--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/01/06 (Tue) 08:30
A氏から年頭にもらったメッセージ

journeyへ

新年あけましておめでとうございます。
昨年は本当にjourneyにとって大変な一年だったと思います。
一方で、経済環境も100年に一度と言われていますが、過去に例を見ないといっても過言ではない激震が走った1年でした。その中で俺の仕事も厳しさを極め、背筋が寒くなる思いを何度したことか分かりません。
(この会社はなくなるかもしれない、と今も思っています。)

世の中がそのような状況になっていても、昨年のjourney個人にはさほど関係のない話だったかもしれない。
目の前に個人としてやるべき大目標があり、それに向かって一心不乱だったから。

でもそれがjourneyにとってベストなことだったと確信している。

結果は結果として受け止めるしかないし、その気持ちの整理はあの日以来必死に努めてきたことを間近に見てきました。つらかったと思うが、本当によく乗り越えたね。そして次への備えまですでに開始している。さすが俺が見込んだ男です(笑)。


でも今年は、journeyにはぜひとも、この激動の経済環境を真っ只中で「体感」してほしいと願っています。
いみじくもjourneyが言ったこと

「今と言う時間は今しかない」

そのとおりです。歴史の生き証人となれるチャンスでもある、そんな経済環境です。だからこそ、仕事の面でもしっかりスパークして欲しい。その体感経験がないと、いくら資格を持っていてもその資格を実地に生かすことが難しくなる。

資格保持者=無条件にエキスパート

ではないのが世の中の常です。

自分がどういう人の発言に耳を傾けたくなるか、想像してみて欲しい。その人たちと「資格」なり「肩書き」なりとはどのくらい関係がありますか?たぶん、ほとんどないのではないかな。
※もっとも、今年のjourneyは誰の話であっても傾聴することがテーマだよ(笑)。


仕事にしっかり燃えて欲しい。
せっかくX社と言う大企業に属している幸運に恵まれているのだから。
その機会は誰でも得られるものではないし、なにより、あれだけ燃えた就活で掴んだ機会であることを再度思い返して欲しい。君の勉強仲間にX社ほどの大企業に勤める人はどのくらいいる?これは一つのアドバンテージであり、差別化ポイントです。

この会社にいつまでいるかにかかわらず、この会社の中でもう一度思いっ切り力を出し切ってみないか。



かつて「自分の会社を変えられない男が日本を変えられるか?」と問いました。

本質は同じですが、「今の環境で必死で頑張った経験のない男が、必死で頑張る人々に助言する立場など務まるのか?」と改めて問いたい。
俺は、journeyの当面の目標のさらに先を見据えてアドバイスしているつもりです。
もちろん、解釈はjourney次第ですが、今年の年始に当たって一番伝えておきたいと思ったことです。


-仕事をがんばれ、勉強がんばれ、そして何より家庭を大事に。


無理難題言ってることは百も承知。
だけど、これらを全部立たせることがjourneyの使命だ。
それが、有言実行を果たせなかった代償なんだ。背負わざるを得ない。自分のために。


奥さんがこの1年が限界というのはそのとおりだろうと思う。
いや、この1年だって耐えられるか。でもそれは、journey次第だよ。
仕事、勉強、家庭。両立ならぬ「三立」。どれも手を抜かない。
敢えて言うなら貯蓄のある「勉強」が劣後か。他の二つには貯蓄がないのだから。

それができたとき、奥さんはきっとそんなスーパーマンjourneyを今以上に支えてくれると思うよ。
男としての魅力もきっと増すんじゃないかな(←この発言には自信ないが(笑)。希望含め。)


ここ最近ずっとjourneyに厳しいことばかりを言ってしまっている気がします。

こんなことばっかり言ってると、そのうちjourneyは俺に愛想つかすかもしれないな。
でも・・・、俺の知ってるjourney、イメージするjourneyはここでくたばる男ではないから、どうしても、エールを込めて言いたくなる。許して欲しい。


