--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/06/27 (Fri) 19:27
今日の名言その5:志

志は塩のように溶けやすい。


男子の生涯の苦渋というものはその志の高さをいかにまもりぬくかというところにあり、それをまもりぬく工夫は格別なものではなく、日常茶飯の自己規律にある、という。


箸のあげおろしにも自分の仕方がなければならぬ。


ものの言いかた、人とのつきあいかた、息の吸い方、息の吐き方、酒ののみ方、遊び方、ふざけ方、すべてがその志をまもるがための工夫によってつらぬかれておらねばならぬ・・・


~司馬遼太郎 峠 より~





深い言葉ですな。今年、無事に中小企業診断士試験に合格することができたとしても(当然合格するつもりですが)、過剰に舞い上がらず、自分を見失うことなく、上記のようにありたいものです。



スポンサーサイト

テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2008/06/26 (Thu) 12:50
とある変態受験生の平日の学習スケジュール

いよいよ二次本試験まであと4ヶ月を切りますた。

本格的に学習・体得する【キチ○イ】モードに切り替えです。

さっそく小日程計画の見直し、ブラッシュアップを図りますた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

とある変態受験生が理想とする平日の過ごし方


4:30起床 1h 学習
  【主に事例解く】 

↓ 徒歩時は学習用DVD視聴か講義録音聴く

往路電車 1h 学習
  【脳内過去問、事例他】 

↓ 徒歩時は学習用DVD視聴か講義録音聴く

職場 1h 学習
  【財務強化(問題集)】 

スキマ時間でメール整理、エクセル更新等

昼食時  0.5h 学習
  【財務強化(問題集)】

スキマ時間でメール整理、エクセル更新等

<終業>

徒歩時は学習用DVD視聴か講義録音聴く

復路電車 1h 学習
  【脳内過去問、事例他】 

徒歩時は学習用DVD視聴か講義録音聴く

帰宅後  2.5h 学習
  【1日の学習まとめ、スロー調整】 



平日の勉強時間 計7h+@


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



○ 7月~10月の学習時間(予定):毎月200時間超

○ モラルハザード度:無限大

○ 今年の絶対合格に賭ける想い:熱すぎて測定不能

○ 診断士試験合格後に実現したい夢の数々:プライスレス

○ 残業度:ほぼゼロ

○ 睡眠時間:ムリのない程度に削減



お金で買えない価値がある。








テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2008/06/24 (Tue) 19:22
ふぞろいな合格答案、6月26日に発売!

      



小生も執筆に参加させていただいた、


ふぞろいな合格答案


発売日が決定しますた!


6月26日発売 

定価2,400円+税




都内の本屋には26日の午後くらいに店頭にならび、全国の本屋へは流通の関係で27日になりそう、とのことです。


現在、アマゾンでは予約注文を受け付けているとのこと。

例年、販売日は注文が殺到するそうですので、ご入用の方は、ご予約・ご購入はお早めに!!

上記のアマゾンリンク先からどうぞ~☆






なお、小生の友人・知人および関係者は、


スィンダンシ受験生であるか否かにかかわらず、一人5冊以上はご購入していただきますよう


上記、なにとぞ宜しくお願い申しあげます。







テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2008/06/21 (Sat) 23:11
与件を引用(または活用)すると。。。

与件を引用(または活用)



すると・・・⇒


採点者(または出題者)と、


想いが通じ合える。


素直な受験者なら、与件を引用(または活用)しない手はない。



自分の考えや想いを押し通すより、よっぽど合格の可能性は高まる。



そう信じるか信じないか、は自由である。



でも小生は、そう信じる。



テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2008/06/17 (Tue) 21:14
「あきらめたらそこで試合終了ですよ・・・」

今日は術後3日後の検診を受けてきた。


朝はまだまぶしさがかなり残っていたが、時間が経つにつれまぶしさも軽減していった。


PRKの場合、3日後の視力は0.2~0.3程度が普通らしいのだが、小生は右0.8、左0.6まで出た。
(PRKはレーシックと違い、視力が徐々に回復していく)



角膜のキズの戻りも早く、明後日には角膜保護用のコンタクトレンズを外せることになった。


ヤター!!


