるまでやることにしました。嫁に「君が本当の笑顔になれるのは、どんなとき?」と聞いてみました。そしたら、「あなたが合格して、本当の笑顔になれたとき。」と応えてくれました。嫁の器量のでかさ、小生にはとても及ぶはずがありません。この人と出会えた幸せをかみ締め、この人の本当の笑顔を見たいです。


■ ブログ名変更

というわけで、小生がブログ名にしていた「中小企業診断士試験の先にあるもの」とは夫婦2人で世界一周に行くことです。今年受かったら華々しく発表しようとほくそ笑んでいましたが、もうやめます。もうかっこつけてる場合じゃない。

小生は落ちた。
でも受かりたい。受かるまでやる。

そのために必要なことは何か。

それはかっこつけた自分を脱ぎ捨て、本当に中小企業診断士にふさわしい人格を身に付けることだと思う。



であれば、試験に受かることだけでなく、強く、優しく、人の痛みが分かる診断士を目指すべきじゃないか。

そう思い、タイトルを変更することにしました。これは試験に通るだけじゃなく、一生のテーマともいえます。

新タイトル:強く優しく、人の痛みが分かる中小企業診断士を目指す



■ 502のリンク解除

502にリンクさせていただいてから、実に素敵な出会いが沢山ありました。本当にブログをやっていてよかったです。

でも2009年は、勉強だけでなく生活の在り方をガラッと変えるつもりです。人のブログを定期的に巡回したり、コメントをたくさんもらえるような記事を書くことに執心している場合じゃない。まずは自分が受かるために必要な時間を積み重ねることが大事。

今までのようなPC・ネット中心の生活態度を改め、自身の内面を見つめなおす作業に注力したいと思います。

というわけで、ブログは続けますが、この記事を最後に502教室へのリンクをはずしていただくつもりです。改めてnetplus先生にその旨ご連絡をさせていただきます。

502教室の趣旨は、「受験生のモチベーションをアップさせるコミュニティサイト」です。モチベーションなら、小生は日本一高いです。これ以上誰かにモチベーションをあげてもらう必要はない。それに、今後はブログの扱い方も変えます。文章を書くのが好きだし、むしろそれを一生の仕事にしたいと思っているのでブログは続けるけど、もういちいち自分の進捗状況や模試での成績をこれ見よがしに晒すのもやめます。そんなことしたって合格に近づくわけじゃない。

あくまでも自分の進捗状況の管理、本当に書きたいこと、合格後には必ず行くつもりでいく世界一周のことなど、自らの好きなように、自らに役立つ形で続けます。

そうなってくると、若干502の趣旨とは違ってくると考えております。「いや、そんなことないよ、好きなことを書けばいいじゃない。」という方もいるでしょうが、それは小生の信念とは一致しません。なので、リンクをはずしていただこうと思っております。



ちなみに夢は口に出すと現実になるので今のうちに言っておきますが、小生は【世界一周の旅行記】を皮切りに、【自己啓発本】、【ビジネス書】など、実に様々な分野で本を出版したいと思っています。それが実現できるような自分を目指します。


というわけで、もう502のブログ巡回や、人の目を意識した記事をアップすることに執心するのはやめます。コメントをいただいたら、必ず返事するというようなこともしないと思います。ネチケットに反してますか?不義理かもしれません。

でも、小生がもっと大事にしなければならないのは、一番近くにいる妻との時間であり、オンラインではなく実際に普段接している会社の人間や、昔からの友人であると、ここ2年半の自身の生活態度を省みて、深く反省しました。

友人や会社の同僚に対しては、ず~~~っと不義理を続けてきました。普段の呑み会はおろか、結婚式などその人にとっては一生に一度?の大事なイベントよりも、自身の予備校の授業や模試を優先したりして。3年目も同じようなことを繰り返すわけにはいかない。


■ 来年の勉強方法

おそらく、ほぼ独学で行きます。今年は【情報】を仕入れ過ぎました。【情報】はもう十分。あとは2年半の学習や様々な先達との出会いで仕入れた【情報】を反芻して思い出しながら、自分にとって何が有益な【情報】だったのかを吟味しつつ、それを【知識】や【知恵】に昇華させる作業をします。

でも、小生は一次が若干苦手です。昨年も434点だったかな?けっこうギリギリで通りました。まずは一次を万全で通らないと話にならないので、スクーリングも何かしら利用するかもしれません。