今年もいい1年にしよう。
俺は初詣のおみくじが「大吉」でした。2年連続です(笑)。去年の試練は、自分を成長させる大吉だったんだな、きっと・・・。







A氏、そして今までやり取りさせていただいた全ての方へ


本当にありがとうございます。
皆様からいただいたパワーを今年1年の活力の源泉にして、がんばっていきます。

今年の優先順位は

家族⇒仕事⇒診断士学習⇒ジム⇒友人・知人・諸先輩・諸後輩との人的交流⇒その他諸々

でいきたいと思います。



しばらく地下にもぐります。
重ねて、本当にありがとうございます。



スポンサーサイト

2008/08/20 (Wed) 09:52
平常心

先般、小生が最も尊敬してやまないA氏と会合を持ち、気合とともにもう一つ【大事な何か】をもらってきた。後日メールをもらったのだが、まさに今の小生の状況を全て見通したうえでの金言だった。


今回いただいた金言を残り2ヶ月の戒めとし、胸に刻み込む。


※ちなみに名前は当然書き換えております。


journey

お、○○山行ってきたか。
たまには奥さんと自然の空気を満喫するのもいいでしょ。
これからのラストスパートに向けてリフレッシュになったことと思います。

受からなければ「ただの人」、か。
確かにそう言うこともできる。でも、ここまできてもし仮に受からなかったとしたら、それはもはや実力不足の沙汰ではなく、何かしらのボタンの掛け違いが起きたとみるべきだろう。
まさか実力が足りなかったとは言えまい(笑)。

ならば、そういったちょっとした「ボタンの掛け違い」を防ぐことがこれから第一に意識していかなければいけないことではないかな。
何が原因でそういうことが起きてしまうのか。


気負いすぎ、過信、盲信、慢心、過度の緊張、体調不良、プライベートの不安・・・


すべて自らのコントロール不全に起因することだ。

これからjourneyに大事なこと。それは「平常心」だと思う。
ある意味、アツクルシストのjourneyの対極にある言葉かもしれない(笑)。
何事にも動じない、一喜一憂しない、気持ちを揺さぶられない、完璧なまでの落ち着き。
ここまできたら、「気合」よりも「平常心」の方が大事だと思う。
「気合」は実力不足を凌駕してくれる可能性、潜在能力を瞬間的に引き出す可能性があるが、ここまで来たjourneyにはもはやそれは必要なし。むしろ、確実に持てる力を出し切るための「平常心」が今後試されると心得て欲しい。

だから、

>受かれば道が開ける、落ちればただの人。

こういう気持ちはあまり持つな。これからは。自分を冷ませ冷ませ。超冷静に、クールにいこうぜ。大願成就のために、だ。


journeyのメールの最後に「心穏やかに粛々とその日を迎えたい」とあるので、きっとjourneyも同じ境地に行き着いてのことと思う。
だから今更俺が言うまでもなかったかもしれないけど、アツクルシストには水を掛けすぎてちょうどよい(笑)。


>7年前にAさんと出会えた偶然に、本当に
>感謝しております。無事に合格できたら、また
>『寿司の家』に行きた~い!!です♪

フフッ 偶然と思うてか。これは必然だろう、お互いの人生にとって。
アツクルシストは出会う運命なのだ。そして温度を増していく。

この2ヶ月、人生で最高にクールな瞬間を過ごせ。
そこで静かに溜めたマグマは、その先にいくらでも使い道があるのだから。


成功を祈って、寿司断ちしときます。







・・・このAさんは、追いかけても追いかけても、ヒトとしての大きさ、ビジネスマンとしての能力・経験・実績、アツクルシスト、全ての面において、到底追いつけない大きな男です。


ちなみにAさんからは、去年のストレート時の挑戦に際しても熱きメッセージをもらい、そのメッセージをPCの待ち受け画面にして自分を鼓舞していました。



小生も、今度こそ彼と祝賀会できるように、12月の合格発表まで

『寿司断ち』

します。

というわけで皆さん、しばらく小生に寿司食わせないでください(笑)



テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2008/07/01 (Tue) 01:04
書評:仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか

   



ネットで標題に「ビビビ」が来たのでアマゾンにて衝動買いし、週末に届き、さっそく読破りました。


結果、小生の「ビビビ」に間違いはありませんでした。



小生の勉強仲間に、

【仕事もいそがしい&家事も大変&もちろん勉強もしまくり、にもかかわらず、キチ○イのように自身の課題にガツガツ取り組む】

真性変態がいます。


氏は平均睡眠時間を4時間に削り、


【勉強も重要。がしかし、世界を広げるためには、運動も重要だと考えます。】


と、訳の分からない(?)ことをのたまい、スポーツジムに赴いてボディコンバット(レスミルズジャパンの一部)なるエクササ~イズに興じています。


氏をすごいな、と思ったのはボディコンバットに興じていることではなく、物事の優先順位を自分自身の価値観で判断して、そのとおりに実践・そして継続していることに対してです。




