--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/12/09 (Sun) 22:05
今日の勉強(H19合格答案収集)

今日は502ブロガーの方で、貴重な(合格)再現答案をアップされている記事の収集、エクセルへの落とし込みを済ませた。

貴重な資料を(勝手に)拝借させていただいのは下記の方

Nancy様
お気楽ライダー様
ロンドン3様
yoshi様

貴重な合格再現答案をアップされている方々、この場を借りて御礼申しあげます。

そして、各事例の与件文も全てエクセルへの落とし込みを済ませた。これで、いつでもどこでも本試験事例に瞬時に触れることができる体制が整った。

今年の本試験事例の徹底分析はまだ始まったばかりである。今年の本試験事例は最も貴重な実験資料である。何しろ、ストレート狙いであった小生が唯一体験した本試験事例なのだから。360度評価バリに、そして噛めば噛むほど味が出るイカせんべいのようにむしゃぶり尽くす。


しかし、自分では同じような内容を書いているつもりでも、ちょっとしたミスや稚拙な言い回しや思い違いなどの積み重ねで総合点数が違ってくるんだろうな。。残りの10ヶ月は、そういうのを逐一潰していく期間になるだろう。



診断協会から結果通知が来たら、小生の不合格答案も、ランクと述懐付きでアップします。後学の方のご参考になれば幸いです。




妻に、もう1年許可をもらった。この1年は、勉強した結果やプロセスに自己満足するためにもらったわけじゃない。「診断士合格→そして診断士へ」、欲しいのはそれだけ。てゆうか、それが欲しいのだ。超欲しい。死ぬほど欲しい。合格したい。診断士になれるチャンスは、年に1回しか訪れない。合格するために、望ましいことは何か。

やはりあれだな。

時間の積み重ねのみが合格の要因ではないが、それでも時間を積み重ねることで不利になることはない。2007年7~9月は毎月200時間勉強した。2008年10月まで、毎月100時間以上の勉強は余裕っちでマストDoだろう。「猛烈」が小生の競争優位の源泉である。
「今度は二次本科だから余裕がある。」と余裕ぶっこいている場合ではない。



ストレート狙いの皆さん。小生は、2008年もストレート狙いバリに、診断士の勉強に専念し、時間を割くことをここに誓います。「まあ、そこまでやんなくても受かるヤツは受かるけどね。」とか、そういう言葉には一切耳を貸しません。


09.1.4追記
時間の確保も大事ですけどね。。特に1,2年目はそうでしょうが、3年目以上ともなるともはやそれだけでは通用しないので、質と密度の向上に気を使います。




スポンサーサイト

テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

<< 二次試験に必要なスキル | ホーム | リスタートに向けた2007年総括(超長文注意) >>

コメント

中小企業診断士

二次筆記試験通過しました.有名受験校の模範解答と比べてあの答案で何故?と思うばかり.残念な結果だった皆様,是非各校の模範解答を比べてみてください.財務の数字ですら異なったものがあります.私の解答では,事例Ⅰの第4問-設問3は,契約社員が上司だと学歴の高い正社員が不満を持つというものでした.正社員は年齢は若いが社歴は長いのです.なぜなら普通学校卒業後すぐに入社するから.こうした切り口は模範解答には見当たりませんでした.また,事例Ⅱの第2問はB社がショッピングセンターをやるというものです.B社は十分な土地を所有しています.縛りの店舗数や売り場を増やさないというのはB社の店舗のことですから.そして,話題になっている事例Ⅲの第4問は経営課題の解決を計ったうえで投資するというものでした.「投資の判断を明確に」と言われても恐れずに,足して2で割る解答です.大原さん以外の学校は常識的に投資せずです.たぶん各学校の模範解答は全て合格レベルです.でも正解は多数あるようです.また,二次筆記は加点方式ですので,採点者は何とかして加点してくれようとしていると感じました.コツは本文のなかの手掛かりを見逃さないことです.重要なものほどさりげなく書かれています.二次筆記問題はまるで推理小説を読むような面白さがあります.私は本試験の際でも,問題文を読むのが楽しみでした.---とりとめないコメントで失礼しましたが,奇跡の合格で興奮冷めやずと,ご容赦願います.〆

再現

再現率には自信があります。
(一部次数オーバーしてますが)
自分でも読みかえせば、返すほど、だめな点ばかり見つけてしまいますが、どこかにいい点もあったと思いますので、ぜひ見つけて、教えてください(笑

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。