--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/07/29 (Tue) 09:21
合格のための戦略:教材の絞り込み

連続投稿。

今日は早朝から、溢れかえった教材の5Sを実施した。

小生の一番の課題である財務の強化、


『財務教材』


についてだ。


財務事例は、ガチで取り組んだのも流しで取り組んだのも含め、60ぐらいになるが、その中から自分で付加価値が高いと思うものを厳選し、約30事例に絞り込んだ。

これを本試験までに、2回ぐらい回したいな。


財務の問題集は、イケカコはもう取り下げ(だって小難しいんだもの☆)、


簿記1級合格テキスト原価計算Ⅲ[意思決定]

TAC集中特訓


に絞り込む。


TAC集中特訓も2周したので、あとは二次試験と親和性が高い問題のみ(投資の意思決定ぐらいか?)、ちょいちょいやるようにする。




一方、Ⅰ~Ⅲについては他校の事例や模試も含めて60~70くらいやったと思うが、皿回しの対象は過去問とTBCアウトプットのみとする。



Ⅰ~Ⅲについては、去年のストレート時のがむしゃらさと素直さでAAAが取れたわけだし、あれこれ深く考えすぎて小賢しい策を講じるのは得策ではないだろう。



なぜ去年AAAを取れたのかを考えながら、なじみのある教材にじっくり取り組むほうが自身の日本語力・コミュニケーション能力が向上し、合格に直結すると考える。


小生は、『中小企業診断士の二次試験は、コミュニケーション能力を図る試験である』と考えている。てゆうか、最近そういう風に思うようになってきた。


・・・とは言え、初見対応力、現場対応力を向上させるために、【模試】や【修羅との残業事例】も効果的に取り入れたいと思います。





スポンサーサイト

<< TACのパック生になりますた | ホーム | 地元図書館が付加価値低くなってますた~ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。