--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/04/29 (Tue) 21:46
【書評】山口絵理子さんの生き方

裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記



          


株式会社マザーハウスの山口絵理子、という人をご存知の方はいるだろうか。


小生の嫁っちが、TBSの『情熱大陸』という番組が好きでいつも見てるのだが、そのときにたまたま小生も番組を見て、その回が彼女を特集した回だった(いつだったっけ?2月か3月だったかな?)。




最初は何気なく見ていたのだが、彼女のあまりのパワフルさに圧倒され、番組終了後に彼女が代表取締役を務めている株式会社マザーハウスのホームページもチェックしてみた。




その後しばらく忘れていたのだが、たまたま本屋で山口さんの書籍を発見して、


「あっ、この前情熱大陸に出てた人だ。本も出してるんだ~。」


と思い、パラパラと読んでみた。


パラパラと読んでみたら、立ち読みで済ませる気にならず、買ってきた。そして読了。



とにかく、すんげ~~~~~~~な、と思った。


山口さんの経歴を簡単に紹介すると・・・


小学校のときに激しいイジメにあう

中学はその反動で非行に走る

高校は偏差値40の工業高校の「男子柔道部」に自ら飛び込み、死ぬほど激しい練習に耐え抜く

女子柔道で日本のトップクラスになる

偏差値40から受験勉強3ヵ月で慶應大学に合格

大学のインターン時代、ワシントン国際機関で途上国援助の矛盾を感じ、アジア最貧国「バングラデシュ」に渡り日本人初の大学院生になる

必要なのは施しではなく先進国との対等な経済活動という理念で23歳で起業を決意

株式会社マザーハウスを設立し、あらゆる苦難を乗り越えビジネスを軌道に乗せる




断固成し遂げる!!という意思の強さと、行動力がハンパじゃない。こんな小さそうな体のいったいどこにこれだけのパワーが秘められているのか、不思議になるくらいです。口先だけじゃない、本当の行動力を感じました。


翻って自身を鑑みるに・・・・



つめの垢を煎じて飲ませていただきたいぐらいです(恥)



久々に、自分の中で激しくヒットした本です。


今、自身は安定した鳥かごの中で安定した暮らしを享受していますが、安定した鳥かごから出て


自由に生きる

自分が信じた道をゆく



という生き方を選択することは、こんなにしんどいことなんだな、と改めて再認識した。



でもあきらめずにやり続ければ、きっといつか必ず光が差すんだろう。



今後の自身の生き方、進むべき方向性にとって、参考になった1冊です。激しくオススメです。




スポンサーサイト

テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2008/04/28 (Mon) 10:51
心身ともにハードな週末を乗り越えて

この土日は両日ともハードスケジュール&呑みまくり、という受験生らしからぬ週末ですた。



昨日も一昨日も相当酔っ払った状態でブログ書いたので、書いてる内容もちょっときもいな、と恥ずかしさを感じています。


がしかし、書いた内容にウソいつわりはありません。


昨日のふぞろいの打ち合わせで受験生メンバーや診断士の人たちと話していて、



「やっぱり今年絶対に中小企業診断士になって、この人たちと同じステージで切磋琢磨りたい!!!」



という想いがよりいっそう強くなりました。



今月は妻の協力のおかげで、相当勉強に専念できました。

今月は「自分は一体どれだけ勉強時間を確保できるのか?」という実験の意味合いもあったので、ガリガリ勉強したからといってその分伸び率も上がったかというと、そうでもないと思います。

当たり前のことですが、やはり時間も大事ですが、いかに集中して勉強の質を高めるか、ということのほうが重要ですな。




来月以降は月に150時間の勉強時間確保を目安にして、それ以外の可処分時間は勉強以外で人生を豊かにする活動に充てます。そのほうが逆に勉強の質も上がる、と考えています。


5月以降はキチ○イのようにガリガリ勉強するということはしません(笑)。多分しないと思います(そういうイメージで見られていますが。。。)。でも9月はキ○ガイのようにガリガリ勉強することになるとは思います。



応援してくれてる方々、本当にありがとうございます。
今年は期待に応えられるよう、がんばります!!


テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2008/04/27 (Sun) 02:04
ムッシュへ

『人生のプロジェクト』という長い道のり。


登山ルートは途中で別れても、きっと


『人生の成功』


という山頂は、同じ方向を指しているでしょう。




お互いに、



自分が絶対だと



思った道のりを歩んでいきませう。



俺も行くよ。




後ろを振り返ることなく。



2008/04/23 (Wed) 22:10
今日の名言その4:悩んだり、迷ったりしたときは。。。

心の中に『最高の自分・理想の自分』を設定する。


悩んだり、迷ったりした時は

『こんなとき、最高の自分ならどうするか』

と自分の心に聞いてみて、

『最高の自分』が選択するであろう

選択肢を常に選び続ける。



そうすると、いつか必ず心の中で描いていた

『最高の自分・理想の自分』になれる。


テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2008/04/18 (Fri) 21:53
今日の名言その3:受験生活の禁句ワードと推奨ワード

不合格へと続く、悲しい言葉たち

「忙しい」

「体調が悪い」

「疲れている」

「気分が乗らない」

「どうせ・・・」

「意味がない」

「つまらない」

「失敗すると思ってた」

「できないと思ってた」




合格へと続く、気持ちいい言葉たち

「とにかくやってみる」

「まずはやってみる」

「やってみたらできた」

「面白い」

「うれしい」

「楽しい」

「大好き」





テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2008/04/13 (Sun) 21:33
ユダヤ人大富豪の教え~幸せな金持ちになる17の秘訣~

今日、視力矯正のクリニックに行く往復の電車で読了。


    

いつものとおり、盟友のムッシュが激しくオススメしてくれた本。著者は本田健氏。



ムッシュが教えてくれるまで詳しくは知らなかったが、本田氏もカリスマコンサルタントでありカリスマ経営者でありカリスマ投資家でありカリスマセミリタイアメントであり、つまり人生の成功者、なんですな。



『人生の成功者』が伝えたいことって、やはり大体同じなんだな~、というのが正直な実感。


もちろんそれぞれの著者自身の経験を通して、著者自身のフィルターを通して色々な表現を用いて伝えようとしてきますが、伝えようとしている内容自体は、大体同じこと。



それすなわち、やはり我々が生きている世界には『成功の真理』というものがあって、まだ成功していない者には茫漠としていてつかみどころがなくて分からないんだろうけど、成功者から言わせると「こんな簡単なことなんだよ~☆」ってことなんだろうな。


そんな中、この本で今の小生に一番心に響いた箇所が、正しいセールスの仕方。何だ、正しいセールスって、そんなに簡単なことなんだ、と。でもきっと、正しいセールスっていうのはそういうことなんだろうな、と。

次に響いたのが、みんなが幸せになるとはどういうことなのか、ということ。そうか、そりゃそうだよな~、と。



他にこんな言葉もあった。

「偉い人には、あたかも彼が偉くないように接しなさい。

そして、偉くない人には、あたかもその人が偉い人のように接しなさい。」

これは小生の身の回りにいる(今の時点では小生より上のステージにいる)成功者の方と接していてとみに感じることだが、本当に成功者な人は、謙虚に、誰にでも分け隔てなく接する。全然偉ぶったところがない。だからこそ魅力的なんだろう。

ひるがえって自身を鑑みるに。。。

まだ成功していないため、とてもその境地には達していない。

まだまだ成長はこれからだ。





自己啓発系、成功哲学系の本は昔からよく読んでいたが、こうまで同じようなことが書いてあると、もはや疑う余地ってないな~、って思います。

だったら、数々の成功者たちが伝えようとしていることを、そのままTTPして実践したほうが、人生の成功にはグッと近づくのは、自明の理、ですな。



いずれにせよ、


「人生の成功者になりたい!!」


ってヒトにはオススメの本であることには間違いありません。


逆に


「何でもいいから、とにかく金がほしい!まずは金銭欲を満たしてからだ!」


というヒトにはオススメしません。






ところで最近、徒然なるままに買い求めた未読の本が、企業戦略系、マーケティング系、組織人事系、成功哲学系、流通系、いいお話系、生活一般系など、約20冊溜まっている。