いくらなんでも、平均睡眠時間を4時間に削ってまで夜毎スポーツジムにてボディコンバットに興じる輩を、真性変態と思わないわけにはいきません。



がしかし、氏のコンピテンシーには

標題の本に書かれていた


【仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか】


に通じるものがあります。


著者の山本ケイイチ氏はパーソナルフィットネストレーナーでもあり、氏のクライアントには経営者が多いそうです。


仕事が忙しい経営者ほど、きちっと時間をとって計画的にトレーニングに励んでいるようです。


というわけで、小生も真性変態氏に倣って勉強時間を1時間削り、


朝 ストレッチ&軽く運動 15分
夜 筋トレ        25分
寝る前 ストレッチ    20分



を毎日自らに課すことにし、早速実践しています。

そうすると平日の勉強時間はMAX6.5時間となりますが、勉強の質は逆に上がることが分かりました。



テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2008/04/27 (Sun) 02:04
ムッシュへ

『人生のプロジェクト』という長い道のり。


登山ルートは途中で別れても、きっと


『人生の成功』


という山頂は、同じ方向を指しているでしょう。




お互いに、



自分が絶対だと



思った道のりを歩んでいきませう。



俺も行くよ。




後ろを振り返ることなく。



2008/04/05 (Sat) 07:18
その3『人生の成功』に向かって第1歩を踏み出した盟友

~一昨日・昨日からの記事の続き~ムッシュ編ラスト


我々は浪人生だから、ストレート生とちがってある程度の蓄積・余裕がある。


1ヶ月程度、勉強から少し離れたからと言って激しく不利になるようなこともないだろう。


逆に、少し離れたところから診断士、ないし診断士試験の学習を俯瞰することで、新たな視点を発見されるかもしれない。


ムッシュが今後どんな決断をされるにせよ、それは間違いなくムッシュ自身の『人生の成功』に向かってのことだろうし、ムッシュの核は変わらないから、盟友であり続けたいと思っている。




人それぞれ、『中小企業診断士』を志す理由がある。


だが、少なくとも勉強仲間の間では(みんなそうだと思うが)


『人生の成功』のきっかけを得るためである、ということは共通している。




誤解を恐れず言えば、小生は中小企業診断士そのものになりたいから中小企業診断士を目指しているわけではない。


じゃあ何か。

うまく説明するのは難しいが、

①人の役に立ちたい、誰かの助けになりたい

②存在する意味がある人間になりたい

③自分自身が成長し続けたい

④『人生の成功』に至る早道切符を手に入れたい



といったところだろうか。


中小企業診断士になったあとに、叶えたい夢がいっぱいある。


中小企業診断士以外にも、自分が目指す山頂に至るための登山ルートはいっぱいあると思うが、その切符がなかったら、夢に向かって相当迂回することもまた事実。



中小企業診断士試験の合格は、長い人生で考えたら『人生の成功』を得るための手段に過ぎないが、今は「生きる目的そのもの」と言っても過言ではない。

何より勉強がとても楽しい。新たな知識が身につくことがとても楽しい。ストイックにがんがっている自分に酔うのもちょっと気持ちいい。



というわけで、体調不良も乗り越え、今、乗りに乗って勉強に勤しんでいます。

かなりいい感じで進んでいる。

今月は本当に、生粋で勉強しかしない予定(特に財務は徹底強化)。

しかし、来月からは勉強時間も質・量を確保したうえで、人生を豊かにするための新たな取組も取り入れる。







5月には、ムッシュも本格的に診断士の学習に復帰すると言っている。

5月に二人とも某M社の模試を受けるつもりだが、財務がかなり得意なムッシュは

「財務ではjourneyさんに負けませんよ(ニヤリ)」

と言っている。

ムオオ・・・

ムッシュに負けるわけにはいかない!!



この1ヶ月、それぞれ違った取組の中で、お互いにどんな成長や学びを得られるのか。


1ヶ月後のムッシュとの邂逅が楽しみです。

テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。