--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/10/30 (Thu) 12:34
再現答案Ⅰ(述懐つき)

平成20年 中小企業診断士二次試験 再現答案


去年は事例フォ~が終了した瞬間に不合格を確信しましたが、今年は、終わったあとは充実感でいっぱいでした。現時点(10月30日)で、合否は五分五分だと捉えています。


※1 再現答案のため、字数制限に満たない解答が多々ありますが、本番では全ての問題において、誤差2文字以内で収めています。

※2 事例Ⅰ、Ⅱは再現率は90%、事例Ⅲ、Ⅳはほぼ100%です。終了間際に冗長な表現を削ってキーワードを埋め込んだりしたので、(特にⅠ、Ⅱに関しては)もう少しできているのかな、と思っています。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

事例I 

第1問 20点 歴史的展開、強み、形成要因

強みは、①有能なシェフの採用、②第4工場が提供する信頼性の確保、③安全で品質の高い食品の供給体制である。要因は、①創業以来のモットーの継続と、②外部環境の変化への迅速かつ柔軟な適応力である。


第2問 20点 コスト削減の背景 商品特性から

コスト削減を求める背景は、①機内食は製造工程の効率化や生産性向上によりコスト削減が見込める点、②航空会社との取引は国際的な価格競争が激しく、依存度も高いため厳しい条件を求められる点、等の商品特性に起因する。


第3問 20点 権限を料理長から工場長に移管したことのコスト削減への効果は?

効果は、①食材の購買内容の見直しや取引業者への低価格要請等による原価低減、②工場長が工場勤務の経験を活かし、効率的な人員配置や作業フローを実現したことによる人件費等の費用低減、である。工場長の権限を強化して諸施策を実施したことで、売上高が伸び悩む中、収益改善に寄与したと考えられる。


第4問 20点 SWSが生産性向上を生み出す可能性と、効果的に機能させるため必要な点

SWSの導入は、①担当者に権限と責任を与えることによる士気向上、②少ない労働投入量で大きい産出量をもたらすなど、生産性向上の効果をもたらす可能性がある。必要な点は、①導入目的の明確化、②担当者に盛り付けを任せることによる士気向上とマニュアルの整備、③効果測定や評価改善などPDCAサイクルの実施、である。


第5問 20点 一般市場への展開の成否と理由

★成功すると思う

理由は、①長年機内食の製造で培ってきたブランドイメージ、②現社長の創業以来のモットー保持、③社長交替後の積極的な営業による事業展開、④前料理長を相談役として確保することによる味と品質への信頼性担保、である。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


<各設問所感>

第1問 強みと要因の切り分けが難しかった。「有能なシェフの採用」が強みとしての表現っぽくないことは承知の上。なぜ【トシップ】、じゃなくて【ハサップ】を入れなかったのか。。。なお、再現答案では【強み】の②と③の内容がかぶっているが、本番ではもう少し美しく切り分けたような気がしている。


第2問 意外と受験生の中でも解答が割れている設問ですね。師匠には、主語が冗長に過ぎると滅多切りされますた。


第3問 多少字が足りないが、実際は150字ビッチリ埋めた。にしても、前半と後半の内容がかぶりすぎている。痛い。「料理長は○○だったが、工場長は○○だった。」と、なぜ対比で書かなかったのか。。しかも全体最適の視点も抜けている。ここは点数が伸びないだろう。


第4問 前半部分にイマイチ感が漂っているな。効果的に機能させるために必要な点で、人事施策の黄金切り口【なっとこ(納得性・透明性・公平性)】を投入しようかと思ったが、何かそぐわない感じもしたのでPDCAサイクルにしてみた。


第5問 今回の試験で最も盛り上がっている論点ですかね。小生も最初見たときは「何だこれ?」ってプッてなりますたが、すぐさまK恩師の言葉が思い浮かび、【迷ったら積極策!】ということで『成功すると思う』にしますた。多分機内食だけじゃジリ貧だろうし、社長がせっかく張り切って積極的に営業してるんだから、やっぱ背中押してあげなきゃダメでしょう!と思った。あと、小生はトップの理念が最も大事と考えているので、1問でも使った『創業以来のモットーの継続』を入れてみた。でも、これを書いている人どこにもいないのね。。


<総括>

小生は、事例Ⅰが終わった瞬間は、『よし、そこそこの対応ができた!』と心の中でガッツポーズしたのですが、実際はどうなんでしょうね。与件のキーワードをあんまり活用しきっていないし。でもまあ、大きくはずしてはいないだろうし、何とか踏みとどまっていると信じたい。