「早く読み尽くした~い☆」という欲望を、今月は抑えている。


来月に休日を丸々使って、これらの本にどっぷり使って読書する、という素敵な時間の使い方を考えています。


診断士の学習はもちろん大事ですが、それと同じくらい、様々な活動を通して人間の幅を広げることも大事だと思います。


テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2008/04/13 (Sun) 15:46
視力矯正手術の顛末~手術受けます!~

※1この記事は、小生が無事にレーシック手術をすることができるかどうかを綴る日記です。
※2レーシックとは、視力矯正手術のことです。
※3医療に関しては、専門医の説明に従ってください。
※4興味がない方は、この記事はすっとばしてください。

===========================



年初から動いてきた「レーシック受けて視力復活!」プロジェクトですが、先月に、「レーシック断念!!」ということで、一旦はプロジェクトも収束に向かいました。


がしかし、その後、紆余曲折を経て、小生は


『PRK』


という術式で、手術を受けることにしました。今日、PRKをやっているクリニックに行ってきました(先月に検診の事前予約をしていた)。


これは、数ある視力矯正手術のうちの、術式の一つです。


レーシックとちがい、施術中に眼圧が高くなることがないので、網膜が弱い小生の眼でも、まったく(といったら医療に関することなので語弊はありますが)問題なく手術できる、ということです。



〇 レーシックとちがい角膜にフラップをつくらないため、術後の痛みが数日続く
〇 痛みが続くため、2~3日は目を使えないと思われる



などのデメリットはありますが、小生はすでに考えられる全ての選択肢を検討してきました。


判断は慎重に行いましたが、決断は迅速に下します。


「今やらなくても、10月19日の試験が終わってから受けてもいいのでは。。。」というお声もいくつかいただきました。小生自身もその方向で検討していました。

がしかし、別の因子が作用し、なるべく早いうちに手術したほうがいい、という結果になりました。




というわけで、5月は仕事も含め色々と忙しい時期なので、



6月に、PRKという術式の視力矯正手術を受けることにいたします。






2008/04/13 (Sun) 08:35
今日の名言その2:やらずに後悔するのなら・・・




やらずに後悔するのなら


 やってから後悔したほうがいい




テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2008/04/09 (Wed) 09:16
今日の名言その1:勝者は・・・

勝者は

「できる理由」を探す。

敗者は

「できない言い訳」を探す。



テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2008/04/06 (Sun) 10:39
オフピーク通勤のススメ&魅力的な人間を目指して

journeyです。


先週からオフピーク通勤開始しますた。

新年度になったからでしょうか。小生が今まで乗車していた朝の電車にフレッシュメンが溢れ、混雑具合がハンパじゃありません。

もともとかなり混雑する時間帯ですが、つり革につかまってもまともに立ってられないぐらいの大変な混雑っぷりです。


こんなんじゃ、朝の貴重な通勤電車の勉強時間を有効に生かせない!



というわけで、金曜から朝の電車を1時間早めました。


座れはしませんが、余裕を持って教材を開けます。



始業の1時間半前に職場に着くので、他の方が来るまで約1時間勉強できます。





今、平日は最大6時間強の勉強時間を確保していますが、通勤電車を1時間早めるだけで時間当たりの質が高まり、パフォーマンス向上が見込めます。

休日は休日でやるべきことがある。

質・量の勉強不足の解消を、安易に休日に持ち越さず、まずは平日に最大限のパフォーマンスを発揮できるよう、工程をカイゼンする。



まさに

生産合理化を進めるにあたって、中小企業診断士が採るべきスタンス

工程のムダから着手すること。新たな資源を投入することが先ではない。



という予備校講師の教えを実感しました。

こんなところにも診断士試験で学習していることが活かせた。本当に、診断士の勉強をしてヨカッタ!





オフピーク通勤=混雑しない電車でゆとりを持って勉強できる。



うう~ん、すばらしい!!