あともう少しのガマンで、このいまいましい連続装用のコンタクトレンズを外すことができる。。。





今日、ものはためしに、つい数日前までかけていたメガネをかけてみた。


あまりの度の強さにアタマがクラックラした。



ふう~。。。


(まだ振り返るのは早いが、)思えばここまで長い道のりだった。。。


1月初旬、意気揚々とレーシック希望ヌでクリニックにいき、医者に


「ユー網膜にホールが開いているから早めにクローズしちゃいなよ」


といわれてから早5ヶ月強。




途中、セカンドオピニオンを聞くために行った別のクリニックでは


「アナタの眼でレーシックなんてとんでもない。それどころか一生眼科に通い続けて経過観察してください。」


冷たく言い放たれたこともあった。



それでもあきらめないで可能性を模索して、PRKならできる、ということが判明した。



感無量である。


あきらめにゃいで、可能性を模索し続けた賜物である(自分にとっては全然大げさではない)。



「あきらめたらそこで試合終了ですよ・・・」



湘北バスケ部、安西監督の言ってたことは本当だったな。




・・・というわけで、診断士試験まであと4ヶ月。眼の調子も、あと1週間ほどでほぼ完全体(つまり1.0以上)になると思われる(と勝手に思っている。)

最後まであきらめず、ふんどし締め直してがんばります!!


テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2008/06/15 (Sun) 16:02
昨日~今日のモレの諸症状(視力矯正手術を受けて)

〇 昨日のモレ

 ・眼が超ゴロゴロする
 ・まぶしいにもほどがある(部屋の中でサングラスしててもまぶしい)
 ・眼があかな~い
 ・涙が一日中とまらな~い
 ・角膜保護用のコンタクトレンズが2回もはずれて超難儀する(基本的に、PRKは角膜保護用のコンタクトレンズを1週間連続装用する)
 ・眼をつぶる以外、今のモレには何もできない
 ・気づいたら1日15時間以上寝てた

 
〇 今日のモレ

 ・眼がびっくりするくらい超~腫れてる
 ・モレは失恋した女子かっ!?と一人突っ込みする
 ・昨日に比べたら上記の諸症状は軽いのか!?


〇 翌日検診

 ・モレ:こんな(上記の)症状があって超しんどいんでつ~(涙)
 ・医者:フンフンでもそれはPRKならみんな出る症状ですから問題ありませんよ~眼ェ見せてくださ~いフンフン問題ないでつねもうよろしいですよ~(軽)
 ・(診察時間15秒)




まあそんなこんなではありますが、昨日に比べたらかな~り楽になってきますた。


何とか明日もふつ~に出勤できそうな感じがします。


というわけで、ボチボチ学習も開始せねば☆ 

テーマ : 視力回復 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

2008/06/14 (Sat) 21:18
キングオブ眼がゴロゴロ

今日PRKという術式の視力矯正手術を受けてきますた。


万一のことを考え、嫁っちに付き添ってもらいますた。



手術後、かなり眼が霞んでいますたが、痛みはありませんですた。



帰り際に看護師さんに目薬やら色々処方してもらったのですが、小生が


「今日から本読んだりPCしたりしてもいいんでつか?」



とたずねたところ、看護師さんが



「できれば眼は休めてください。それに麻酔が切れてきたら痛み出すと思いますから。。。」


ですって。

まあよかよか、ということで帰りはらあめん食って、さあ帰るべ、ってタイミングですかね。。。



<麻酔が切れてきますた>



痛て~。


超眼が痛て~。


てゆうかまぶし~。


まじまぶし~~~。


眼ェ開けてらんね~~~。



てゆうかてゆうかサングラスしてさらに眼もつぶってるのに、太陽超まぶすぃ~~~~~~~。



本当に、眼を開けていることがままなりませんですた。



電車の中でももだえてますた。おそらく周りの方から見たらかなりの危険人物だったと思います。。。。



何とか自宅の最寄り駅に着きますた。



そして嫁っちが持っていた日傘を強奪して小生が使用するというおかしな構図のまま、帰路につきました。


家帰ってホッと一安心。



目薬さしまくって(ちゃんと処方どおりですよ)痛み止めの目薬もして、何とか落ち着きますた。。。




ちなみに小生はPRKという術式のため、角膜保護用のコンタクトレンズを着用しています。


ゆえにゴロゴロ感も当然あるし、まだ



「裸眼視力が良くなったんじゃ~~~!!!」



という感触はありませんな。。。


明日は翌日検診に行ってきますので、今日明日はゆっくり過ごそうと思います。



詳細なレポはまた後日。



テーマ : 視力回復 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

2008/06/13 (Fri) 22:06
明日はついに視力矯正手術だ。。。

※1この記事は、小生が無事にレーシック手術視力矯正手術をすることができるかどうかを綴る日記です。
※2レーシックとは、視力矯正手術のことです。
※3医療に関しては、専門医の説明に従ってください。
※4興味がない方は、この記事はすっとばしてください。

