--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/08/14 (Thu) 23:16
『受験生最後の日 3つのドキュメント』買っちゃいますた

最近はガリガリ学習もさることながら、当日いかに<心・技・体>全てをピークの状態に持っていくか、という点について思考を巡らせ、それを深め、表出化することに重きを置いております。




そんな考えに基づき、これまでの学習で培ってきたモロモロの気づき・自作二次まとめ・演習振り返りノートを活用、というかギュッと凝縮して、それを自分なりの予想問題形式にして各事例ごとに作成を進める、という作業を行っております。



そんな中、最近出版されて話題になっている



『受験生最後の日 3つのドキュメント』


    

がふと気になったので、お昼休みに(立ち読み)してみようと思って本屋に走ったのですが。。。









・・・な~んと、執筆者の方々それぞれが本試験を迎えるにあたって、小生が今まさにやらんとしていることと同じ取組をされていたじゃあ~りませんか!?



というわけで、<立ち読み>ではなくちゃんと購入して帰りますた☆




~昼休みの間の約30分のザッと一読後、とりあえず<熱血感動型編>と<ペパチェ編>を熟読~




いや~、制作者の想いや執念、執筆者の<伝えたいことを伝えるスキルの高さ>が伝わってくる素晴らしい本ですな。


しかもこのタイトルの『受験生最後の日』って、受験生は本番でどう過ごしたのか、って意味ではなくて、『3人が、受験生として最後の日となった日』のことを指しているんでしょうね!?


いや~、憎すぎる。。かっこよ過ぎだぜ。。。





モレも今年の10月19日が、『受験生としての最後の日』になるんだな。。。(シミジミ)






受験生個々の学習進捗具合やレベル感によって色々な活用方法があると思いますが、小生は



「3人は試験当日にどんなブツを持参したのか」

「どういう経緯・想いがそのブツに載っていたのか」

「本試験の際の

各事例ごとの

各設問ごとの

<読む・考える・書く>それぞれの段階での

精神状態はどうだったのか」




を中心に、参考にさせていただきます。


そして、熱血感動型さんが事例ごとに作成されていた<ファイナル・ペーパー>、こちらは速攻でTTP(徹底的にパクる)させていただくことにいたしますた☆





そんなわけで今日の学習:

Tさんからお借りした事例の分析⇒要素表出化

H17事例Ⅰ解答

財務皿回し事例2つ

簿記1級合格テキスト 原価計算Ⅲ・意思決定会計編 構造的意思決定

受験生最後の日 2/3まで熟読

(やりすぎ)
スポンサーサイト

テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

<< ファイナルペーパー完成すた~! | ホーム | 2回目の二次試験が近づき、思うこと。 >>

コメント

おはようさん。
与件に根拠を求め、プロセスを重視して与件にアプローチする姿勢。そして、しっかりアウトプットに落とし込む。
あのお方は、能力高いっすね。

今から、演説考えといたほうが良いんじゃない???
人を泣かすくらいの感動的な心に響く演説を期待してます。


今から、演説考えといたほうが良いんじゃない???
人を泣かすくらいの感動的な心に響く演説を期待してます。

⇒やりたひ。。。是非やりたいが、頼まれるぐらいに自身の人格を高めるほうが先ですな。小生がやりたいやりたいって気持ちを前面に押し出すのではなく、

「何を共有できるか?」

「何を伝えることができるか?」

って、そっちを先に考えなければなりませんね。



そして、何より先に我々に課せられた仕事(10.19の壁を超える)をキッチリこなすことです。


近いうち、この本から得られた気づきのブリーフィングをやりたいですな。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。