--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/05/20 (Tue) 15:15
【MMC財務事例解きまくり】添削答案で得た気づきを次に活かす

ゴールデンウィークに


【MMCの財務解きまくり】
(※1日で財務の初見事例をその場で3連チャンで解く、素敵なイベント)


を受け、さっそくMMC特有の真っ赤な添削答案が返却された。


結果、およびそれを踏まえての課題は以下のとおり。以下、自分用の振り返りですし、受けていない人には何のこっちゃだと思います。何卒ご寛容ください。



No.1  1位/27人  78点
No.2  6位/27人  60点
No.3 13位/26人  46点



■ No.1で得た課題:記述のレベルが低い

計算は全部出来たので、計算ができれば高得点なのは当たり前。それよりも、記述の精度が低いことを指摘された。与件をただ書き連ねるだけでなく、与件をうまく圧縮して、その分的確なキーワードを短文の中に入れるように改善しなければならない。そうしないと、さらなる高得点は望めない。




■ No.2で得た課題:キャッシュフロー計算書作成のスピードが遅い

このCF計算は鬼のような量ですた。ダラダラやってると、圧倒的に時間が足りなくなる。それゆえ、CFを計算するだけでいっぱいいっぱいになって、他のところで雑な処理がほうぼうに出て、ポロポロと何点か落とす結果になった。ざっと見積もっても12,3点程度。本番では、絶対にこんなことにならないようにしなければならない。押さえるべきところは、完璧にしておく必要がある。すなわち、


『圧倒的にCF計算の速度を向上させる必要がある』


という課題に気づくことができたのが、No.2の大きな収穫です。




■ No.3で得た課題:FCFの理解が曖昧だった

最近ようやく感じを掴めつつあるFCFや企業価値の扱いについてだが、この時点では理解があいまいだった。なので、そこを根本的に間違えいたため芋づる式にマイナス30点吹っ飛びますた。

No.3は、この設問が出来た人は圧倒的に点数がよく、ここがダメだった人は圧倒的に点数が悪いという二極化構造になっているはず。もしこれが本番だったら、、、と思うとゾッとする。いくらⅠ~Ⅲで地味~に点数を重ねても、Ⅳでこけただけであっという間に不合格に直結するのが中小企業診断士の二次試験。それは去年でイヤというほど思い知らされている。
(↑てゆうか、まさに去年のモレなんですけどね。。。)




『計算を間違えても合格する』


という意見をよく耳にするが、それはたまたまうまくいったという結果でしかない。

やはり採るべき正しい態度は、


『圧倒的に計算力を高めて迅速に処理し、余力で記述内容を充実させることができる地力をつける必要がある』


ということだと思います。



そのためにも、継続的な財務の鍛錬は欠かせません。





スポンサーサイト

テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

<< 多年度のワナ | ホーム | 『ふぞろいな合格答案』の活用方法 >>

コメント

地道に財務を頑張りましょうね。

そのうち、財務も無敵にな気配(汗)

財務財務財務

>toshipさん

神には勝てないまでも、通常レベルの問題であればまちがいなく対応できるレベルにまで、財務を高めませう。


朝イチの財務特訓は欠かせませんな♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。