これから本試験まで、よほどのことがないかぎりオフピーク通勤を続ける所存です。

以上のように、今月は時間の質を高めるためのカイゼン活動を進めるとともに、「一体、最大で月に何時間勉強できるのか?」の実験もしています。


食う・寝る・仕事する・その他生活の諸要素(洗顔、トイレ、風呂等)以外の生活の全てを勉強に注ぐと、小生の目算では約230~240時間の可処分時間があります。


がしかし100%の稼働率はありえないので、稼働率9割として、約210時間。というわけで、今月は210時間の勉強時間確保を目標にして、持てる力の全てを振り絞る所存です。そうしたら、


『一体、一ヶ月の可処分時間はどれくらいのものなのか?』


というのを、体の感覚で身に付けることができるんじゃないかと考えています。



5月以降は、そこまでしゃかりきになって勉強することはせず、大体月に150時間は勉強、それ以外の60時間の可処分時間は自分を磨くことに使いたいと思います。ストレートのときのように、もうそんなに伸びしろがあるわけじゃないんだし、そこまでガリガリしても効果は薄いと思われるからです。



というのも、最近嫁に言われますた。。。



「勉強ばっかりやってると、魅力的な人間になれないよ!」



ガ~~~ン。。。

おっしゃるとおり。ぐぅの音もでません。

今の俺、相当つまらない人間だろうな。。。

無趣味だし。。

趣味:「勉強。または読書。」だし。。。

あっ!「気分転換の散歩」も趣味だ♪


って・・・。

うわ~~~やばい!!(汗)





いくら試験に受かったとしても、人間としての魅力がない人間に、仕事なんてこないでしょう。視野を広く持ち、実るほど頭を垂れ、かつ深みのある人間にならなければ。。。


というわけで目標を高いところに設定し、5月からはより一層、①素敵に、②効率的で、③有意義に時間を使います。


テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2008/04/05 (Sat) 07:18
その3『人生の成功』に向かって第1歩を踏み出した盟友

~一昨日・昨日からの記事の続き~ムッシュ編ラスト


我々は浪人生だから、ストレート生とちがってある程度の蓄積・余裕がある。


1ヶ月程度、勉強から少し離れたからと言って激しく不利になるようなこともないだろう。


逆に、少し離れたところから診断士、ないし診断士試験の学習を俯瞰することで、新たな視点を発見されるかもしれない。


ムッシュが今後どんな決断をされるにせよ、それは間違いなくムッシュ自身の『人生の成功』に向かってのことだろうし、ムッシュの核は変わらないから、盟友であり続けたいと思っている。




人それぞれ、『中小企業診断士』を志す理由がある。


だが、少なくとも勉強仲間の間では(みんなそうだと思うが)


『人生の成功』のきっかけを得るためである、ということは共通している。




誤解を恐れず言えば、小生は中小企業診断士そのものになりたいから中小企業診断士を目指しているわけではない。


じゃあ何か。

うまく説明するのは難しいが、

①人の役に立ちたい、誰かの助けになりたい

②存在する意味がある人間になりたい

③自分自身が成長し続けたい

④『人生の成功』に至る早道切符を手に入れたい



といったところだろうか。


中小企業診断士になったあとに、叶えたい夢がいっぱいある。


中小企業診断士以外にも、自分が目指す山頂に至るための登山ルートはいっぱいあると思うが、その切符がなかったら、夢に向かって相当迂回することもまた事実。



中小企業診断士試験の合格は、長い人生で考えたら『人生の成功』を得るための手段に過ぎないが、今は「生きる目的そのもの」と言っても過言ではない。

何より勉強がとても楽しい。新たな知識が身につくことがとても楽しい。ストイックにがんがっている自分に酔うのもちょっと気持ちいい。



というわけで、体調不良も乗り越え、今、乗りに乗って勉強に勤しんでいます。

かなりいい感じで進んでいる。

今月は本当に、生粋で勉強しかしない予定(特に財務は徹底強化)。

しかし、来月からは勉強時間も質・量を確保したうえで、人生を豊かにするための新たな取組も取り入れる。







5月には、ムッシュも本格的に診断士の学習に復帰すると言っている。

5月に二人とも某M社の模試を受けるつもりだが、財務がかなり得意なムッシュは

「財務ではjourneyさんに負けませんよ(ニヤリ)」

と言っている。

ムオオ・・・

ムッシュに負けるわけにはいかない!!