■ 勉強会やります!強く優しく、人の痛みが分かる診断士になるために・・・

とは言っても、リアルで付き合いのある勉強仲間に対し、再度声をかけるだけです。もう【情報】は十分。小生の勉強仲間は、たった1人を除いてめでたく3回以上の多年度受験生となった。お互いに足りないものを補い合いながら、今度こそ全員磐石の合格を目指す勉強会をやりたいと思います。

小生がリーダーをやります。でもそれは自分の考えを押し付けるためではなく、雑務を一手に引き受けてみんなが自身の課題に集中できる環境を作りたいからです。

取り組む内容は、徹底的に白書と過去問にこだわりたいと思います。あれこれ手を出すと、また落ちます。もっと噛み締める学習が大切です。

名づけて:T(強く、)Y(優しく、人の痛みが分かる)S(診断士を目指す)勉強会
=TYS勉強会



今年、小生は変態な人たちと知り合い、我々は

月200時間以上勉強
1日8事例
1日15時間勉強

など、【普通の人】だったらドン引きするような学習を続けてきました。模試ではみんなかなりの上位を連発していました。自分達が異常であることを楽しんでいました。


だからこそ、3人揃って落ちたのだと思います。

今年は、【普通の人】と同じような勉強をしましょう。

そして、【普通の人】の気持ちを慮り、その人たちに対して真摯に改善提案をできるような人間を目指しましょう。

もちろんこれは小生の考え方です。

皆さんとは違うかもしれませんね。

でも、もし同じ気持ちでいてくれたら、もう一度、このイバラの道を共に歩みませんか。また別途ご連絡いたします。




謙虚さや、人の話に傾聴する真摯な気持ち。

特に小生は自身を優秀だと思い込むがゆえに、その2つがなかったから落ちたと思っています。つらいっすね。超つらいっす。

炎のT講師の言葉が胸に突き刺さる。

曰く:あなたの解答は、正論過ぎてぐうの音もでない。愛情がない。でも診断先の社長は、そんなことを求めているんじゃない。もっとC社に対して、真摯な提案をしなさい。

本当そのとおりだと思った。まあ不合格通知でA~Dを確認しないとはっきりしたことは何も言えんけどね。でも、小生は優秀過ぎるところを目指したから、ダメだったんじゃないかな、と思っている。


■ 暑苦しい集いの皆さんへ

小生は、就職活動を通して【A@不動産王】という男に出会い、彼は今でもこの世で最も尊敬するメンターとなった。そのA@不動産王に惹かれて集まった後輩達との集いがある。

その暑苦しい集いで、小生は常々、

「2008年こそ合格する。そして合否いずれにせよ2009年には世界一周に行く。」

と伝えてきた。

その前言を撤回し、今度は「受かるまで続けることにした。」って言うんだから、かっこ悪いよな。あんだけ大口たたいておいて、落ちてるし。今回は終わった後にかなり自信があった。予備校の講師や、他の診断士の方にも再現答案を見ていただき、合格はほぼ確実と言われていた。それで有頂天になり、かなり調子に乗っていた。で、落ちた。超かっこ悪い。それでもって前言撤回して受かるまでやると言っている。でもどんだけかっこ悪くても、俺はやっぱり中小企業診断士になりたい。

そしてみんなに、

「正しい努力は報われる。それまでの痛みは、その人を真に成長させるために必要なスパイスなんだ。」


ってことを、2009年12月に証明したい。


■ 今年合格した方へ

またも今年、苦汁をなめることになるとは夢にも思ってませんでした。皆さんと自分の違いは何だったのか。うすうす分かってはいますが、また1年かけてそれを詰める作業をしたいと思います。本当におめでとうございました。


■ 最後、診断士試験を通して出会った皆様へ


今年も皆さんの仲間になれませんでした。こんな悔しい想いをしたのは初めてです。勉強始めて2年半、初めて泣きました。

08.12.17 追記
すっかり忘れておりましたが、去年の502オフ会の帰りの電車でも悔しさのあまり少し涙したことを思い出しました。



昨日の不合格から1日しか経っておらず、前言撤回にも程がありますが、小生は「合否いずれにせよ2009年には世界一周に行く」という前言を撤回し、受かるまで続けることにしました。でも2009年に受かります。3度目の正直を目指します。