===========================


明日、ついにレーシック『PRK』という視力矯正手術を受けます。


年初に嫁っちとクリニックにいってから、早5ヶ月。


半年近くも待ったことになります。




最初の頃は一刻も早く受けたくてもどかしかったが、ここまで待たされると



「う~ん、もういいや。その日が来るまで気長に待とう☆」



超せっかちな小生でもそう思えるようになるんだから、時間って不思議です。



ある一定の時期を過ぎると鬼のような執着心は消え、心穏やかに待つことができますね。


これって世の中全てのことに共通して言えることかもしれませんね。






・・・とまあ、ちょっと関係ない方向に話が飛んでしまいましたが、それだけ感慨深い、ということです。



事前の予想では、明日手術を受けたらきっと日曜は何もできなくなると踏んでいますので、今日ちょっと夜更かししてその分学習に充てようと思っています。




何をやるかって言うと・・・、先月受けたMMCとタッコの模試の復習です☆


模試の復習は、有意義な勉強です。




テーマ : 視力回復 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

2008/06/11 (Wed) 19:27
小生が中小企業診断士を志した理由~その3~

妻と出会い、結婚もしたが、それでもまだ


「そもそも自分は、どんな人生を歩みたいんだろう?」


の答えを暗中模索し続ける日々は続いた。



司法試験への挑戦も検討してみたりしたが、それも何か安直で無理やりな感じがして、しっくりこなかった。何より、心から挑戦したい!!という気持ちも沸き起こらない。




そんなときに妻が何気なく買ってきた本が、その後の


【小生と嫁の2人の人生の方向性】


を決定的に決定した。そして中小企業診断士への受験も決めた。2005年9月のことである。




その本が何かということや、小生の『中小企業診断士試験の先にあるもの』が何かということについての詳述は、今の段階では避けるが、とにかくその本のおかげで



「ハア、好きなことをして自由に生きる人生っていいなァ・・・」

 ↓

「俺なんて宇宙の大きさから見れば本当にちっぽけな存在なんだ。ましてそんなちっぽけな存在の俺の悩みなんて、本当に本当にちっぽけだなァ・・・」

 ↓

「別に誰からも俺にこうしてくれ、なんて頼まれているわけじゃないんだ。」

 ↓

「・・・だったら、俺が本当に心からやりたいと思うことを全部やってみればいいじゃないか!!!」




と、いい意味で開き直ることができた。


そう開き直ると、本当にやりたいと思うことや、自分の価値観・ミッションステートメント【Byフランクリンプランナー】はすらすらと筆が進んだ。考えも整理され、どんどん可視化されていった。



その中で、まず最初の夢が決まった。


小生と嫁が心から実践したい、最初の夢だ。

08.12.13追記
「嫁っちと2人で世界一周すること」です。




その次の夢も決まった。これはどちらかと言うと小生の夢で、嫁は応援する、と言ってくれた。あなたが本当にやりたいと思うことをやればいい、と言ってくれた。

08.12.13追記
「大多数の人にメッセージを伝え、活力を与える」ことです。最近ではそれと同時に、「一人ひとりと真摯に向き合い、共に成長できる関係を構築する」というのも、同じくらい魅力的であることに気づきました。



その2番目に実現したい夢を実現するのに、中小企業診断士の資格はかなりの近道になると思えた。しかも資格を取得することで、最初の夢を終えたあとに、相当に、というか最強に有効な武器となり得る。


『どう考えても、俺の人生に中小企業診断士の資格が必要だ。』

『死ぬ気で一発合格を目指すしかないな。』

『やろう。真剣にやろう。』



そう決意するのに、時間はかからなかった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


その後の経過(死ぬ気のストレート合格目指してからの学習開始、そして一発合格はあえなく玉砕)については以前述べたとおりだが、小生は今の組織で今後も安定を得ようという考えはなく、今年受かろうが落ちようが、『挑戦』と『変化』の人生を歩むつもりでいる。