これで再現答案のUPは終わりです。


冒頭にも書きましたが、今回は終わった瞬間に、充実感とやりきった感で満たされました。

常々申し上げてきましたが、今回が最後の聖戦です。たとえ今回不合格になったとしても、小生に後悔はありません。あの320分は、全力で戦いきることができた。



でも、あくまでも【勝つ】ためにやってきました。



今年無事に合格して、(自分自身が思い描いている)次のステージへの扉が開けることを切に願います。


発表まであとしばらくは、読書や呑み会に勤しむとしますか(笑)

あっ、でも英語もやんね~と☆





スポンサーサイト

テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2008/10/29 (Wed) 12:55
再現答案事例Ⅱ(述懐つき)

平成20年 中小企業診断士二次試験 再現答案


去年は事例フォ~が終了した瞬間に不合格を確信しましたが、今年は、終わったあとは充実感でいっぱいでした。現時点(10月29日)で、合否は五分五分だと捉えています。


※1 再現答案のため、字数制限に満たない解答が多々ありますが、本番では全ての問題において、誤差2文字以内で収めています。

※2 事例Ⅰ、Ⅱは再現率は90%、事例Ⅲ、Ⅳはほぼ100%です。終了間際に冗長な表現を削ってキーワードを埋め込んだりしたので、(特にⅠ、Ⅱに関しては)もう少しできているのかな、と思っています。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

事例II

第1問 10点 顧客に支持された理由 30字×2

独自のコンセプト訴求により、顧客に非日常を提供したためである。
顧客への御礼状などきめ細かい対応で関係性を強化したためである。


第2問 20点 予約客数減少の理由 30字×2

少子高齢化やマンション分譲の影響でH温泉への客が減少したため。
外資系ホテル進出等の影響で、B社の既存顧客が流出したため。


第3問 20点 4代目経営者の構想のマーケティング戦略上の問題点 50字×2

サービス戦略に問題がある。コンセプトの転換は強みとイメージの拡散を招き、既存顧客流出の懸念がある。
ブランド戦略に問題がある。和洋折衷は外資系ホテルと競合するため、外国人など新規顧客の獲得が難しくなる。


第4問 20点
(設問1) 既存顧客へのプロモーション戦略 50字
宿泊客への御礼状実施等により顧客関係性を強化することで、口コミの誘発やパブリシティ活動の充実を図る。

(設問2) 新規顧客へのプロモーション戦略 50字
Webサイトを充実して各国の言語でアジア富裕層に情報発信し、双方のやりとりを行い新規顧客として囲い込む。


第5問 30点 H温泉組合による地元資源活用の協業をベースとした新規事業提案 100字×2

有機食品の販売による健康的な生活提案事業である。H温泉の湯治客に、有機栽培の米や野菜、自然飼育の肉類など健康的な食品を、地元の連携やきめ細かい対応を生かして提供することで、固定客化やリピート率向上を図る。

みかん狩りやいちご狩りで自然と触れ合う体験を提供する事業である。H温泉の湯治客に、地元農家が手がけるみかんやいちごを、地元の連携やきめ細かい対応により非日常的な体験と共に提供することで、口コミを誘発する。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


<各設問所感>

第1問 短文はうまくまとめるのがどうも苦手。具体性を盛り込めなかった。


第2問 【H温泉への湯治客減少/B社の顧客減少】、で切った。老朽化は罠と判断した。本来は内部環境も指摘するべきなのだろうが、与件から判断してこのような解答にした。


第3問 師匠に滅多切りされた解答。

曰く、「マーケティング戦略上の問題を聞いているのに、『○○戦略に問題がある』とは冗長の極みなり。」

小生も言われて気づいた。書いてる最中は、「よし、これで美しい書き方になって差別化できたぞ♪」と一人悦に浸っていた。アホである。おかげで具体性を盛り込めなくなったけど、一応既存と新規でも切ったし、半分は取れていると信じたい。

なお、再現答案だと【ブランド戦略】と【サービス戦略】の具体論の切り分けが不明瞭だが、実際はサービス戦略のほうについては、『洋室の追加や食事の選択制は強みとイメージの拡散を招き、』って書いたような気がする。

かといって今さら再現答案を直す気はない。そもそも完全に再現なんてできるわけないし、再現答案をゴチョゴチョいじったからといって合格確率が上昇するわけでもないし。

あくまでも再現答案は再現答案。それ以上でもそれ以下でもない。


第4問 既存顧客には口コミとパブリシティ強化、新規顧客は外国人と捉えたが、内容としてはイマイチ。御礼状も使いすぎだし、旅行代理店も入れてないし。。。ここも何とか半分は取れていると信じたい。全て願望。


第5問 結論は【モノ+コト】で書くことを意識。あとはドメイン+期待効果。CもTもカブるのは承知の上。アウトレットを使うとしたらここしかないんだろうけど、まだ計画段階だし、どう使えばいいか分からなかったので、与件の最後のほうの段落をそのまま使わせていただいた。改めて見ると2つ目は因果も何か変だが、多分、本物の答案はもう少しうまくまとめていたはず。


