--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/12/14 (Fri) 21:28
再現答案事例Ⅲ(評価A、述懐つき)

平成19年 中小企業診断士二次試験 再現答案

※ 再現答案のため、字数制限に満たない解答が多々ありますが、本番では全ての問題において、誤差2文字以内で収めています。つまり、「書く技術」はそれなりに備わっていた、ということです。

※ 事例Ⅲも、ほぼ100%の再現率。予想A→結果Aで、やはり納得できた事例。この事例に関しては、全設問のプロットが固まってから一気に書き上げた。終わったあとも、「この事例はできただろう」と心の中でガッツポーズ。


事例Ⅲ
第一問(20点、強み20字×2、弱み20字×2)
強み:一貫体制や夜間配送で短納期を実現している
   最終ユーザーに直接企画営業を展開している
弱み:両面印刷機を持たず、生産能力不足である
   収益性が悪い、広告代理店との取引が多い
与件を見ると、他にも強みっぽいものや弱みっぽいものが散見されたので、他の設問との一貫性を意識。

第二問(20点、120字)
広告代理店との取引は収益性が悪く、最終ユーザーとの接点も少なくトラブルも多いため、既存の得意先との取引に留める。取引に際しては、印刷企画にC社も参画させてもらい、最終ユーザーと直接打ち合わせをすることで、トラブルや印刷予定の混乱を防ぐ。
利益率が低いこと、第1問で弱みとあげたことから、否定的スタンスで書いた。ただ、「既存の得意先との取引に留める」と書いたのはいけてない。せめて、「取引先の選別を行う」ぐらいのスタンスで書ければよかった。

第三問(20点、140字)
管理すべき項目は、受注、納期の状況、生産工程や工場の進捗・余力状況、顧客から受領するデータや印刷データ、生産予定である。これらの項目を、インターネットを利用してリアルタイムに共有する。お互いの状況が分かることで、営業と工場の相互理解が深まり、受注から生産の業務が円滑に遂行する。
これって、ほぼ毎年聞かれていることですよね?キーワードは思いつくままに入れた。あとは聞かれたことに答えるよう意識した。3文構成で、最後に効果を書くことができたのは、自分の中ではかなりイケテイルと思ったのだが、いかがだろうか?

第四問(20点、160字)
新規事業の展開や競争環境の変化を踏まえ、両面印刷機を導入する。ただし、①生産予定の混乱を防ぐ仕組みの整備、②本社と工場の連絡を円滑に行う体制の整備、を行い、現状でできる限りの残業対応を解消したうえで、設備投資を行う。設備投資に際しては、現有の片面刷りの印刷機を一部売却し、設備投資の資金に充当する。
今年の事例で一番議論が割れた設問。ただ、小生は本番でも、ここは投資する・しないではなく、その内容の論理一貫性や妥当性で点差が開くと判断した。小生の場合は第1問で弱みと挙げたため、それに沿って書いただけ。また、マンパの模範解答は「投資しない」で書いていたが、解説セミナーのときに看板講師の山口先生が「でもこの企業はいずれ両面印刷機を導入しないとつぶれる。大事なのは、①何のために導入するのか(繁忙期対応って書いたらアウト)、②いつ導入するのか、そしてそれをどう書くかだ。」と言っていた。まさにその通りと思った。

第五問(20点、140字)
新規事業への取り組みの強化をアドバイスする。①一貫生産体制を生かし、顧客への短納期対応が可能なため、②高付加価値のサービス提供により、高収益が期待できるためである。個人情報には厳正な管理が要求され、繁雑な業務が増えるため、生産・配送体制を整備するとともに、管理体制を強化する。
ここも、設問の趣旨は新規事業に力を入れることを前提としていると判断したので、その通りに書いただけ。あとは個人情報の管理に気をつける旨をしっかり書いただけ。



事例Ⅲの感想
事例Ⅲに必要な知識はなかなかイメージでは浮かんでこないが、最近の本試験の事例Ⅲはオペレーションが聞かれることが殆どないため、この傾向が続くのであれば実は取り組みやすい事例なのではないかと思う。でも、だからと言って知識が不要なわけではない。TBCの模範解答を見て「なるほど、そういう捉え方もあるのか。」と思った。事例を解く上で、確かな知識は強力な武器になる、ということを(後から)実感した事例。今後も事例Ⅲに限らず知識を深めるための学習は怠らない。
スポンサーサイト

テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

<< 再現答案事例Ⅳ(評価D、述懐つき) | ホーム | 再現答案事例Ⅱ(評価A、述懐つき) >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。