それまでは地下にもぐります。笑顔で、胸を張って皆様と再会できるようがんばります。


スポンサーサイト

<< さて、12月をどんな風に過ごすか | ホーム | 残念ながら不合格でした >>

コメント

うう。journey先生、うちも受かるまでやる~。
一緒にがんばりませう。家で何もせずにいたら思い出して泣けてくるから、いろいろ活動はじめました。
まずは1次試験に向けてアイドリング始めます。


誠実

初めまして、他資格開業者のyokkoと申します。

不合格で混乱されるいるのかも知れませんが、診断士である前に。先ず人ととして誠実であるべきではないでしょうか?

コメントに対してレスできないなら、自身不義理と感じられるなら、コメント欄を閉じて記事のみアップすれば良いのではないでしょうか?

>コメントをたくさんもらえるような記事を書くことに執心している場合じゃない
>もういちいち自分の進捗状況や模試での成績をこれ見よがしに晒すのもやめます

こういう姿勢や記事の書き方自体が、非常に傲慢、独善的で、目指される診断士とは対極、真逆に思われます。

合格したい気持ちは皆同じ、十二分に分かりますが、どっかピントがずれているように感じます。
ご自身がおっしゃられているように、かなり優秀だと自負されているせいでしょうか?

中小企業診断士たる者、もっと謙虚に、弱者の痛みが分かる人でなければならないし
そうあって欲しいと切に願います。



これからも自分の信じた道を進んでください。

いずれ、リアルで協同できる日を楽しみにしています。

私も地下に潜ります。長い間ありがとうございました。

 たくさんの勇気ある、決意だと感じました。

 これからも、ブログにはお邪魔させていただきます。^^

 でも、一言だけ言わせてください。

 子供は、世界一周よりも、多くの苦しみと、さらに多くの幸せを与えてくれます。そして、世界一周を子供とともに回るのは、ご夫婦だけよりもっともっと意義深いものかと思います。

 ご一考ください。<(_ _)>

yokkoさん

ふう~、はじめまして。今や十分弱者となり、心底弱っており、今ようやく立ち上がろうとしている小生に対して陰から匿名でムチを打っていただき、ありがとうございます。

他資格開業者の方はご存知ないかもしれませんが、中小企業診断士受験業界には502教室という有名なポータルサイトがあって、そこへのリンクははずしていただきました。タイトルも変えたので、502経由で小生のブログにアクセスされることはありません。小生はそれが最低限の礼儀であると心得ています。それでも小生のブログを見にこられる方は、既に小生と何らかしらの繋がりがある方です。今回の小生のエントリは、そういった方に向けて書いています。

また、自身が反省しているのは、今まで診断士の勉強やブログの更新に熱中する余り、もっと大切にしなければならない周囲の人に対してあまりにも不義理を犯してきたことです(上記参照)。

オンライン上でのブログのコメントに返信しないより、リアルに付き合いのある周りの人間に対して配慮を欠くことのほうが不義理だと思います。


また、文章をよく読んでいただきたいのですが、

>コメントをたくさんもらえるような記事を書くことに執心している場合じゃない
>もういちいち自分の進捗状況や模試での成績をこれ見よがしに晒すのもやめます

こういう姿勢や記事の書き方自体が、非常に傲慢、独善的で、目指される診断士とは対極、真逆に思われます。

今までがこうだったので、それを改めると申しておるのですが・・。


あと、日本語を正しく読んでいただけませんか?「優秀だと自負していた」のではなく、「優秀だと思い込んでいた」のです。かつ、その思い込みそのものがピントがずれていたので、それを改めようとしているのですが。



中小企業診断士たる者、もっと謙虚に、弱者の痛みが分かる人でなければならないし そうあって欲しいと切に願います。

↑この部分は全く同感です。このまま受かっていたら、弱者の痛みが分からない、自らの論理をふりかざす危険な中小企業診断士になっていたかも分かりません。ここで不合格になったということは、神様が試練を与えられたのだと心得ています。


また、小生はコメント欄は残します。幸いなことに、小生には本当に応援してくれる先達、共に戦える仲間がたくさんいます。そういう人たちの中には、貴方のようにコメントに返信を強要するような、心の狭量な人は1人もいません。




貴方がどういう方で、どういうつもりでコメントされてきたのかは分かりませんが、今回のエントリはかなり個人的な内容ですので、小生は自身の考え方に則り、502のリンクを解除していただいてから記事を書いたのです。少なくとも、貴方に向けてのメッセージではありません。

貴方が保有されている資格とは関係のない資格の、しかもイチ不合格者のブログにコメントされるよりは、貴方のサポートを待っておられる顧客の方に時間を使われたほうがよろしいのではないでしょうか?