<総括>

マーケは書きやすいが、その分与件の解釈によっては解答も割れやすく、実は対応が難しい事例なんじゃないかと考えている。正直、事例Ⅱは自信がない。せめてBは取れていると信じたい。

それにしても今年は、出題委員の意向や白書の方向性がかなり色濃く出ましたね。最低限闘えるレベルに持っていくためには、出題委員の書籍や白書に目を通して、内容を丸暗記するのではなく方向性や感覚を身に付けておいたほうがよい、と思料します。来年以降もここまで意向や方向性を色濃く出してくるかどうかは分かりませんが。

次は最後の事例、事例Ⅰです。






テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2008/10/26 (Sun) 20:14
再現答案事例Ⅲ(述懐つき)

平成20年 中小企業診断士二次試験 再現答案


去年は事例フォ~が終了した瞬間に不合格を確信しましたが、今年は、終わったあとは充実感でいっぱいでした。現時点(10月26日)で、合否は五分五分だと捉えています。


※1 再現答案のため、字数制限に満たない解答が多々ありますが、本番では全ての問題において、誤差2文字以内で収めています。

※2 事例Ⅰ、Ⅱは再現率は90%、事例Ⅲ、Ⅳはほぼ100%です。終了間際に冗長な表現を削ってキーワードを埋め込んだりしたので、(特にⅠ、Ⅱに関しては)もう少しできているのかな、と思っています。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

事例III

第1問 20点

(a) 経営資源 20字 

金型製作の高い技術を生かした提案力である。

(b) それを生かした経営戦略 80字

高付加価値を提供する差別化戦略である。多様なニーズを持つ顧客に、幅広い分野に活用できる難易度の高い金型を、高い技術を生かして短納期で提供し、競争優位を確立する。


第2問 30点 大型金型の製作の要求に対して・・。

(設問1) 生産要請に応えることは、C社にとってどのような機会と捉えるか。外部環境の変化の視点から。100字

生産要請は、①海外での金型の現地調達が進展し、自動車分野や電気分野など国内需要が縮小する中での売上拡大、②取引先との連携や情報共有体制の強化、③生産体制整備による生産性や稼働率向上、の機会と捉える。

(設問2) 要請に応えるため検討すべき生産面の課題は? 100字

課題は、①取引先の意向を確認した上での設備導入など生産体制の整備、②顧客との連携や情報共有体制の構築、③製造工程見直しと改善による短納期体制の強化、④技術力の更なる向上による国内需要の囲い込み、である。


第3問 25点 共有すべき情報、短納期化以外の生産面への効果 140字

共有すべきデータは、①C社の作業指示票や金型図面、加工データ、②外注企業の生産計画や進捗・余力状況、保有部品のデータ、③顧客の受注・納期の状況、である。効果は、①外注管理の強化による品質向上、②進捗・余力状況の把握による短納期化とコスト低減があるが、コア技術流出には留意すべきである。


第4問 25点 仕上げ工育成方法と経営戦略への可能性

方法は、①ベテラン仕上げ工によるマンツーマンの計画的なOJT、②空き時間等を活用したQCサークル活動や研修実施、③マニュアル整備や自己啓発奨励、等がある。増員は、短納期化や品質向上に繋がるが、労務費の増加がコスト競争力低下を招き、グローバル化時代の中で海外との競争に負ける可能性がある。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


<各設問所感>

第1問 試験終了直後の仲間との振り返りでは、「しもた~、「経営資源」だから、ヒトとかノウハウとかで締めくくらんとダメやったか~!!」と思たが、ペパチェさんのブログエントリとか見るにつけ、そんなに気にすることもないのかな、と思いを改めるに至る。まあ、そんなに差がつくところではないのかな。

bの、「それを生かした経営戦略」については、『経営戦略だからドメインじゃろ』ということで、「誰に・何を・どのように」で書いた。みんなこんな感じで書くんじゃないかな、と思っている。(え!?『具体的に』だから違うって?)

第2問 設問1は機会なので、それっぽく書いた。設問2も課題なので、それっぽく書いた。

第3問 生産面でどのような効果を持つか、ということだが、行き過ぎた外注化はコア技術の流出につながるのは自明の理なので、それは書きたかった。

第4問 ストーリー的にはQ(品質)とD(納期)は向上するけど、C(コスト)も上昇してそれが足を引っ張るんじゃないかと考え、そのように書いた。ただし、デメリットの記述に字数を割きすぎたかな、とも思っている。


<総括>

生産は大きくはずしてないだろうし、そこそこ出来たのではないかと思っている。でも差別化できた、とまでは言えないだろうな。みんなそれなりに書いてくるだろうし。5人に1人しか受からない試験なので、そこはもう相対評価が下されるのを待つしかないですね。

てゆうか過去問と論調が殆ど同じだし、こんなんでAとかBとかCとかDとか付けられるのか!?


