--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/10/20 (Mon) 09:23
闘いから一夜明けて


昨日は1時過ぎに帰宅し、2時頃就寝、5時には目が覚めてしまいますた。


がしかし、目覚めは非常に爽快です。


駅のホームで、朝日のまぶしさが目に染みました。荷物の軽さに、改めて試験が終わったことを実感しました。


昨日のことを振り返っても、

『やりきった』

という充実感しかありません。


昨日は本番において、最高のパフォーマンスが発揮できたと思います。


再現答案は作るつもりですが、本番以上の解答にはならないと思います。


自分は『中小企業診断士』として、信念を持って聞かれたことに応えてきたつもりです。


受かっても落ちても、やるだけのことはやった。

後の合否は、神様が決めることです。

財務はよく分からなかったですが、それはどの受験生も同じ。まして歴年の合格者たちだって、そういった気持ち悪さを抱えながら闘ってきたわけでして。条件は同じです。



この1年に後悔はありません。


自分の人生に後悔はありません。


自分がやってきたことに後悔はありません。


泣こうが笑おうが悩もうが、明日は必ず来る。


『今日』と同じ『明日』は来ない。


journeyはとりあえず終わった闘いに一区切りをつけ、また新しい『明日』に踏み出します。




順序が逆になりましたが、この1年様々な形でご支援をいただいた皆様、本当にありがとうございました。



スポンサーサイト

テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

<< 【再現答案作ると吐き気を催す】の法則 | ホーム | 事例Ⅳが気持ち悪い >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。