--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/09/29 (Sat) 23:19
考察5:40弱の事例を、100回程度解いて

今日はH18、H17の事例Ⅰ~Ⅳ、合計8事例をちゃっかり解いた。何度も解いているせいか、それほど疲労感はなかった。さすがに解答の方向性は固まってきているが、それでもちょいちょい「ああなるほど、そういうことか」的な気づきはある。なるほど確かに、過去問は噛めば噛むほど味が出るいかせんべいのようである。

師が口をすっぱくして、「題意と出題者の意図の把握は答案作成の6,7割」、「設問は3回以上読むこと」と言っていた真の意味を、今さらのようにかみ締めている。


明日はH16~H15の事例Ⅰ~Ⅳに挑戦する。それで、闇雲事例は一旦終了する。



一次試験終了後は「200回やるぞウラー」と息巻いていたが、大事なのは事例の数や回転数じゃないなと思うようになってきた。当然ある程度、は必要だが。解いた種類は40弱、今日で合計100回強だが、診断士試験で求められている、暗黙知の診断士マインドは、ある程度身についたと思う。


あとはここ最近の闇雲事例ではじき出されたモロモロのかけらを、KJ法で収束していく作業に重点を置く。つまり、「魅せる」ための知識面やテクニック面の強化である。本当は時間があればもっと皿回ししたいし、知識の習得に励みたいが、時間は誰にも平等である。よって効率的な学習に取り組む。


それでもまた事例に挑戦してみたくなることも考えられるので、その時は直近の過去問を中心にチャレンジする。


そろそろ、小生の持てる能力で、かつ1年の鬼勉で辿り着ける境地まで達せそうな気がしている(決して気をゆるめるわけではない)。予備校から送付された優秀答案を書けるレベルには達していないが、成績優秀者の「採点者志向で分かりやすい答案」のエッセンスは吸収したい。

そもそも二次を専門にやってきた人に、知識やテクニックで勝てるわけがないと思っている。。しかし、それと同時に、二次試験はそこを一番に見る試験ではないとも思っている。


自分が中小企業診断士としての適性能力を身に付けることができており、なおかつそれを当日紙上で表現することができたら、おのずと拾われると思っている。



よく言われることですが、試験って残酷なまでに平等ですよね。どんだけ長時間勉強したとしても、どんだけ応援を受けたとしても、どんだけ他のものを犠牲にしたとしても、どんだけ熱い志を持っていたとしても、社会で経験を積もうが、若かろうが年老いていようが、そんなことはまっっっっっったく関係なく、適性がある者のみが拾われていく。


よっっっっっぽどモチベーションが高くないと続かないでしょう。小生のストレート合格に賭ける想いは、これだけは他の方に負けない自信があります。皆さんそうだとは思いますが、この1年、自分が持てる全ての経営資源を、ストレート合格のためだけに捧げてきました。この想いを空回りさせることなくうまい形に昇華して、10月21日を平常心で迎えられるようにしたいと思います。


スポンサーサイト

テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2007/09/26 (Wed) 23:17
考察4:合否は紙一重の差

合否を分けるのは、紙一重の差。


もっとも大きな要素が、当日の精神力。

そして次に大事なのが、直前期の取組み内容。

もう時間はいくらもない。


これからは、闇雲に勉強時間を重ねるのではなく、「合格するためにあと必要な取組み内容」を見極めて、それを忠実に実践すること。



10月初旬までは、1日単位で取組み内容を設定した。その後は、本試験まで軟着陸体制に入る。




今日は去年受験した方のブログを訪問して、再現答案を見てみた。

本当に合否は紙一重の差であることを実感し、背中に戦慄が走った。でも、確かに何かが違うことも、うっすら分かった気がする。


自分はゆるぎなく、今年合格したい。絶対に今年合格したい。その想いは、決して変わらない。

テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2007/09/22 (Sat) 12:20
考察2:『事例数の絶対量の少なさ』という不利条件を埋める

