--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/11/28 (Fri) 20:23
ハアハアフウ~ あと7日だジェイ☆

ハアハア~

フウ~


あと7日寝~る~と~



☆合格発表☆



だジェイv




いや~


ただ待つだけの日々は、本当に長いの~ぅ。



でもあと7日寝ればついに運命の宣告ですね。



明日・明後日は口述対策に励むとともに、スポーツジムにいって汗を流し、遊びにでかけるなど有意義に過ごしたいと思います。




ところで



運命の12月5日



は、ゴリ押しで有給休暇取得しちゃいますた☆



今後の一生を左右する運命の日をどのように楽しむか、今から色々と思案中です☆




スポンサーサイト

テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2008/11/25 (Tue) 21:15
慢性キタジョ症候群、蔓延中

最近、502教室の一部ブロガーに、標記の【慢性kitaggio症候群】が蔓延しているようだ。

こんな人とか、こんな人とかに、その症状の劇化が窺える)




【慢性kitaggio症候群】の主な症状や特徴は、以下のとおり:

・中小企業診断士の二次試験終了後(今年で言えば2008年10月19日以降)ただちに、自分は不合格と思い込み、言動やメール文中に「ハアハア、フウ~」という文字列が多く含まれるようになる

・合格発表まで右往左往しても仕方ないのに、各予備校の解答解説会に行っては模範解答との違いにもだえ苦しむようになる

・メールに「ああああああああああああああああああああああああああああああ~」など、意味不明な文字列が含まれるようになる

・先達に前向きな託宣をもらっても、すぐにネガティブ思考に戻る

・ポジティブ思考とネガティブ思考が常に交互する

・仕事が手につかなくなる

・昼休みに502を巡回したり、戦国小説を書いたりするようになる

・やたらとアマゾンで本を買いたくなる

・「合格♪」、「不合格↓」で花占いをする

・症状のピークは12月4日であり、それまでに劇症期と沈静期を繰り返す

・呑み会の回数が増える



などなど。。。

※ 他にも諸症状がハケーンされたので、ここに追記する(08.11.26時点)

・『間違えて発表が掲載されていないか、中小企業診断協会のホームページに日参する』

・(なぜか)関西弁になり、「アカーン、アカーン」「うちもうダメや~」と連呼するようになる

・各社の模範解答を見ると吐き気を催す

・傷心旅行でヨーロッパに逝きたくなる

・でも飛行機に乗って機内食が出てきて事例Ⅰを思い出して欝になる

・ヨーロッパの温泉に行ったら町ぐるみで観光客を誘致していて、

【スパリゾートハワイアンズのように温水プールにヤシの木を植える♪】

と解答に書いたことを思い出して吐き気を催す(なお、この解答を書いた受験生は実在する。これで【蒼井優を招聘する】まで書ければ特Aだったか)





小生も、この【慢性kitaggioしんどろ~む】とは無縁ではいられなかったようである。








この【マン性キタッジォ・シンドロ~~~ム】の唯一の療法は、12月5日に




【死刑宣告】




なるものを受けるしかないようだ。


ただかなりの劇薬らしく、8割強の人間はそのままショック死するらしい。














なお、この【慢性キタジョ症候群】は、自分は無縁と思っていても、実際はかなりの確率で潜伏しているらしい。

中には発症しないまま12月5日を迎える人もいるらしいが、実際はかなりの確率で発症し、上記の諸症状が表出化するらしい。

珍しいケースとしては、10月19日後かなり早期に発症して症状が激しく劇化するも、その後なぜか12月4日前に沈静化する者もいるとの情報も入っている⇒(発生源のkitaggioその人である)










皆様もぜひ、


当病気【慢性キタジョ症候群】


の発症に気をつけられたし。。。










テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2008/11/24 (Mon) 23:09
「来年、どうする?」

先日、1年間ともに同じ予備校で頑張ってきた仲間と呑み語りしてきた(小生含め4名)。


数ヶ月ぶりにお互い会う人もいたため、まずはお互いの激闘を労い合うとともに、12月5日の結果を受けてどうするのか、の話にもなった。


もちろん合格すれば、お互いがそれぞれの


【中小企業診断士試験の先にあるもの】


に向かって一歩ずつ歩みを進めるだけだが、もし不合格だった場合にどうするかについて、小生以外はみんな



「受かるまでやる。」



と明言していた。




小生は常々幣ブルグでも申し上げているが、もし不合格だった場合、来年は受けない。それは仲間も知っている。それは何故なのか、も知っている。というか受けられない。そこまで含めて仲間には伝えている。