というわけで、次は(恐怖の)事例Ⅱです。明日・明後日と超ハードな打ち上げがあるので、UPが遅れるかもしれませぬ。てゆうかゼッタイ遅れると思う。







テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2008/10/25 (Sat) 11:57
再現答案事例Ⅳ(述懐つき)

平成20年 中小企業診断士二次試験 再現答案


去年は事例フォ~が終了した瞬間に不合格を確信しましたが、今年は、終わったあとは充実感でいっぱいでした。現時点(10月25日)で、合否は五分五分だと捉えています。


※1 再現答案のため、字数制限に満たない解答が多々ありますが、本番では全ての問題において、誤差2文字以内で収めています。

※2 事例Ⅰ、Ⅱは再現率は90%、事例Ⅲ、Ⅳはほぼ100%です。終了間際に冗長な表現を削ってキーワードを埋め込んだりしたので、(特にⅠ、Ⅱに関しては)もう少しできているのかな、と思っています。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

第1問 経営分析

①売上高総利益率 23.64%
主力設備が老朽化して故障が多発することによる修繕費増加、従業員の高齢化による労務費増加により、粗利益段階での収益性が低い。

②固定資産回転率 3.77回
現行設備は当時の最新機能を備えておらず、近年は老朽化が進み故障も頻発しているため、設備投資効率や売上獲得力が低い。

③自己資本比率 15.98% 
経常赤字により現金を獲得できないため利益の内部留保が進まず、同業他社に比べて借入金の依存度も高いため、資本の安全性が低い。


第2問 取替投資?
(設問1) 税引前営業CF = △245万円  
(1439と悩んでこっち選んでドボン。)

(設問2) 平成22年度には予想税引前営業キャッシュフローが赤字に転落するため、早い段階で主力設備を更新するべき。


第3問 取替投資?

(設問1) 
(a) 固定資産売却損 1,825万円
(b) 税前利益 解けず (適当な数字を最後にぶちこんだ)

(設問2) 922万円


第4問 資金調達

(設問1) 問題点は、①支払利息が増加することによる収益性悪化、②自己資本比率が低下することによる倒産リスク増大と安全性低下、である。

(設問2) 方法は、①Z社に合意を得て取締役の過半数の維持と、②無議決権株式の交付、である。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


<各設問所感>

第1問 経営分析では、固定資産回転率より有形固定資産回転率のほうが妥当だと思いましたが、「その他有形固定資産」の勘定科目を含むか否かの判断に悩み、多少減点されても、ローリスク対応で固定資産回転率にしました。(今まで指標の計算で減点を喰らうことが多々あったので、多少ビビッてたのかもしれません)がしかし、内容としては全体的に取り立てて良くもないが、悪くもないと思っています。

第2問 みんな見た瞬間に『???』がアタマに浮かんだと思います。小生も財務事例は100以上やりますたが、『税引前営業キャッシュフロー』なんて初めて見ました。減価償却費を考慮するバージョン(△245万円)と考慮しないバージョン(△1439万円)の両方を算出しましたが、迷ったあげく前者にしてしまいますた。。

がしかし、どっちのバージョンでも、H22には赤字になることは分かっていたので、設問1がどっちだとしても設問2の記述で部分点を取ることを心がけました。

でもこんな紋切り調で締めくくるのではなく、ちゃんと「~により収益性向上を図る」と締めくくりたいところです。練習では何回もやっているはずなのに、本番ではできなくなるのが本番の怖いところです。

第3問 これもワケ分からず。特に設問1のbの予想税引前純利益の答えは、今でも分からん。まあ興味もないけど。

第4問 どちらの記述も、程々の部分点は確保できているかと思います。満点はないでしょうが。設問1は負債の節税効果にも触れたほうがよかったのでしょうが、本番でそこまでやる余裕もなし。

設問2は、①は減点はされないだろうが、加点もないだろうな、と思います。でも、ローリスク対応で「必ず切口を盛り込む!」っていうのがアタマにあったので、無議決権株式を書いておいてよかった。去年だったら、①をグダグダ書いて40字を埋めきっていたでしょうな。



<総括>

去年に比べると、今年は格段に冷静に対処できたと思います。最初は容易な印象を受けましたが、じっくり見るにつれ一筋縄ではいかなそうなことを確信、これはまず記述をガッチリ固めるべきだと判断し、普段は計算から解きますが、今回はローリングプランで記述を先にやりました。

第2問は、もう一方(△1,439)を選んでいればおそらく正解になっていたのでしょうが、これはもう仕方ないですね。

というわけで、次は事例Ⅲいきたいと思います。

テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。