小生自身は、謙虚に人の話に傾聴し、強く、優しく、人の痛みが分かる診断士を目指します。

もう十分、弱っている人の気持ちは分かりました。今自分自身が相当弱っているから。

少なくとも、オンラインで匿名で弱っている人間にムチを打つようなことはしないと思います。


ねばさん

思い起こせば2年前、小生が初めてコメントさせていただいてやりとりするようになったのがねばさんでした。。。オンラインだけですが、長い付き合いっすね。小生も勉強を始めた当初はまさか、自身が多年度受験生の道を歩むことになるとは露とも知りませんでした。。。

でも、やるしかないっす。負けたまま逃げるわけにはいかないっす。

もう完全にブルグは引退ですか?小生は、ブルグは続けます。もう502のリンクははずしていただきましたが。。

いつか、ってゆうか、来年こそ本当に協同しましょうね。

良ければ今度呑みたいですね。連絡します。


こんばんは。


飲み会でお話を伺っていた限り大丈夫そうだと思っていたのでとても残念に思います。ぜひ僕のセミナーで暴れてほしかったのですが、僕も「まさか」という気持ちです。

>【普通の人】だったらドン引きするような学習を続けてきました。模試では3人ともかなりの上位を連発していました。自分達が異常であることを楽しんでいました。

うーん、言われてみればそう感じたかも知れない(今さら言うなよって感じですが)。無責任なことは言えませんが、確かに他の方などを見ていても、もっと力の抜けた感じが必要なのかも知れませんね。

本を出すことを公言されましたね。私もいつか出します。お互いがんばりましょう。

にぎやかなじゃーにーさんのブログが502からなくなってしまうのは寂しいですが、ブログはRSSに入れて楽しみにさせていただきます。

NOAさん

紙面の都合上割愛しますたが、小生と嫁には、

2人で世界一周にいったあと、

さらにその後子供も一緒に世界一周に行く

という夢があります☆

ですが、その夢を実現する前に、まずは中小企業診断士を、受かるまで受け続けます☆

お互い、2009年12月に向けてがんばりましょう!
(小生は一次からだから大変だ~)

目指すものが変わらない限り、気の済むまで、挑戦するべきなんだろうと思います。

合格発表後のこの短い時間で、来年以降やると決めていた事(やりたかった事)を覆すのは相当の苦悩があったんだろうと思いますし、奥様とも納得いくまで話し合い、出た結論であれば、ご自身にとってはそれがベストな結論に違いないでしょう。

そういう決断をこの時期に、したということは私個人的には尊敬に値します。簡単にできることではないですよね。

ただ502ブログに関しては、診断士試験にのめり込んでしまうというリスクの軽減になる、また受験にとっても、ほど良いスパイスになる気がすると個人的には考えていますので、そのまま続けてほしいかな。

ほど良い息抜きも大切だと思いますから、あまり思い詰めないでくださいね。

勝手なことばかり言って、ごめんね。



ペパチョ先輩

はい、小生もまさかといふ気持ちでイパーイです。

こんな挫折は初めてです。高校留年したときの1億万兆倍ぐらいのショックです。

でもこの痛みは、強くて優しくて人の痛みが分かる中小企業診断士になるために必要な痛みなのかもしれません。

小生もようやく、弱い人の痛みが分かる人間になれそうです。

小生が最初にペパチョ先輩に惹かれた理由は、この人もすごい挫折を味わっている人だ、と直感的に感じたからです。この前直接聞いたときに、なるほどと感じ入りました。

小生はしばらく地下に潜りますが、2009年12月に見事地上に顔を出したいと思います。

ちくしょ~、スパイダーマソの道は遠いぜ。。

でも3度目の正直でやったる!

