--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/03/11 (Tue) 23:57
「会社の売り方・買い方・上場の仕方、教えます!」読了



いつものとおり、鮒谷氏のメルマガで面白そうな本が紹介されていて、ビビビセンサーが反応して購入した本(基本的に、鮒谷氏がオススメしているものは無条件に良書、と決め付けている。今のところその考えでまちがっていません)。

面白くて、1時間ほどで一気に読んでしまった。

表題は何やらノウハウ本のようにも見受けられるが、そうではなく、小説風の書き出しで、章ごとに1話完結でス~~~っと読める。


著者の竹内謙礼・青木寿幸氏の経験に裏打ちされた説得力で、実際の中小企業の一面をさわやかに分かりやすく切り出している。


面白かったです。中小企業診断士試験を学習している人には、実際の中小企業の運営について参考になる箇所が多々あります。そして、中小企業診断士試験合格後の自らの方向性、合格後にどんな勉強をしていけばいいかなど、そうした視点からも大変参考になる一冊です。


一読しての感想:この本もかな~りオススメ♪です。


西条カレン萌え~☆です。(注:物語の主人公)


惜しむらくは、プロローグから始まる書き出しなので、エピローグがない締めくくりに若干唐突な感じがしました。エピローグまでちゃんと書いてあったほうが、『小説』として捉えた場合はグッと引き締まったのでは。がしかし、上述のとおり『実務』の『入門書』として捉えるのであれば、絶好の一冊、であることはまちがいないです。今後の小生の人生プランに、必携の一冊ですな。


スポンサーサイト

テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

<< 『自己最高解答の深淵』と『80分』の狭間で | ホーム | 『財務管理と診断』読了 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。