--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/04/13 (Sun) 15:46
視力矯正手術の顛末~手術受けます!~

※1この記事は、小生が無事にレーシック手術をすることができるかどうかを綴る日記です。
※2レーシックとは、視力矯正手術のことです。
※3医療に関しては、専門医の説明に従ってください。
※4興味がない方は、この記事はすっとばしてください。

===========================



年初から動いてきた「レーシック受けて視力復活!」プロジェクトですが、先月に、「レーシック断念!!」ということで、一旦はプロジェクトも収束に向かいました。


がしかし、その後、紆余曲折を経て、小生は


『PRK』


という術式で、手術を受けることにしました。今日、PRKをやっているクリニックに行ってきました(先月に検診の事前予約をしていた)。


これは、数ある視力矯正手術のうちの、術式の一つです。


レーシックとちがい、施術中に眼圧が高くなることがないので、網膜が弱い小生の眼でも、まったく(といったら医療に関することなので語弊はありますが)問題なく手術できる、ということです。



〇 レーシックとちがい角膜にフラップをつくらないため、術後の痛みが数日続く
〇 痛みが続くため、2~3日は目を使えないと思われる



などのデメリットはありますが、小生はすでに考えられる全ての選択肢を検討してきました。


判断は慎重に行いましたが、決断は迅速に下します。


「今やらなくても、10月19日の試験が終わってから受けてもいいのでは。。。」というお声もいくつかいただきました。小生自身もその方向で検討していました。

がしかし、別の因子が作用し、なるべく早いうちに手術したほうがいい、という結果になりました。




というわけで、5月は仕事も含め色々と忙しい時期なので、



6月に、PRKという術式の視力矯正手術を受けることにいたします。






スポンサーサイト

<< ユダヤ人大富豪の教え~幸せな金持ちになる17の秘訣~ | ホーム | 今日の名言その2:やらずに後悔するのなら・・・ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。