--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/01/04 (Fri) 19:30
ある浪人生の1,2月の方針(過去問の深淵へ)

年初は妻の実家に2年ぶりに帰省し、向こうの両親に昨年の玉砕の報告、および今年の必勝を宣言してきますた。


さあ、いよいよ本格的に始動しますよ。小生が猛烈モードに切り替わったら、月150時間以上の勉強時間確保は覚悟してください。


まず1,2月、徹底的に過去問と向き合います。

H15~H18はストレートのときにかなりやりこんでいるので、ある程度の基礎はできています。H19は、筆記終了後からかなり向き合いましたので、与件のどこに何が書いてあるか、出題趣旨にどんなことが書いてあるかは大体頭に入っています。H13,H14は全くの未着手なので、ガチンコで1回取り組んだのち、徹底分析に入ります。



どの年度のどの事例のどの箇所にこんなことが書いてあった。13から19までは、瞬時に思考の引出からそれを引き出せるレベルまで自分の中に落とし込みます。

本試験で思考停止して与件や設問をろくに吟味せずに過去問の解答をそのままトレースすることは大変危険です。

がしかし、あくまでも道具の1つとして捉えれば、これほど強力な武器はないと思います。




本試験において大事なのは、自分でしっかりと考えることです。そして聞かれたことに応える、答えることです。過去問の切り口は大変強力な武器になりますが、かと言ってそれが全てではないです。大事なのは、自分でしっかりと考えることです。以上のことを踏まえたうえで、過去問と向き合います。


いや~、楽しみだ♪



スポンサーサイト

テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

<< 『管理会計の基礎』読了 | ホーム | あけまして最後の聖戦 >>

コメント

昨日はありがとうございました。
ボケェーとしていた自分に気合が入りました。
お互いに刺激しながら高めあっていきましょう。
こんな時間まで、勉強しちゃいましたよ(笑)

お誘い

Nancyです。今年もよろしくお願いいたします。

是非 弱小に来てみませんか?

毎週土曜日、事例談義しておりますww
やっぱり過去問は13年から19年にと時間の流れで読んだり、同じ年度内で時代背景を感じながら読んだり、いろんな読み方をしていくことで、行間ならぬ「事例間」があるように思うのです。

よかったら、会いに来てください。

nancyさん、こんにちは。

小生もtoship氏同様、nancyさんのブログの本試験当日を振り返った記事を見て、過去問超深堀の重要性および有効性を再認識した次第です。今もエクセルにて過去問徹底分析シート作成の真っ最中です。

明日(6日)、80分の打ち合わせでお会いできると思います。色々お世話になるかと思いますが、貴重なお話をお聞かせいただければ幸いです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。