--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/03/05 (Wed) 22:51
『財務管理と診断』読了

   

菊井・竹本両氏の『財務管理と診断』、読了しました。

結論から言うと、

「『管理会計の基礎』同様、小生にとってはこれも必携」



発刊は古いですが、「伝統は革新の連続」です。各章ごとに演習問題が付されていますが、昭和とか平成1ケタの実際の中小企業診断士の一次試験の問題も出てきます(この頃は今のマークシートとちがい、一次試験も記述)。当然、商法改正・会社法改正が反映されていない箇所もありますので、そこら辺は参考にすべきではありません。

しかし、原価管理やCVP、意思決定など、変わらない箇所は変わらない。このことからも明らかなように、やはり名著は色あせない。

いつまでも革新であり続けるのです。


しかも試験委員である菊井・竹本両氏が、中小企業診断士受験生を意識して執筆された本です。時間を確保できる人は、読まない手はないですな。



ただし、初学の人が読むと、内容が古い箇所も混じっているので混乱を生じることもあると思います。まずは予備校や市販のテキストの内容をしっかり習得されるほうが先でしょう。



ある程度勉強が進んだ人にとっては、読み進める中で自分にとって有益な箇所が自然と浮かび上がってくると思います。「おお、やはりこれは昔から今に至るまで、重要な論点であったのか!」など。


というわけで、『管理会計の基礎』とあわせ、オススメです。ただし、これを読んだからといって飛躍的に財務のアウトプット力があがるわけではないので、やはり学習の中心にはアウトプットを据えるべきです。


今後、小生のこの2冊の使い方としては、アウトプットの演習を進める中で、理解が浅い箇所を重点的に読むなど、辞書的な使い方になっていくんじゃないかと思います。


スポンサーサイト

<< 「会社の売り方・買い方・上場の仕方、教えます!」読了 | ホーム | 101回目の解法プロセス見直し >>

コメント

財務か~

こんばんは。組織Weekが終わり、来週はクラも財務Weekと思ったら出張になってしまいました。は~。
がんばりましょうね。

クラさん
こんばんは。クラさんの財務力に比べたら、小生などハナクソみたいなものです。少しでも近づけるようにコツコツがんがります!!とはいえ、今月末まではモロモロ忙しくて、十分な勉強時間が確保できない悪寒。


ハ~、早く学習の海に溺れたひ。。。

1週間に70時間ぐらい勉強したいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。