--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/05/21 (Wed) 23:17
多年度のワナ

とある人の添削答案を見る機会を得た。



空欄が多いにも関わらず、小生と大して点数が変わらなかった。



『なぜだろう?』



と思って自分の答案も含めて見返してみた。



『あっ!?』



と思った。


小生の答案は、読んでて分かりづらいのだ。キーワードを充実させて高尚に仕立てているつもりで、結局何が言いたいのかよく分からない解答が多いのだ。


一方、拝見させていただいた方の答案は、冗長な部分もあるが、何が言いたいのか分かりやすかった。




「これがよく聞く、多年度のワナか。。。」



と思った。小生の答案には、素直さが欠けていた。素直さが欠けているがゆえに、何が言いたいのかよく分からない、何をすればいいのかよく分からない一人よがりな解答が散見していた。


あぶね~。。。


このまま突っ走っていたら、また今年も不合格になるところだった!!




・・・小生は幾人ものメンターとの出会い・助言や書物等を経て、中小企業診断士試験の二次試験の合格答案とは



『タコ社長が納得して明日から実践できる、説得力のある答案』と見つけたり


と心得ている。知らず知らずのうちに、その考えから離れてしまっていたのだろうか。それともアタマで分かっているつもりになっているだけで、まだまだ体得できていなかった、ということだろうか。。。





いいタイミングで、いい人の答案を見ることができた。最近、勉強時間を重ねる自分に酔って少し慢心して勉強もシングルループに陥りがちだったが、とんでもない話だ。

決して驕ってはいけない。小生の答案には、慢心と驕りが見え隠れしていた(もともとたいした答案書いてないけど。。。)。

小生のモットーである



K:謙虚に
S:素直に
A:暑苦しく




にのっとり、謙虚で素直で分かりやすい答案を書けるような訓練に重点を置こう。



6月からは多少軌道修正を図り、過去問を含め、手元にある事例を活用して、


いかにして説得力があって分かりやすい答案を書くことができるか。また、自分にどの程度、それができるだけの実力が蓄積されているのか。


について、PDCAサイクルを回す学習を行いたいと思います。



09.1.4追記
結局、この方は受かり、小生は落ちました。





スポンサーサイト

テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

<< ローリングプラン決定!事例解きまくりから⇒消化・昇華作業に変更! | ホーム | 【MMC財務事例解きまくり】添削答案で得た気づきを次に活かす >>

コメント

それって、
勉強会が機能していない恐れがありますね。
お互いのいいたいことがあうんの呼吸でわかるようになってませんか?
採点者視線で、「わかんねぇ」っていう勇気をお互いに持った方がいいと思います。

Noirさん

ご心配いただき、ありがとうございます。
点数が大して変わらなかったのは、Z社の最初のほうのアウトプットでして、最近は改善されてきています。

しかし、Z社の採点ですが、おおいに謎の部分があります。。。

先日、T講師に魂の叫びをぶつけてしまいますた。


また、最近はコアメンバーの都合がつかず、勉強会もなかなか開催できていない状況です。う~ん、厳しい!!

今度お会いしたときにいろいろと相談させてください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。