--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/06/09 (Mon) 19:19
小生が中小企業診断士を志した理由~その1~

唐突ですが、先週の土曜、学習面で色々な気づきや精神面での変化を得たので、急に思い立ったかのように標記の件について振り返るとともに、振り返ることで自らの今年の絶対合格に賭ける想いを可視化・言語化し、自分の中でより一層強固にしたいと思います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


そもそも小生は就職活動中に、人生を変えた大きな出会いがあった。



まるで運命に導かれたかのようにその人と出会い、小生は以後、アツクルシストへの道を歩み始めたと言っても過言ではない。


彼は、『奪い合い』ではなく『分かち合い』の精神を、学生時分の小生に、言葉ではなく態度で教えてくれた。他にも、言葉では言い尽くせない無形の財産をたくさんもらっている。



「その人と一緒に働きたい!!」

「その人と同じ会社で働きたい!!」




と強く切望し、その人が在籍している会社を第一志望にして就職活動を突っ走ったが、残念ながらその会社とは縁がなく、入社することは叶わなかった。



がしかし、その人から

「登山口が違えど、目指すべき頂上は同じ。

お互い、人生の成功に向かって別々の場所で切磋琢磨しよう!!

そしていつかタッグを組んで、熱い仕事をしよう!!!」



という、実に熱い、暑苦しい言葉をもらい、『心機一転、今回の就職活動で縁を得た職場でがんばろう!!』と前向きになれた。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




入社して数ヶ月後、社会人デビューのお祝いということで、都内某所にて焼肉に連れていってもらった。


その席で小生が


「自分には○○な夢があるので、今の会社を数年勤めて社会人としての修行を積んだのちは、そっちの道に行きたいと考えている。」



といった旨の内容を話したところ、その人から


「今の場所で何も成せない人間が、今いる場所を変えられない人間が、○○で大事を成せるわけがない。まずは必死に今の会社でがんばり、何か成果を残してみろ。」



と言われた。ガツーンと殴られたような衝撃を受けるとともに、言葉の重みに胸を突かれる想いだった。



『そうだ、俺は○○な夢をかなえるまえに、まずは今いるステージで結果を残さねばならない。今日がんばれないヤツが明日がんばると言っても、信用されるわけがない。信用に足る人物になれるわけがない。

○○にいくまでに、人の2倍努力して結果を残してから、新たな世界に行くんだ!!』




そう想った。



・・・長くなってきたので、とりあえずこの辺で。


次回、『入社1年目が終わっての感想』に続く。




スポンサーサイト

テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

<< 小生が中小企業診断士を志した理由~その2~ | ホーム | 財務アウトプットに打ちのめされて >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。