--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/08/09 (Sat) 22:19
今年の一次試験の7科目全部解いてみますた

とある筋から今年の中小企業診断士一次試験の問題を入手したので、朝からタッコ自習室にこもってまったく見直しせず、時間短縮しまくりで解いてみますた。


今年の二次試験の傾向を少しでもつかめれば・・・と思ってやってみたのだが、やったらやったで自己採点したくなるのが人情というもの。


ちなみにこの1年間、一次のための勉強は1分もやっていません。


以下、やったときの感想および時間と、自己採点の結果です。



やったときの感想および時間

経済:何とな~く覚えているのもあるけど。。。う~ん、でもやっぱりあやふや(55分/60分)

財務:けっこう簡単なのかな?6割は固いな。でも見直しの時間はまったくない。1問目に本支店会計出してくるのはやらしいな~。(60分/60分)

企業:相変わらず、勉強してもしなくても、そんなに点数が変わらなそうな科目だな~。二次勉やっている人には有利なのかな?(72分)

運営:生産も店舗も、一次勉やってないと厳しいな~。ほとんど勘だな~。わずかに知識が残っているのもあるが。。。店舗の後半は何じゃ!?こんな細かいコードやら統一伝票やら、二次には出んわ~い!!(60分/90分)

法務:う~ん、あれだけ会社法関係は得意だったのに、もはやまったく分からん。。。やはりこの科目は、法改正などの旬な情報を押さえておく必要がある科目なんだな~(40分/60分)

情報:テキストレベルの基本的知識が多いか?それだけしっかり押さえれば5割、あとは2個まで選択肢を絞れる問題をいくつかとって、6割は取れるな(35分/60分)

中小:去年一次を受けた本番のときは、この科目で「やヴぁい、足切りか!?」って思ったんだよな~。苦手な科目だったな~。でも二次勉やることで、何となく選択肢を絞れる問題もあるな~。施策の細かいところは、まったく分からん。ほとんど勘や。それにしても時間が余る。本番で退出した人が続出したのもうなづけるな。分からないのは、いくら考えたって分からん。(40分/90分)




自己採点の結果

経済:68点

財務:84点

企業:70点

運営:47点

法務:48点

情報:36点( ゚д゚)ポカ~ン

中小:50点


計:403点




こんな結果と相成りました~。


というわけで、今年一次受けてたら<科目合格>ということで撃沈ですな。


二日目科目が見事に全滅。。。


経済は、財務の知識やニュース・白書の知識、その他経済学の知識がなくとも解ける問題がけっこうあったからそこそこの点数になったが、6割超えるとは思わんかった。

財務は、最近(二次勉だけど)やりまくってるから、それなりにスムーズに解けた。

ところで21問の為替予約の問題ですが、これは『ウ』ではないんですか?1万ドルの債権を持っていて、1ドル/104円の為替予約をするかしないかってことですが、為替予約したら104万円の手取り収入ですよね?それが、為替相場が1ドル/108円で円安になったら、手取り収入は108万円になるんではないの?つまり、為替予約しなかった場合に比べて、手取り収入は4万円増えるんではないの?だのになぜ、『手取り収入が4万円少なくなる』、の『エ』のほうが正解なの?

モレがアホなだけ?う~ん、デリバティブもけっこう勉強したんだけど、まだよく分かっていないのかな?

いずれにせよ、9月になったらタッコが一次の解答解説出すから、それをゲトして確認してみよう。

企業は、今年は取り組みやすいような印象がしたが、そうではなくて二次勉をしたことによる副次的効果なのか?ここ数年の企業経営理論って、昔とちがってテキストレベルの知識を問うって感じじゃないもんな~。

これを点取り科目と思うのは、キケンな気がするな~。

運営管理は、細かい知識はかなり飛んでいるからこんなもんだろう。でも5割切るのはちょっと痛いな。

法務は、去年は点取り科目だったんだけどな~。

情報は、やってる最中は半分以上取れたかな~って勝手に思ってたけど、足切りか~。。。

中小は、白書部分はそれなりにでけたが、2007白書は全然読んでないし、施策も細かいところはほぼ全滅だったな。こればっかりは、予備校の力を借りて傾向を掴むほうがいいんだろうな。でも、『やればやるほど点が伸びる科目』だっていうのも、分かる気がするな~。






というわけで、1日がかりの取組となりましたが、やってよかったです。


自分としては、今年の二次の傾向予測みたいなものも、少しは掴めた気がしましたし。


9月に解答解説が出されたら、財務と企業は一通り見直しをしておきます。


今日は、一次が終わったあとに2時間ほどかけて、これまたとある方からいただいた財務の高付加価値教材に目を通し、ヘロヘロになって帰宅しますた。

あまりの高付加価値っぷりに貴重な気づきや言い回しが多々あったため、それを少しPCでまとめて、今日はこの辺にしておきます。


明日は、ひさびさに二次の過去問をガチンコでやるつもりです。



H18とH19の計8事例解きます。


08.12.18追記
ある程度安心感を持って解けたのは財務と企業経営理論ぐらいでした。経済の高得点はほとんど勘みたいなものです。来年はストレート合格を狙う者として、効率的かつ安全な一次学習をせねばならず、気が引き締まります。でもこの時に、一次試験を試しで解いておいて良かったです。まさか、こんなカタチ(3度目の正直を狙う⇒ストレート合格を目指す)で役に立つとは思いませんでした。




スポンサーサイト

テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

<< 今日はひさびさに二次過去問ガチで解いた | ホーム | 明日から始まるTAC事例演習の活用の目的 >>

コメント

第21問ですが

こんにちは。
為替予約の理解はあっています。
が、文章をよ~く読んでください。

「為替予約をしなかった場合に比べてどれだけ円手取りが増減するか」なので、

為替予約しなかったら

1ドル=108円 → 円手取金は108万円
1ドル=103円 → 円手取金は103万円

です。為替予約した場合は円手取金は常に104万円ですので、

1ドル=108円になると、
→ 為替予約しなかった場合は4万円多い
→ 為替予約しなかった場合に比べて4万円少ない

1ドル=103円になると、
→ 為替予約しなかった場合は1万円少ない
→ 為替予約しなかった場合に比べて1万円多い

です。
2次試験と同様、思い込みを持たずに設問を正確に理解することは大切だという良い例だと思いました。

ぬをっ!?

早速確認しますた。ホンマや。。。


設問ではそうなっていますね。アホだ。。。こんなアホで勝手な思い込みで数点落として不合格になったら、目もあてられませんな。


謙虚さが足りないから、勝手な思い込みで突っ走ってしまうんですな。


>2次試験と同様、思い込みを持たずに設問を正確に理解することは大切だという良い例だと思いました。

takeshiさんの仰るとおりですね。ご指摘・ご指導いただき、誠にありがとうございました。




お宝

自分の中では、財務がお気に入りです。本番だったらできたかわかりませんが、今年の財務はバランスよく今まで2次で問われた論点が出されていますね。最後の25問などは、去年の2次財務そのものやんけという状態ですし、デリバティブの問題は2次の平成14年の論点ですもんね。今後の基礎練習教材にしたいぐらいです。この中の1つか2つが来年の2次と今年の2次に出題されるんでしょうね。ではでは。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


経常黒字、15.9%減=08年上半期の国際収支-財務省

 財務省が13日発表した2008年上半期(1-6月)の国際収支速報によると、海外とのモノやサービスの取引状況を示す経常収支の黒字は10兆4558億円と、前年同期比15.9%減少した。半期ベースで6期ぶりの減少。貿易・サービス黒字は44.1%減の2兆6519億円、貿易黒字は35.8?...


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。