以前述べたとおり、今年は妻にもらった『留年』の1年です。猶予期間です。


もし落ちても、来年は受けません。受けることができない環境に身を置きます。

08.12.13追記
今年の二次試験を受けるまでは、「嫁っちと2人で世界一周する」ため、本気で今年で撤退するつもりでいました。でも落ちた。人生はなかなか思ったとおりにはいかない。でも、自分が信じた道を、たとえそれがイバラの道でも、歯を食いしばって進んでいくしかない。今回の経験は、後々の人生に血肉となって活きてくると信じています。



この診断士試験、そして診断士試験の合格は、小生にとってサラリーマン生活の集大成でもあります。



だからこそ、絶対に受かりたい。


それが、診断士の学習を始めるにあたってのそもそもの初心であり、所信表明でもあります。




あと残り4ヶ月。二次試験まであと残りたった4ヶ月。


1日1日


を大切に過ごし、10月19日を迎えたいと思います。


テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2008/06/10 (Tue) 12:21
小生が中小企業診断士を志した理由~その2~

会社に入って社会人となって1年が過ぎた。


尊敬するヒトの薫陶のおかげもあり、自分なりに目的意識をもって過ごすことができた思うが、入社から1年が経過し、何かよく分からない大きな壁を感じていた。


入社1年目を終えての、小生の感想。


「俺は多分よくがんばったけど、ダメだ。この組織の考える『チェンジ』の方向性と、俺が考える『チェンジ』の方向性は、違うんじゃないだろうか?」


「俺は変化や挑戦を望むが、この組織の方向性や組織風土は安定を求めている。それはまちがいない。それをムリに変えようとすることで、誰かが幸せになるのだろうか。」


「正しいとか正しくないとか、そういう問題ではない。そもそも正しいのか正しくないのかって、一体どうやって決めるんだ?」


「この先何十年もかけて『今いる組織を変える』ことが、自分の一生の仕事とは思えない。だったら、組織を変えるのではなく、自分が『イイ!!』と心底思えるような場所を、ステージを、自分が創ればいいんじゃないか?」


「『他人』を変えるよりも、『自分』を変えるほうがよっぽど楽だ。だって自分の意思の力で、何とでもなるんだから。」


「実績も経験もない若造の口先だけの意見なんて、大組織の中の小さな歯車にしか過ぎない自分のちっぽけな意見なんて、真剣に聞いてくれるわけがない。だったら、意見を聞いてもらえるような自分に『チェンジ』するしかない。」


「別に誰からも『今の組織に一生い続けて貢献してくれ』なんて頼まれたわけではない。大きな傘の庇護から離れることには不安もあるが、自分が本当に心から歩みたい道を歩むべきではないだろうか?そのほうが自分は幸せに感じるんじゃないだろうか?」




・・・入社1年が経ってそんなことを考えるようになった。



当時の小生の考え方は、『若者特有の青臭さ』の一言で片付けられるものだったのだろうか?



否、今でも、上記の考えは大筋で変わらない。青臭いとか青臭くないとかそういう問題ではなく、小生は上記のように考える人間であった、ということだ。


08.12.13追記
今でも、上記の考えは大筋で変わりません。でも、会社にも本当に小生のことを考えてくれる人もいます。今までそうした人たちにも背を向けてきたので、3年目の中小企業診断士試験の挑戦は、戦い方を変えます。



「そもそも自分は、どんな人生を歩みたいんだろう?」

「そもそも自分は、どんな人生を歩みたいんだろう?」

「そもそも自分は、どんな人生を歩みたいんだろう?」

「そもそも自分は、どんな人生を歩みたいんだろう?」

「そもそも自分は、どんな人生を歩みたいんだろう?」




結局、自分はどんな人生を歩みたいのかという命題に、真剣に対峙させられる悩み多き日々が、その後1年以上に渡って続いた。



また、入社以前~入社直後から考えていた○○への道は、自分が本当に歩みたい道ではなかったということに気づき、そのことがまた大いなる喪失感や焦燥を生んでいた。




表面上は社会人生活にも慣れ、充実した日を過ごしていたが、心の中では


「そもそも自分は、どんな人生を歩みたいんだろう?」



そのことばかりを考え続けていた(ような気がする)。




ををっと~


またまた長くなってしまったので、第3回『人生を変えた1冊の本との出会い』に続く。








2008/06/09 (Mon) 19:19
小生が中小企業診断士を志した理由~その1~

唐突ですが、先週の土曜、学習面で色々な気づきや精神面での変化を得たので、急に思い立ったかのように標記の件について振り返るとともに、振り返ることで自らの今年の絶対合格に賭ける想いを可視化・言語化し、自分の中でより一層強固にしたいと思います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


