--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/11/21 (Wed) 23:14
早く走り出したい

気づけば11月も早くも下旬。

アマゾンで一気買いした書籍も一通り読了した(そのうちレビューしきます)。

試験前にはあれほどやりたかった嫁との外出や休日のレク、呑み、読書などほとんどやった。だが、それで『足りない何か』が満たされるはずもない。

やはり、12月7日に白黒はっきりしてからでないと、スタートダッシュは切れない。


ところで、11月23日にマムパの公開添削セミナーに申し込んでみた。試験終了後は模範解答や解説会など、一切触れたくないと思っていたが、合否いずれにせよ、平成19年の二次本試験とは、超真剣に向き合わなければならない日が来ることには変わりない。そういった意味で、前向きな気持ちで23日のセミナーに申し込んだ。

二次試験に関しては、試験当日に再現答案も作成したし、口述対策セミナーにも1回参加したし、その前にガチで本試験の復習したし、もう出来ることと言ったらそれくらいか。


あれだけ真剣に取り組んできた中小企業診断士の勉強。果報は寝て待つのみだが、結果が気にならないはずがない。だが、結果が気になるのと同じくらい、いやそれ以上に、『早く、全速力で走ることができる状況に、再び身を置きたい』という気持ちが強いのも事実。それは合否どっちでも変わらない。


もう本当に『待つ』だけの日々。今は何をしてても、本気になることはできない。だから、12月7日は、また真剣に走ることができるスタートラインに立つ日だ。合否いずれにせよ、今のこのアイドリングタイムの日々を終え、超全速力でスタートダッシュを切る日であることに違いはない。


スポンサーサイト

テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

<< 有効な二次試験対策!? | ホーム | H19二次試験4事例の復習を終えて >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。