そうした事情を知っている仲間の一人が、


「でも(不合格だった場合)、〇〇〇〇のあとにまた受けるんでしょ?」




と訊いてきた。













「う~ん、もちろんそういったデシジョンもあるとは思うけど。。。

・・・まだ分からないけど。。。

・・・多分、受けないと思う。」





と答えた。








当然完璧とは言えないが、今年は、自分としてはそれなりに対応できた。終わったあとも「やりきった」感があった。


もしダメだった場合、自分の人生の有限な時間を、また【勉強のための勉強】に振り向けることができるかどうか、またその気力が湧くかどうか、現時点では分からない。


















小生が今まで会社で担当してきた業務内容は、自身が次に描いているキャリアには殆ど活かせない。


だからこそ、その点をカバーする意味も含めて、中小企業診断士の資格取得を志してきた。







もし、その中小企業診断士試験の資格取得が達成できないとすると。。。




それでも、自身の志を貫こうとするのなら。。。



















今後の道は、かなり険しいものになるな。


間違いなく厳しいものになるな。






そのことを、改めて認識した。







嫁は、小生の合格を、誰よりも楽しみにしてくれている。

きっと合格しているでしょうと信じてくれている。



いつも



「落ちたら入水☆」



とか冗談を言っているが、もちろん本当に入水などするわけもなく、どんなに厳しい道になったとしても立ち向かって歩いていかなければならない。

そんなことは当然分かっている。



がしかし、一番小生のことを応援してくれて

一番小生の合格を祈ってくれている人のためにも


何とか合格していてほしい。。。


合格発表まであと11日。



ようやく(?)、心の底から緊張してきた。







テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2008/11/21 (Fri) 20:21
そろそろ『10年後あなたの本棚に残るビジネス書100』について一言いっとくか

※今後、基本的に書籍に関するエントリは、以前、熱血感動型さんがご自身のブログで紹介されていた『ホッテントリメーカー』を使わせていただこうかな~、と気まぐれに思っちょります☆

(熱血さん、TBさせていただきました☆これすごいオモロ~です~)


熱血感動型さんの

「二文字エントリが必死すぎて笑える件について」のエントリ:


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


   


何気なくアマゾンサーフィンしていた際に、同社の


「こんにちは、journeyしゃん☆

あなたにオススメの商品がありまふ♪」



戦略にまんまとのせられて【つられ買い】してみた書物。

著者は、今をときめく『日本一のマーケッターの神田昌典氏』と、『ウォールストリートジャーナル紙の「2005年に注目したい50人の女性」の1人に選ばれた、日本一の戦略的自分マーケッターの勝間和代氏』。


【本】というよりも、【どんな本を読めばいいのかを判断するためのガイドブック】といった体裁。


2人の対談を中心にして、どんな本からどんな気づきや行動が生まれたかが興味深く書かれている。


ご両名とも超著名人だけに、世間の評価も毀誉褒貶相半ばしているが、【毀】や【貶】については大体の場合において、妬みややっかみだと思います。


間違いなく、お2人とも


【人生の成功者】

である。


悔しかったら、優れた人のベストプラクティス(最善の行動)やコンピテンシー(行動特性)をベンチマーキングして、TTP(徹底的にパクル)して自分の中に取り入れて、自分自身も【人生の成功者】を目指せばいいだけなのだから。



といふわけで、小生は神田昌典や勝間和代にはなれないし、目指しているわけでもないが、【人生の成功者】の思考や行動の源泉に少しでも触れるためにも、同書の中で紹介されている書籍で


『これはっ!?』


とビビビっときたものについて、色々買ってみて読んでみようと思います。



『色々本を読みたいんだけど、何からどう読んでいけばいいのか分からないっ!』


って人には大変オススメな一冊だと思います(もちろん小生もその1人ですが。。。)。






※てゆうか、早速同著を参考にしてビビビってきた書物を何冊かアマゾン買いしたのだが、何が受けるって、アマゾンの【この商品を買われた方は、こんな商品も買われています☆】のオススメリストに、神田・勝間両氏の推薦図書がズラ~~~~~~~っと並んでいたんですねw