ストレート生が取り組める事例の種類や皿回し回数は、二次専科生に比べて圧倒的に少ない。

小生の場合、二次試験前日までに取り組める量は事例数が9×4=36事例、皿回し回数は当然バラツキがあるが、約150回である。


当然二次専科生は種類、皿回し回数ともにストレート生を大幅に上回っているだろう。二次向けにブラッシュアップされた一次知識も文章表現力も、二次選科生のほうが有利だろう。また、取組みも過去問中心の学習が想定され、取り組み内容そのもので差別化を図ることはできない。

そんな不利な状況の中、どうしたら差別化された答案を作成することができるのか。




それは考察1でも示したように、

『とにもかくにも素直に謙虚にかっこつけずに事例企業に接する』

ことだと思う。予備校の講師が「大げさな言い方だが、二次試験にはその人が今まで培ってきた生き様、思想が大いに反映される。」と言っていた。大げさでも何でもなく、まさにその通りだと思う。

上記を最上流工程に持っていき、そこから解答作成にあたってのテーマを降ろし、次に定型化された解法プロセスを持ってきて、その次に今までの二次勉で培った気づきを反映しながら、最後に最下流(っていうと言い方が悪いが、要は川下のこと)工程である解答に落とし込む。


この経営戦略策定のフローよろしく上記工程を手順どおり守れば、おのずと答案は差別化される(と信じている。)。

ただ、大前提として、小生が考える最上流工程、つまり理念と中小企業診断士試験で求められるものがシンクロしている必要がある。

小生の考え方がまったくお門違いなのであれば、はねられるのみだろう。もしそうならあきらめます。でも小生の考え方が合っているのであれば、解法プロセスや文章表現の稚拙さなんかで落とされるのは悔しいにも程があるから、試験前日までブラッシュアップを図ることは言うまでもない。


いずれにしても明日23日の第4回MMC模試は、小生の考えが合っているのかどうかを試してみたい。

テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2007/09/22 (Sat) 00:00
考察1:中小企業診断士である私が…

そうですか~。今日は9月21日ですか~。も~ういくつ寝ると~♪、二次試験~♪ですね。

昨日は自分自身のパラダイムシフトができたということで、恐縮ながらブログに記事を1本上げさせていただき、偉大なる502教室の管理人netplus様から、もったいなくも当該記事にコメントをいただいた、何とも記念すべき一日であった。

そもそも自身のモチ管理のために立ち上げたようなつぶやきブログで、ブロガーの方と積極的な交流は図ってこなかったが、こんなつぶやきシローブログに貴重なお時間を割いて訪問していただいている人がいらっしゃるということを意識し、これから本試験までは二次試験に関する自らの考察を中心に、『自分の考えをまとめること』と同時に、『人に見られること』を意識して記事を作成したいと思う。



というわけで、タイトルの件。

当然小生はまだ診断士ではない。何を言いたいかというと、事例を解くに際し、自らが中小企業診断士であると仮定して解答を作成する、ということである。何を当たり前のこと言ってんだ、とか思わないでいただきたい。非常に深いのである。この考えを最上流工程に持ってきて、最下流工程、つまりサマリーである解答に落とし込む。


23日にMMC模試がある。この貴重な機会を仮想本試験と捉え、

『中小企業診断士である私が、素直に謙虚に事例企業に接して、分かりやすい言葉で社長に伝える』

ことを強烈に意識して臨みたいと思います。この一言一句を強烈に意識しながら、4社の企業を

『支援』

します。

今日はもうテンションあがりっぱなしです。小生の強みである[猛烈]と3連休という[機会]を活かし、久々に完徹に近いかたちで色々なことに取り組むつもりです。

ではでは。

テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2007/09/20 (Thu) 23:06
目が覚めた自分「自分で選んだ道じゃないか。」

