--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/08/19 (Wed) 06:32
2009年合格目的の二次対策(ざっくり)

一次試験終了後、遊びに行ったり出かけたり呑みに行ったりと完全に勉学から離れていますたが、昨日の夜、鬼のように溜まりまくっていた二次対策資料を3時間くらいかけて整理・整頓・清掃・清潔・躾しますた。

今年こそ二次試験に合格するために、今日から学習再開です!!!


以下、自分用にざっくり二次試験対策のスケジュール:


■ 8月の課題(残り10日ちょっとだけど)
・去年作成した事例ごとの二次対策ノートの振り返り
・去年作成したファイナルペーパーの振り返り
・去年申し込んだTAC二次上級直前パック事例の振り返り(解きはしない)
・去年チャレンジした財務事例約50事例分の振り返り(解きはしない)
・解法プロセスの再確認→確立
目的⇒二次の勘を取り戻す


■ 9月の課題(予定)
・過去問4年分ぐらいガチで解きなおす
目的⇒プロセスの確立

・TAC二次上級直前パック通学
目的⇒新作対応、モチベ維持、ペースメーカー、自習室活用


■ 10月の課題(予定)
・去年超やった財務事例を厳選して皿回し
目的⇒計算力・電卓力の維持



今のところこれくらいか。去年実施した二次対策の1/10のボリュームもないと思いますが。


今年は勉強以外にも適宜遊びに行ったり、呑みに行ったり、ジムで体を鍛えたり、友人・知人と交流したり、仕事に励んだりと、そんな感じで二次試験までの時間を過ごします。


でもキチッと結果を出します。





スポンサーサイト

テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2008/10/13 (Mon) 21:50
過去問全28事例分析

今日は当初の予定どおり、H13からH19までの全28事例の過去問分析。


やってみての感想:いや~~~~~~~~~~~~~~、やってえがったぁ~~~。



実は最近は財務とFPの充実ばっかりやってて、過去問は少し遠ざかっていた。

H13とかも、それに限らず全体的に久しぶりにがっつり向き合って、カナーリ得るものがあった。


遠ざかっていたからこそ、客観的に向き合えるようになった、と言うべきか。。。



去年、本試験に臨む前は、【診断士の二次試験】は

【鵺(ぬえ)】

のようだと思っていた。試験終了後、ますます鵺のようだと思うようになった。





あれから1年、ようやく【診断士の二次試験】とはどんなものか、を全体枠で捉えられるようになった気がする。






いける。


心穏やかに、気持ちは強く、平常心で17時まで闘い抜けば、必ず合格を掴み取れる。




そんな印象、いやはっきり言ってしまいますが【確信】を持てるようになった。


心穏やかに。気持ちは強く。平常心を保ったまま、17時まで本当の自分と闘い、4社の中小企業のタコ社長に対して真摯な診断報告書を提出してきます。





今は、『今』のことしか考えない。19日の17時、ゴングがなるまでは、『今』のことしか考えない。

『過去』のことも『未来』のことも『試験翌日』のことも『試験が終わったら誰とどこに呑みに行くか』も考えない。

仕事のことも考えない。

19日、あと数日に迫った診断士の二次試験に、全神経と全精力を集中する。当日、如何に『普段どおりの自分=ベストを尽くせる自分』でいられるか。

『そそっかしい・あせりんぼ・思い込みが激しい自分』を封じ込められるか。

そのためにはどうすればいいか。

それ以外のことは何も考えない。






がしかし、というか何というか、予定どおりに学習が進まないのは世の常。。。


つい先日立てたプランが、かなり押し押しになっている。。


とりあえず優先順位の低い【イケカコ】と【簿記1級テキスト】のさらっと確認は、見送りにするかな。。。



明日は仕事の関係で帰りがかなり遅くなるので、時間と余力があればTAC集中特訓のさらっと確認に費やします。


もちろん、通勤FPと職場財務はガチで確保しますよ~。




追記:今日全過去問を一通り分析したら、自分が【自己最高解答】だと思って仕上げてきたものが、何だかイマイチに見えてきた。やはり、80分という既定の枠を超えて思考を費やすことで、かえって分かりづらくなっていたんだな。この期に及んでは、自己最高解答を作成することの意義は薄いと考えるため、自己最高解答を突き詰めることはしません。

