--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/01/16 (Wed) 16:43
レーシック日記~プロローグ編①

※1この記事は、小生が無事にレーシック手術をすることができるかどうかを綴る日記です。
※2レーシックとは、視力矯正手術のことです。
※3医療に関しては、専門医の説明に従ってください。
※4興味がない方は、この記事はすっとばしてください。

===========================

小生はかなりの近視・乱視である。もともと視力矯正手術に興味があったが、試験が終わったら(もちろんストレート時は合格前提)公私ともに環境が超激変して忙しくなるので、コンサルタントになって落ち着いたら一緒に視力矯正手術しよう、と嫁と話していた(嫁も目が悪い)。

ところが今回不合格になり、時間的に余裕ができたので、年明けすぐにクリニックにいってみよう、という話になった。

1月某日、嫁と一緒にクリニックにいってモロモロの検査を受け、角膜に異常なし、今月中に手術できますよ~♪という看護婦の説明だったので、メガネ・コンタクトなしの生活が来ることに胸を躍らせていた。

ところが最終工程で医者が眼底検査を行った際、

医者:「あれ?旦那さん、右目に網膜に穴が空いているようですね~」

モレ:「え?マジで?それでレーシックはできるんでつか?」

医者:「先に網膜のほうをレーザー治療しないとムリぽだね~。紹介状書くんで、先に網膜治してください。レーシックできるようになるには、それから1ヶ月以上先になります。奥さんは問題ありません。今月中にレーシックできますよ。」

モレ:ガックシ。。。。。。。。。。。。。

嫁:♪♪♪



続く
スポンサーサイト

テーマ : 視力回復 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

<< レーシック日記~プロローグ編② | ホーム | ミスターストイック >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。