7月に職場が変わってから2ヶ月強。


事前に先達から「10月が最も忙しい」と聞いていた職場への出向。


戦々恐々としながら、新職場へのスムーズな導入を心がけていたつもりが、勉強時間の確保だけに専念し、まちがいなく仕事に身が入らなかった。精神的にもかなり追い詰められていた。こんなことでは、職場での評判もよくないだろう。それに気づいていながら目をつぶり、勉強時間を確保することのみにマイオピアになり、ここまでやってきた。


でも、大事なことは勉強時間の確保だけじゃないんだ、ということにようやく気づくことができた。


少なくとも今こうして働きながら勉強が出来ているのは、会社のおかげ。それならば、会社が求めている期待に応える義務がある。「両立はムリぽだよ~」なんて愚痴をこぼすなら、今すぐどっちか辞めてしまえばいい。


俺にその覚悟はあるのか。いや、ない。今会社を辞めたら生活できない。かといって今さら勉強を取り上げられるのは、死を宣告されるに等しい。


ならば、新職場での仕事と診断士の勉強。どっちも最大限のパフォーマンスを発揮する。それが俺のなすべきこと、あるべき姿。現状に不平不満を漏らすだけでそこから一歩前に踏み出そうとしないのなら、俺に『中小企業診断士』になる資格はない。この程度の困難で根を上げるような弱い人間に、『中小企業診断士』になる資格はない。


職場が変わってからず~~~~~~~~~っと悩み続け、そして今日ようやく自分でそれを克服することができた。


少なくとも在籍している間は、こうして働かせてもらえることに、そして色々学ばせてもらい、成長する機会を与えてもらったことに感謝しながら、どうしたらそれに報いることができるのか考えながら、毎日を大事に過ごそう。


勉強はもちろんのこと、仕事もしっかりやる。悩みを乗り越える自分と自立を目指す中小企業。似ている、と勝手に結び付ける。

大丈夫。きっと俺は合格する。いや、必ず合格する。


好きな言葉(再掲):できるかできないかではなく、やるかやらないかだ。なら俺はやる。

そう、中小企業診断士に求められるものを見据えて。







テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2007/09/19 (Wed) 23:48
なんとなく見えてきている

『中小企業診断士』に求められているもの。

二次試験には、暗黙知の積み重ねがとても重要。

それは白書の読み込みや、ふとした思考の中でも「気づき」を得られる。


本試験まであと1ヶ月か~。早いな~。もうそれぐらいになるのか。。。


果たして今の自分は、合格レベルに達することができているのだろうか。それは分からないし、不安にもなるが、本試験の日が来るまで、こうした暗黙知、自分の中での気づきをたくさん得られるよう、毎日の思考を大事にしたい。


ところで今日は生産と財務事例を行った。


そこでのプチ気づき:
やはり財務事例において、迅速かつ正確な経営分析とCFは合格のための必須条件ですな~。

テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2007/09/15 (Sat) 23:53
今日でついに通学終わり

今日で、一年余通い続けたTBCのストレートプラン全カリキュラムが終了した。当然皆勤であることは言うまでもない。


あとは、一年余通い続けてきたことで得た、診断士になるための暗黙知を、自分なりに咀嚼して10月21日に全て吐き出すのみ。


今日も大いに気づきを得た。過大な課題も得た。でも、新たな課題を得るのはこれで打ち止めにしたい。


次にTBCの門をくぐるのは、受講生ではなく診断士のタマゴとして、だ。


二次専科生とのガチンコの戦い、当然不安はある。でもこの試験は、時間をかければかけただけ有利かと言えば、決してそんなことはない。今日までに得た課題たちを全て昇華させることができれば、自分にも十分勝利の目はあると見ている。


というわけで、明日は事例演習からはなれ、一次試験の復習、今日の事例の復習、白書の読み込みなどにどっぷりつかろうと思う。



つまり明日はシングル・ループ学習から抜け出すためのインプットの日。明日が楽しみだ。

テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2007/09/14 (Fri) 20:29
9月14日大安、二次試験の申し込みを済ませた