ペパ茶先輩、RSSでそっと見守っててくれ。。。



今日の記事を読んで、一度リアルで盃をかわしたくなりました。
迷惑でなければオフ会にて、よろしくお願いします。

Dぴょんしゃん

本当、どうなってるの?合格交換してちょんまげ!

ウソウソ、本当におめでとうございます。

ペパチョ先輩にも指摘されたけど、小生は正しい努力をしてこなかったんだろうね。Dぴょんしゃんは、正しい努力を続けてこられたから見事合格を勝ち取った。

そういうことだと思います。

貴殿ご指摘のとおり、本当に苦しい決断だった。人からみればわずか1日で朝令暮改だけど、小生と嫁は真剣に話し合った。その結果です。受かるまでやる。


ブログは続けるよ。でももう502は、熱湯プラス先生にお願いしてリンク解除していただいた。

ブルグはモレの元気の源泉でもあるから、今後もヒソーリ更新続けますよ。良かったらたまにのぞきに来てクラぱいね☆そして多年度受験生に、診断士の世界の素晴らしさの一端をあおり気味にコメントしてくれれば幸いです(返信しないけど☆)


Reiパパさん

申し訳ありません。

小生は、今年の某オフ会には行きません。

記事にも書きましたが、小生は日本一モチベーションが高いので、外部環境の刺激からモチベーションをもらう必要がないし、血の涙を流す悔しさは、去年のオフ会で十二分に味わいました。二回も敗者として参加したくはありません。

(本当は今年受かってたら挨拶させてもらえていたかもしれないのに・・・)

来年、合格したら、そのときは晴れて合格者として出席します。熱湯プラス先生に金メダルかけてもらいます。

皆様によろしくお伝えくらさい。。。

小生は皆様が勝利の美酒に酔いしれている間、一次対策に余念がないはずです。



こんばんは

仲間じゃない他資格者が、横からよけいなことを書いてすみませんでした。

>少なくとも、オンラインで匿名で弱っている人間にムチを打つようなことはしないと思います

そんなつもりで書いたのでははなかったのですが、文章力がなく、そうとられたのなら申し訳ありません。

ただ実名を書くわけにもいかないので、HNを名乗って、コメント入れました。
別に匿名で誹謗中傷するつもりでは全くありませんでした。

ただそれだけ言いたくて、返信を強要する気持ちもありませんので、レスは戴かなくても結構です。

もう余計なコメントはしませんので、ご安心下さい。
大変失礼しました。

立派す。

クラはん、クラはんはどうする?

来年は、来年はどうする?

あなたは中小企業診断士になりたいですか?

小生は、なりたいっす。

もう、超かっこ悪いっす。

でも、それが何すか?

なりたいんだったら、かっこ悪くても受かるまでやるしかないっすよ。でもそのためにやるべきことは、今年我々が取った方法ではない、ということはハッキリしてそうです。

としっぷるしゃんから、クラはんが地の果てまで落ち込んでることは聞きました。

共にまた立ち上がりませんか?

受かるまでやりましょう=3度目の正直で今度こそゼッタイに受かりましょう、ということです。

二次3回目で受かる人って、結構多いらしいっすよ。

個別にメールにてご連絡くらぱい。


それがかっこいいのさ

かっこ悪いと知っててかっこ悪い事を選択できることがかっこいいのだと私は思っています。

おいらも、カミさん買収したとか言ってましたが、本当は、「一番かわいそうなのは子供なんだからねっ」と言われ、涙と鼻水をたらしながら「わかってる。わかってるんだよ。」というシーンがあっての再挑戦です。

特に、journeyさんは「こうだ」と決めたことをやりとおせる力、自分を強く律する力を持っていて、今年やりたいと思ったことはやり通したわけで、そしたら、次の選択肢を選ぶことは必然ですわな。

だから前言撤回なんて当たり前。環境は常に変わるんだし。

journeyさんなら、来年絶対に合格しますよ。

そしておいらも、必ず合格します。journeyさんのようにもっと、自分を律していきます。

502のオフなどでお会いできないのはさびしいですが、どうせ、携帯とPCでブクマしているのでNPです。

これからも熱いエントリーを期待しています。

っていうか、毎日見るのが日課になってるから毎日見るw。

ではでは







MADしゃん

貴殿と小生は、お互い会おうと思っても中々会えませんね(笑)

でもいいです。その分、お会いできる日を楽しみに待てますからね。

我々が初めて邂逅する日は、

2009年12月の中小企業診断士二次筆記試験の合格発表後です。

その日まで、お互いがんがりましょう!!

