--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/09/20 (Thu) 23:06
目が覚めた自分「自分で選んだ道じゃないか。」

7月に職場が変わってから2ヶ月強。


事前に先達から「10月が最も忙しい」と聞いていた職場への出向。


戦々恐々としながら、新職場へのスムーズな導入を心がけていたつもりが、勉強時間の確保だけに専念し、まちがいなく仕事に身が入らなかった。精神的にもかなり追い詰められていた。こんなことでは、職場での評判もよくないだろう。それに気づいていながら目をつぶり、勉強時間を確保することのみにマイオピアになり、ここまでやってきた。


でも、大事なことは勉強時間の確保だけじゃないんだ、ということにようやく気づくことができた。


少なくとも今こうして働きながら勉強が出来ているのは、会社のおかげ。それならば、会社が求めている期待に応える義務がある。「両立はムリぽだよ~」なんて愚痴をこぼすなら、今すぐどっちか辞めてしまえばいい。


俺にその覚悟はあるのか。いや、ない。今会社を辞めたら生活できない。かといって今さら勉強を取り上げられるのは、死を宣告されるに等しい。


ならば、新職場での仕事と診断士の勉強。どっちも最大限のパフォーマンスを発揮する。それが俺のなすべきこと、あるべき姿。現状に不平不満を漏らすだけでそこから一歩前に踏み出そうとしないのなら、俺に『中小企業診断士』になる資格はない。この程度の困難で根を上げるような弱い人間に、『中小企業診断士』になる資格はない。


職場が変わってからず~~~~~~~~~っと悩み続け、そして今日ようやく自分でそれを克服することができた。


少なくとも在籍している間は、こうして働かせてもらえることに、そして色々学ばせてもらい、成長する機会を与えてもらったことに感謝しながら、どうしたらそれに報いることができるのか考えながら、毎日を大事に過ごそう。


勉強はもちろんのこと、仕事もしっかりやる。悩みを乗り越える自分と自立を目指す中小企業。似ている、と勝手に結び付ける。

大丈夫。きっと俺は合格する。いや、必ず合格する。


好きな言葉(再掲):できるかできないかではなく、やるかやらないかだ。なら俺はやる。

そう、中小企業診断士に求められるものを見据えて。







スポンサーサイト

テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

<< 考察1:中小企業診断士である私が… | ホーム | なんとなく見えてきている >>

コメント

共感しました!

自分で選んだ道。確かにそうですよね。
すべてを自分のこととしてとらえることができれば、立ち向かう勇気も湧いてきますよね。
気持ちの切り替えができたら後はやるだけ。
結果は自ずとついてくると思いますよ!

ををを、

まさか管理人のnetplus様からコメントをいただけるとは。。。

ありがとうございます!!高邁(?)な志を、診断士ストレート合格、そして合格後の活動、というかたちで実践していきます!!

診断士の勉強を通じて、またひとつビッグになったようですね。考え方を変えれば、すべて自分の成長の糧にできる気がします。

人生ゼロエミッション(すべての経験、捨てるトコなく活用しよう)を目指しましょう!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。