9月14日、大安。

今日、二次試験の申し込みを済ませた。

一次試験の申し込みと同じ郵便局で。


ちょうど今日、仕事の関係でその郵便局の近くに寄る用事があったのでもともと14日に振込みをしようと思っていたのだが、あとから9月14日が大安であることに気づいた。


自分に、いい風が吹いていると信じたい。


この1年間、勉強の合間に生活してきた。仕事もプライベートも殆ど押さえ込み、人付き合いも殆ど断ち、自分でも危ういと思うぐらい診断士試験に入れ込み、『合格後』を目指してやってきた。


一番支えてくれた妻を始め、勉強を通して出会ったかけがえのない仲間や、はるかいただきにいる恩師、両親や友人知人、自分を動機づけさせてくれた全ての人に対して、まずはここまでこれたことに対して感謝を捧げたい。ありがとうございます。


特に、ありとあらゆる面で自分の勉強をサポートをしてくれた妻に対する唯一の報いは、自らのストレート合格しかない。


12月7日、職場から妻にこっそり電話で「やったよ、うかったよ。ストレート合格したよ。」と震える声で伝えたい。


あふれんばかりの情熱は冷静さの中に秘め、10月21日の本試験まであと36日、毎日効率的な取り組みをする。そして当日を、静かな気持ちで迎える。



俺は、魂をかけて、ストレート合格を掴み取る。中小企業診断士試験の先にある、目指す未来のために。

テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2007/09/06 (Thu) 17:27
あともう少しだ。がんばれ。

最近精神的にやられているので、以下、自分を鼓舞するためのエントリです↓


新しい職場に配属になって2ヶ月、職場の理不尽さに鬱気味になる日が続いています。くわしくは割愛しますが、終業時間間際に大量の仕事を渡され、「これ終わるまで帰るんじゃねえぞ」的な。。。


でも職場が悪いわけじゃない。

悪いのは、こうした「劣悪(?)な職場環境の中で、やりたくもない仕事をいやいやこなしながら日々の糧を得るしかない自分の無力さ」である。つまり、自分の人生を自分ではなく会社の人事部が決める人生に甘んじていることである。


こんな自分を変えたい、翼を得たい、やりたいことをやりたいと思ったからこそ、そのきっかけとして中小企業診断士の資格取得を目指したはず。


今までも熱い想いは周囲に出さず内に秘め、これまでがんばってきた。自分以外の挑戦者たちだって、多かれ少なかれ日々の葛藤を抱えながら、今同じ時間を、死に物狂いでがんばっているはず。だったら、自分にも、他の挑戦者たちにも絶対に負けるわけにはいかない。意志あるところに道は拓ける。



脅威はできるだけ回避しながら、自分の強み[信念]を活かし、10月21日までの残りの期間を全力で突っ走る。



とにかく今やるべきこと、それは「合格までのあるべき姿に向かって、今できることを全てやること」だ。そして二次合格の栄冠を掴み取る。その後は、自分の人生を自分で決めることができる。


その日に向かって、今は今やるべきことを精一杯やろう。



↑以上、自分への応援メッセージです。がんばれ、俺。逆境に負けるな、くじけるな。




テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2007/09/03 (Mon) 23:49
ふたたび事例の数を重ねる

先週脱事例したことにより、色々見えた課題があった。


①ある程度の一次知識が必要。というか解答作成にあたりほしい。

②題意の捉え違いは格段に減った。その分、解答の推敲力を向上させたい。まだまだ与件の抜き書きレベル。

③解法プロセスをさらに研ぎ澄ませる。まだ進化の余地はある。


などなど。


今日から闇雲事例(早朝事例も)再スタートしたが、今月は一次直前機の7月のように、ガリガリ勉強時間を確保して、上記課題もこなしつつ事例の回転数を上げたい。その中で、また見えてくるものがあるだろう。そういえば、今週一次試験の結果が分かるんでしたな。自己採点したとはいえ、やはりドキドキします。

テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。