アディオス、アミーゴ!

おー、じゃにぱん、すごい。
アダルトサイトからの請求メールみたいなコメントに返事して、説得しちゃっとるわ。

改めて、じゃにぱん頑張ってくださいね。

アホクラは、知識偏重を改め、当面は人間力を高めることを手広くやります。
その前に、家のことやらんとな。①買った当時に最新機能を備えていなかったTVの買換え、②老朽化して故障の多い玄関のドアや、塀や柵の修理、などです。ダンナの仕事ですから。。

24時間の心肺停止の後、呼吸、心臓鼓動、消化などが可能になってきました。睡眠障害、涙腺閉鎖弁損傷、精神的ダメージの補修には時間がかかりそうです。

クラさん

えらい!

クラさんの睡眠障害、涙腺閉鎖弁損傷、精神的ダメージの補修が一刻も早く終了するのを、お待ち申し上げております。

その間、小生はちょっと先に行っておりますよ(ニヤリ)

kitaggioが一番前向きかもしれない。
ブルグ更新されて、すぐみたよ。
なんか、コメントもメールも出来なくてね。

次こそ、合格しようね。
自分に負けないように頑張りま~す。

>クラさん
立てぇ~立つんだぁ~クラクラ

って、お前に言われたかねぇよって???

人それぞれのタイミングでゆく~~りやりましょう。

どんな方法ややり方でも、合格すればいいんだもんね。

 

落ちて当然

小生自身は今も、落ちて当然だったとは思っていません。後悔もしていません。海より深く落ち込みましたが。。。

コメントをいただいた貴方も、私と同じ不合格の方であると思料します。貴方は

月200時間以上の勉強
1日8事例
1日15時間以上の勉強

を実践する勇気はありますか?有効かどうかは分かりませんよ。少なくとも小生は結果に繋ぐことができませんでした。でも、もし貴方が努力不足で落ちたとすれば、死に物狂いで勉強時間を確保しなかった今年の自分を悔い、来年は今年の小生と同じような行動をとる可能性もゼロとは言えないのではないでしょうか。

小生は今年にこれを実践したことで、これだけでは通用しないということを身を持って実感しました。かつ失うものも多いです。この経験は大きいです。この経験が、診断士試験の勉強に限らず今後の人生に活きてくると考えております。

もし今年受かっていれば、今年合格したのは必然だったと思っていたでしょう。でも落ちた。それは結果です。

この結果を受け、診断士の資格取得のみならず、人間的な成長を目指したいと思っています。今、本当にしんどいです。何もかもが。投げ出したくなる。でもこれは自分が蒔いた種でもあるため、何とかがんばっていきます。守りたいものがあるし。

しばらくは診断士の学習そのものからは離れ、今まで知り合った人と一人一人向き合い、診断士の学習では得難い、でも人としてもっと大事なものを勉強していきたいと思っています。

診断士試験は、とりあえず今のところは来年も受けたいと思っています。今の苦しみを忘れず、毎日一歩ずつがんばっていけば、渇望し続けた診断士試験の合格もいつか向こうから近づいてきてくれるんじゃないかと信じております。

そして。。。また落ちることも必然だった

診断士になるともっと忙しく同時に知識もインプットする必要がある
これだけ時間をかけても落ちる人は合格しても仕事としてやっていけない
撤退する勇気も必要


「これだけ時間をかけても」

私はまだ、たった2回二次試験に落ちただけです。私よりご苦労されて取得されている方もたくさんいらっしゃいます。

私は今のところ、やはり診断士の資格を取得したいと思っておりますが、弱い人間です。今は受かるまで受け続けると言っていますが、あと1年やってダメで、さらに1年やってもダメで、果たしてそうした時に、そうした時でも

「受かるまで受け続ける」

と言い続けられるかは分かりません。

弱い犬ほどよく吼える、といいます。まさに自分のことです。今、弱い犬がネットという空間で吼え続けてきたことに対する報いが、一挙に押し寄せてきています。


その一つ一つに対し、逃げずに贖罪していくことが成すべきことであると考えております。

ただ、私がネット上にこのブログを残して害毒を撒き散らすだけなのであれば、閉鎖も考えています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。