--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/01/14 (Mon) 00:16
ブログやっててよかったこと

勉強の進捗状況の管理や自身のモチベ維持のためにブログを開始し、当初は完全に独り「つぶやきシロー」な運営を続け、2007年1月に502教室にリンクさせていただいた。

リンクさせていただいてからも「つぶやきシロー」スタンスは変わらなかったが、それでもちょいちょいコメントをいただいたりして、励みになったりした。

ブログでメッセージを公開するということはメリットばかりではないが、それでも小生にとっては圧倒的にメリットの方が大きかった。

進捗管理・モチベ維持はもちろんのこと、自分からアクションを起こさなかったら決して出会えない人とも会えたし、いい出会いもたくさんあった。

そして、ブログが直接のきっかけではないが、「80分の真実」改め、「ふぞろいな合格答案」のプロジェクトに、受験生の立場として参画させていただけることになった。


本の出版ということで当然大変な作業ボリュームがあり、特にこの本は一人の人が書いているわけではないため、出版に至るまで実に大変なプロセスを経ていたことを改めて知った。小生が所属させていただいたチームのリーダーも「あなた一体いつ寝てるんですか!?」と心配になるぐらいのハードワークぶりである。プロジェクトの総リーダーも大変暑苦しい。超前向きで、人にやる気を起こさせることしか言わない。否定的なこと、ネガティブなことを一切言わない。きっと人生を楽しんでいるからなのだろう。小生もこんな風に、後に続く者にユメとチボーを与えるナイスミドルになりたい、と強く思う。

小生はこのプロジェクトで最年少の部類だが、本当にかっこいい大人ばかりである。きっと診断士の集団は、どこもこのように暑苦しい人たちばかりなのだろう。

嗚呼、夢が膨らむ。

世の中にはこんなに熱い人たちがいるんだということを実感するとともに、「俺も絶対に2008年に試験に合格して、彼らと同じ世界の住人になる」という想いをさらにさらに強くすることになった。


もちろん、小生も微力ながら真剣に作業に当たらせていただいている。その中で学習のヒントを得られることもある。



小生は積極的に販促に当たる立場にないため、あくまで受験生の視点から、この本の利用方法や利用価値等について、冷静かつ客観的に捉えていきたいと思う。


ただし、小生の目的はあくまでも2008年の中小企業診断士の二次筆記試験に合格すること。全ての行動はそのためにある。「何のために『ふぞろい』プロジェクトに参加するのか?」→「試験に合格するためのヒントを得ることができると思ったからである。」合格と不合格の暗黙知の違いを探ることができると思ったからこそ、参加させていただいた。

そして、同じプロジェクトに参加して一緒に楽しく作業をしていても、呑んだりして盛り上がっても、診断士・H19合格者と受験生の間には、高い壁が存在することを忘れてはならない。目的を見失ってはならない。受かれば、一緒になって本当に心から楽しく共同作業をすることができる。

合格するうえで最も重要かつ一番必要なのは、独りでちゃんと悩んで考える作業を経て、確信的にアウトプットをこなすことである。



それを踏まえたうえで、しばらくプロジェクトを楽しんでいこうと思う。もちろん作業は超真剣ですよ。当たり前ですが、手抜き一切なしです。

スポンサーサイト

テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

<< ミスターストイック | ホーム | ディスカッションの重要性 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。