やはりみんな考えることは同じか。。。






テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2008/11/20 (Thu) 20:19
『エッジ・ワーキング』読了

   


11月1日の502ブログでペパチョさんが紹介されていて、面白そうだったので即アマゾンにて購入し、最近読了した。


著者は大学卒業後、大手金融機関、IT企業、大手外資系コンサルティング会社戦略コンサルタント等を経て、現在は上場企業のIR、PRの支援といった企業向けコンサルティングサービス等を行っているとのコト。


主にコンサルタントとしての視点から、日々の業務等でどのようにして『エッジを立てていくか~自分の特徴を活かして、ユニークな存在になるか~』といったことを興味深く綴っている。



中にはすぐ取り入れられそうな箇所もあれば、そこまで意識してたら息が詰まっちまうよ~って箇所もあったりなど、大手外資系コンサルティングファームに入ったらこんな感じなのか~、っていうのが内部を垣間見ることができて面白い。




余談だが、同著の第3章に【できる人のキホン仕事術】とあって、『圧倒的なパフォーマンス(成果)の差を生むアプリケーションテクニック』としてワードやエクセル、パワポの超絶テクが一部紹介されているのだが、超絶テクを紹介しているわりには【誤字】も散見されているのはご愛嬌である。




いずれにせよ、大手のコンサルタントの仕事っぷりや思考を垣間見ることができる、という点において良著だと思います。




またまた余談だが、同著には番外編に

【プライベートでも使えるコンサル仕事術】

と銘打った章があり、これが中々面白いのだが、



同著の中でもペパチョ氏が最も参考にした項目は

【合コンではこう動く~コンサルタントの合コン戦略】


である、と小生は深く確信している。



ご興味のある方は、是非読了してみてくらぱい☆



テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2008/11/17 (Mon) 20:01
【2つ】の結果と【3つ】の行動

拝啓


全国4,500万人の【H20診断士二次試験受験生】の皆様


journeyです。

先月の【あの】死闘から早1ヶ月、月日が経つのは早いものですね。

一方、【死刑宣告】の12月5日まであと3週間、ただ待つだけの日は長く感じるものです。

結果が分からないうちから、確信を持って行動することはなかなかできないですよね。

小生も幣ブルグで『次は英語やるぽ~☆』とか言ってますが、イマイチ身が入らないのもまた事実です。










小生の場合、去年は終わった瞬間に不合格を確信しました。

でも、到底あきらめきれるものではなかったので、去年の10月のうちから、スローペースながら翌年を見据えた準備を始めました。


結果は2つしかありません。


【合格】と【不合格】


それを受けて、採るべき行動は3つしかありません。


【①合格→先にあるものへ】

【②不合格→再挑戦】

【③不合格→断念】




いずれにせよ、結果は動かしようがありませんが、採るべき行動は選ぶことができます。そして、採るべき行動は3つしかないので、どのパターンになったとしても今から行動、ないしその準備を進めておくのが上策と考えます。



小生自身は、今年は去年に比べたら合格の可能性は高いと考えておりますが、万一落ちた場合、来年は受けません。なので、小生の場合は②の選択肢はありえません。①か③の選択肢を採ることを前提に、今の日々の活動に落とし込んでいます。



診断士の取得のみが自身の夢を叶える唯一の道ではない。


一番大事なのは、

【盲目的に診断士試験に受かることのみを唯一絶対の目標とすること】

ではなく、

【自分は人生で何をしたいのか】

つまり

【診断士試験の先にあるもの】

を見極めることだと思いますから。


ダメだった場合は、多少(かなり?)遠回りになったとしても、別ルートで自分の夢実現に向けて登頂します。

もちろんこれは小生に限っての意思決定であり、万人に共通のものではありません。









小生自身はあと3週間、

「ほえ~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆」っと過ごしたって別にいいと思います。

今から猛スピードで走り出すのは難しいでしょう。

事実、10月19日まではそれだけの猛スピードで走り抜けてきたわけですから。



今のこの時期は、スローペースで走るも、ゆったり歩くも、時には立ち止まるもまたよし。そうしないと見えてこない景色もあると思います。



がしかし、我々二次受験生、12月5日という聖なる日に、頑張った結果に対して


温泉か入水か


が告げられますので、その時に向け、とゆうかそれ以降に自分はどのような行動をとるべきなのか、の心の準備だけでもしておいたほうが良いように思います。


テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。