--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/11/07 (Wed) 23:17
H19二次試験4事例の復習を終えて

何日か前から細々とやっていたのだが、今日の朝、H19本試験4事例の復習が終わった。


試験終了後は不合格を確信し、合格率1%を自認していたが、試験終了から3週間弱が経過してあらためて自らの再現答案を見直してみると、『そんなに悪くないんじゃないか!?』という気がしてきた。少なくとも、

①解答に一貫性はある
②何を言いたいのかは分かる

上記2点は、そこそこ及第点であると思えた(だからと言って、イコール神である試験委員の皆様と思考がシンクロしているというわけではありませんが。。。)少し自信が持てたので、模範解答を公開している予備校のHPを3社ほど見たのだが。。。


ををを、自分が書いたのとそんなに離れていないではないか。

しかも、3社とも、それぞれ微妙に内容がちがっている。


予備校の模範解答がこれだけ割れているんだから、自分の解答が及第点になる可能性もあるんじゃないか!?


そんなわけで、わずかですが自らの合格の可能性を見出すことができました。あとは予備校の口述対策に1回だけ行って、静かな気持ちで12月7日を迎えます。どっちに転ぼうが、すぐさま走り出す準備はできています。


小生は、つねづね「今年一発勝負!!」を標榜してきました。それは、妻と一緒にどうしてもかなえたい夢~中小企業診断士試験の先にあるもの~があるからです。でもそれは、『診断士の勉強の継続』と完ッ全にトレードオフの関係にあります。しかも、あまり先延ばしにすることはできません。だからこそ、今年一発勝負に文字通り魂をかけてきました。

12月7日には、ひとつの審判が下されます。


過去にこんなエントリをしてますな。


いずれにせよ、
(1)合格していた場合には:
『中小企業診断士試験の先にあるもの』に向かって走り出します。超~楽しみです♪そして、人生でかなえたい、成し遂げたい夢をどんどん実現していきたいと思います。

(2)不合格だった場合には:
そのときの心境は、そのときになってみないと分かりませんが、おそらく前言撤回で、泣きの1回を妻にお願いすることになるんじゃないかと思います。診断士の勉強自体はとても楽しかったし、自分自身もう1年腰を据えてじっくり勉強するのも悪くないと思っています。その場合は、ストレートのときにはできなかった対策を、じっくり取り組むことになるでしょう。1次は受けません。2次一本勝負です。これでダメだったら、自分には中小企業診断士の適性はなかったのだと思い、スッパリあきらめます。そして、合否いずれにせよ、試験終了後一定期間を経て、妻と一緒に中小企業診断士試験の先にあるものをかなえ、それを終えた後は、

①ダメだった場合は:
診断士という資格に頼らずに幸せな人生を送ることができる道を模索します。

②合格した場合は:上記の(1)と同じです。


ただ、先ほど申しあげたとおり、合否どちらでもすぐさま走り出す準備はできています。今さら、試験の出来や、あれはこうだったこれはこうだったに膠着するつもりはありません。何しろ、全ては神である試験委員の手に委ねられているわけですから。もはや我々に出来ることは、果報を寝て待つのみです。


これほどまでに、自分で全くコントロールできない運命の別れ道に立つのは、人生で初めてかもしれません。運命に人生を委ねる…なんかワクワクします。合否がどっちに転んでも、しばらく人生を楽しめそうです♪


スポンサーサイト

テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

<< 早く走り出したい | ホーム | 読書感想文:スモールビジネス・マーケティング >>

コメント

どうもこんばんわ。PIYOCOです。
お二人でやっていきたいことが明確なんですね。
夫婦で共通の目標をもっているなんて羨ましいですね~

journeyさんもあれだけ闘志を燃やしておられたのですから
よい結果が出ることをお祈りしています。
あと4週間、楽しみですね!

こんにちは。今の心境は、まさにまな板のうえの鯉。小生にできることは、どういう結果が出ようと、真摯に受け止め、次に向かってまた猛スピードで走り出すのみです。PIYOCOさんは、この時期を活用して新たなことに挑戦されていますね。すばらしいです。敬服いたしました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。