そもそも小生は就職活動中に、人生を変えた大きな出会いがあった。



まるで運命に導かれたかのようにその人と出会い、小生は以後、アツクルシストへの道を歩み始めたと言っても過言ではない。


彼は、『奪い合い』ではなく『分かち合い』の精神を、学生時分の小生に、言葉ではなく態度で教えてくれた。他にも、言葉では言い尽くせない無形の財産をたくさんもらっている。



「その人と一緒に働きたい!!」

「その人と同じ会社で働きたい!!」




と強く切望し、その人が在籍している会社を第一志望にして就職活動を突っ走ったが、残念ながらその会社とは縁がなく、入社することは叶わなかった。



がしかし、その人から

「登山口が違えど、目指すべき頂上は同じ。

お互い、人生の成功に向かって別々の場所で切磋琢磨しよう!!

そしていつかタッグを組んで、熱い仕事をしよう!!!」



という、実に熱い、暑苦しい言葉をもらい、『心機一転、今回の就職活動で縁を得た職場でがんばろう!!』と前向きになれた。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




入社して数ヶ月後、社会人デビューのお祝いということで、都内某所にて焼肉に連れていってもらった。


その席で小生が


「自分には○○な夢があるので、今の会社を数年勤めて社会人としての修行を積んだのちは、そっちの道に行きたいと考えている。」



といった旨の内容を話したところ、その人から


「今の場所で何も成せない人間が、今いる場所を変えられない人間が、○○で大事を成せるわけがない。まずは必死に今の会社でがんばり、何か成果を残してみろ。」



と言われた。ガツーンと殴られたような衝撃を受けるとともに、言葉の重みに胸を突かれる想いだった。



『そうだ、俺は○○な夢をかなえるまえに、まずは今いるステージで結果を残さねばならない。今日がんばれないヤツが明日がんばると言っても、信用されるわけがない。信用に足る人物になれるわけがない。

○○にいくまでに、人の2倍努力して結果を残してから、新たな世界に行くんだ!!』




そう想った。



・・・長くなってきたので、とりあえずこの辺で。


次回、『入社1年目が終わっての感想』に続く。




テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2008/06/08 (Sun) 09:27
財務アウトプットに打ちのめされて

昨日は小生が通うTBCの財務アウトプット(答練)がありました。


最近、模試やアウトプットの点数がよく、調子に乗ってる小生は、昼飯時に勉強仲間に



「計算問題は完答しなきゃダメでしょ~!」



とかえらそうに語っておりました。


~結果~


激しく撃沈。。。




最近慢心してましたが、おかげで気合が超入り直りました。

猪木に闘魂を注入されるぐらい、気合が超入り直りました。




詳しくは省きますが、中でも設備投資。最近、設備投資は特に重点的に学習していたので、去年に比べてかなり自信がついてきたのですが、完答できませんでした。


というか、この前のMMC模試・TAC模試でも完答できていません。


設備投資の問題は、出題形式によっては全年度合計の正味現在価値しか問われない場合も多々あります。


そうなると、どこか1箇所でも、最初の年でも最後の年でも期中でも、どこか1箇所でも処理をまちがえると、その時点でドボンなのです。


それぐらい、設備投資というのはスリルたっぷりのギリギリチョップメンな問題なのです。



設備投資の問題は、完答できなければ意味がないのです。



・・・でも、惜しいことには変わりなかった。


鬼のように制約条件がある中で、1つ見落とし、1つ処理がずさんだったのが原因です。



今後、アウトプットでも模試でも、設備投資が出題された際には、神経を研ぎ澄まして設問を読み解くようにします。

本当にしっかり復習せねば!!


モレは絶対に今年受かるど~!!!


テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2008/06/06 (Fri) 10:50
ふたたび、過去問の深淵へ(H19事例Ⅰを契機として)

今日は朝財務もそこそこに、H19過去問の事例Ⅰの勉強(というか見直し)をしました。





・・・いや~~~~、


改めて見ると、この事例は難しいですよ!!!


何が難しいって、何が正解なのかが分からないのです。


小生はAでしたが、合格者の答案や他の方のA答案を見ても、一体試験委員は何を求めていたのか、いまだに明確には見えてきません。


もちろん去年の本番の時も、まったくもって「できた~!!」という実感はありませんでした。それどころか、明日のジョーのように「もえつきた感」と「打ちのめされた感」でいっぱいになりました。



事例Ⅰは与件から根拠を見つけづらく、取り組みにくい事例であるとよく言われますが、H19はその傾向が顕著な気がします。


それが証拠に各予備校の模範解答も、全年度・全事例を通して最も内容が割れているように見受けられます。




一体、試験委員は何を求めていたのか???


『このあいまいさの謎を解き、自分のハラにしっかり落とし込まないと、今年の合格はおぼつかないな』


と感じました。



というわけで、今月は学習の方向性や主軸を若干決めかねていた感もありましたが、やはり、というか満を持して、というか、ふたたび過去問を徹底して深堀する月間にします。



先日もチョロっと触れましたが、具体的には全年度・全事例の過去問について、80分にこだわらない自己最高解答を仕上げます。



ちなみに小生が考える【自己最高解答】とは



『説得力があり』


『すなおでわかりやすく』


『与件をしっかり活用した』


『もちろん設問の指示に愚直に従う』




【解答】のことを指します。



まあ、いったん自己最高解答を作成しても「ハイ、それで終わり」ってことにはならず、10月19日まではあがき続けるとは思いますが。高みを目指すための学習に終わりはありません。


テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2008/06/04 (Wed) 21:13
眼の経過良好⇒来週末に手術します♪

※1この記事は、小生が無事にレーシック手術視力矯正手術をすることができるかどうかを綴る日記です。
※2レーシックとは、視力矯正手術のことです。
※3医療に関しては、専門医の説明に従ってください。
※4興味がない方は、この記事はすっとばしてください。

===========================


今日は平日休みを取得して、レーザー凝固手術後の定期健診に眼科に行ってきますた。




網膜裂孔および網膜はく離部分のレーザー治療痕の経過は良好、というか



「特に問題は発生していないので、今後も定期的に検診して眼底検査受けてくださいね~」



とのこと♪




いや~、よかった。。。



ホッと一安心です。




これで、いよいよ来週末に迫った視力矯正手術を安心して受けられるってもんです。



ついに、20年以上悩まされてきた強度近視&乱視ともおさらばかと思うと、感慨深いものがあります。




テーマ : 視力回復 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

2008/06/04 (Wed) 01:08
MMC第2回・模試個別アドバイスから得られた気づき

今日は終業後、先日受けてきたMMCの第2回模試の添削答案返却付き個別アドバイスに行ってきた。

気になる結果は次のとおり。



事例Ⅰ /  58点  35位

事例Ⅱ /  56点  71位 

事例Ⅲ /  62点  13位 

事例Ⅳ /  70点   7位 

合 計  / 246点  11位/127人中



相対的にはそれなりの順位を確保したが、自分としてはもう少しできたんじゃないか、と思う部分があり、それが添削答案に如実に出ていて、それをすごい分かりやすく個別アドバイスで指摘してもらえたのがよかった。



今回はたまたま財務でそれなりの点数を確保できたが、非常jに綱渡りで、首の皮一枚で何とかうまくいったことはまちがいない。



本番ではまかりまちがって、首の皮一枚で大失敗のほうに転ぶ可能性だって否めない。



あと、設備投資の後処理がやはり苦手、というかいつも杜撰な処理をしていることを改めて認識させられた。


そして今回の模試で得た一番の収穫が、


事例Ⅳの最中に、背中にいや~~~~な汗が流れたこと。



これは本番以来の感覚だった。



このギリギリの感覚を味わえただけでも、模試を受けた価値があったと思う。 





他の事例では、与件の活用を甘く見ているために、数点損をしていることも明確に指摘された。



今回の指摘は、自分の足りないところにス~っと入ってくる感じがしたので、とてもよかった。



というわけで第3回も受けることにして、今回得た課題をスムーズにこなせるかどうかを試したいと思う。





テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。