この1ヶ月、それぞれ違った取組の中で、お互いにどんな成長や学びを得られるのか。


1ヶ月後のムッシュとの邂逅が楽しみです。

テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2008/04/04 (Fri) 12:57
その2『人生の成功』に向かって第1歩を踏み出した盟友

~昨日からの記事の続き~


今月、ムッシュは勉強量を抑え、その分

○診断士の勉強で一番興味を覚えた、マーケティングについて、興味のままに本を乱読します。

○ハマっている成功ノウハウセミナーDVDを、トコトン見ます。

○文章を書くのが楽しいから、メルマガは毎日書きます。

○自分の貯金が1ヶ月でなくなるぐらい、本を買ってしまおう!

○ワクワクしない仕事は、極力しません。上司に怒られるかもしれません。いいです。

○ちょっと極端に、好きなこと、やりたいことに素直になろうと思います。

○心を自由にしないと、自分の本当にやりたいことが見えないと思うのです。

○ちょっと気を緩めると、常識にひきずられて普通の暮らしをしてしまいます。

○だから、いつまでたってもワクワクする毎日が過ごせないのだと思いました。



等々の活動に勤しまれるとのこと。



セミナーに自主的にお金を払って参加されたり(これは鮒谷周史氏のコンピテンシーでもありますな。詳しくは氏の書籍をご覧ください)、

数万円(!?)もする専門書籍を購入してそれに夢中になってみたり、

『学びと成長』に関するムッシュの貪欲さは、並々ならぬものがあります。



うう~ん、

実に暑苦しい!





そしてついに、マーケティングの勉強で得た知識を生かしてワクワクするサイドビジネス(ムッシュは相当なアイデアマン。かなり有望そうで面白そう)にも着手されるご様子。



うう~ん、

実にすばらしい!


成功するか失敗するか、現時点ではさして重要ではないでしょう。


大切なのは、『まずはやってみること』。


どんな成功者だって

最初の一歩を勇気を持って踏み出したから、

そして歩みを止めなかったから、

今の成功があるんだろうから。




そういった意味で

『ここで診断士の学習に若干のインターバルを置くことで、ムッシュは人生の成功に向かってさらに一段階、ステージを上げた。』

小生はそう理解しました。


『心の赴くままに活動する』


うう~ん、何て素晴らしいことだろう。


ををっと~

またまた長くなってきたので、続きはまた明日にでも。

テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2008/04/03 (Thu) 12:57
その1『人生の成功』に向かって第1歩を踏み出した盟友

小生の勉強仲間に、ストレート時から連携して、既に付き合いが1年半以上になる盟友がいる。仮に彼のことをムッシュと呼ぶ。


出会いのきっかけは、ストレート時の授業終了後にムッシュから声をかけられたことによる。

ムッシュいわく『教室内で最も暑苦しそうなjourneyさんに声をかけてみた』とのことだったが、付き合い始めて分かったが小生よりムッシュのほうがよっぽど暑苦しかった。


面白い人と出会うことができた、そう思った。


お互いの二次不合格を知った際には「このままでは終われない。絶対に来年リベンジしよう!!」と二人して熱く誓ったものである。




ムッシュは本当に暑苦しい男。
前向きなことしか言わず、常に貪欲である。向上心の固まりでもある。

小生より少し年上のムッシュには、診断士の勉強以外にも色々なことを教えてもらっている。




犬飼ターボ氏の「CHANE(書籍)」も、

鮒谷周史氏の「平成。進化論(メルマガ)」も、

神田昌典氏(ビジネスマンのカリスマ)も、

ムッシュの紹介によるものである。




そのムッシュが、こう切り出した。

「中小企業診断士の勉強を通してこんなに魅力的な知識を学んでいるのだから、合格まで待たずに実践した~い!というのが、今の気持ちです。4月は勉強を休んで、心の赴くままに好きな活動をします!!」



ををを!?

ムッシュ!?

それはどういうことでつか?

一体何をされるといふのだ!!?


長くなってきたので、続きはまた明日にでも。

テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。