かえって【80分】で紡ぎ出した解答のほうが、相対的に見たら出来は良かったりしますからね。

テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2008/10/10 (Fri) 19:11
個人的備忘:これから試験までの取組

勉強仲間に倣い、これから試験当日までの取組を、1日単位で整理すてみた↓


11(土・休日出勤)
通勤FP熟読⇒思考、帰宅後はTAC全事例振り返り

12(日・休日出勤)
通勤FP熟読⇒思考、帰宅後は直近財務の振り返り、TAC集中特訓サラッと確認

13(月・祝日)
朝~夕:自習室で全年度の過去問28事例チェック 帰宅後:事例毎のミス頻出ポイントの抽出

14(火・業務の都合で帰宅が確実に遅くなる予定) 
通勤FP、職場財務、イケカコさらっと確認

15(水・帰宅早い)
通勤FP、職場財務、帰宅後一次財務と企経確認

16(木・帰宅早い⇒夜はトンカツ食べる) 
通勤FP、職場財務、帰宅後イメトレ&簿記1級テキストさらっと確認

17(金・ごり押しで有給休暇取得) 
過去問か何か4事例(80分×4)、財務少しやる、当日のイメトレ

18(土・もちろん休み) 
財務少しやる、FP熟読、イメトレ

19(日・決戦の日) 
6:00起床
過去の事例演習でビシ~ッ決まった美しい解答(100字)を、この上なく丁寧な字で写経
CF一発やる

出陣

電車内はFP見る
音楽聴いて外界との接触を遮断

試験開始1時間半前には会場入り

さっさと席に着き、精神統一を図る

事例Ⅰ~Ⅲは、始まる前に【最後の1行】だけ確認⇒あとは目をつぶって音楽聴いておく

事例が終わるごとにブドウ糖やチョコで糖分補給⇒その後ストレッチしてビリーズブートキャンプやって周りの受験生を威圧

昼はおにぎりとかバナナとか軽めに


~事例Ⅲ終了~

15:20~15:40の休憩時間は、最後の聖なる精神集中タイム。“過去”も“未来”も一切考えない。“今”、これから臨む財務事例に全ての神経を集中する。


【そそっかしさ・拙速・思い込み・思い上がり】など、自分のマイナスな特徴を全て排除し、この80分だけは問題に対して謙虚に、素直に臨む。


17:00終了

号泣

テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2008/09/23 (Tue) 23:56
個人的備忘:財務初見事例7連発を終えて

今日は真性変態の勉強仲間との財務初見事例7連発大会:以下個人的備忘


■ 極限状態で財務事例を解く

前日の睡眠時間3.5時間の中、朝7時前に都内某所に集まり、21時までぶっ通しで財務初見事例7連発。

体力的にもきつく、途中マジで吐きそうになるが何とか乗り越える。



■ 計算能力以外の不安要素を払拭する

かなり重量感のある財務事例を7連発ぶっ通しで解いたが、計算能力はこの1年の猛特訓のおかげでそれなりについていることを実感。

診断士受験生業界イチの修羅である【苦楽苦楽氏】と互角に競り合えたことは、少なからず自信につながる。正直模試で上位入賞するよりも全然うれP☆

第4回MMCもっし~や直近のタッコ財務演習で憤死した地獄体験から不死鳥のように甦り、地獄と天国を超短期間で味わうことができた。



■ 帰宅後の電車にて簡易復習を済ませる

ガッツリ復習すべき箇所は1,2ヶ所であることを確認。その他の出題予想分野は、それなりに完答の期待値が高いと認識。

がしかし、自分の場合、計算能力そのものではなく、慢心やプレッシャー、設問の読み込み、計算後の見直しなど、その辺に魔物が潜んでいることを認識すべし。



■ 今後取り組むべき課題も明確になる

財務事例高速大回転は少しペースを落とし、厳選した珠玉の事例を【いかせんべい】のようにじっくりかみ締めるやり方に切り替える。直前期における自身の課題は計算能力の向上ではない。如何にポカミス発生を防ぐか、である。

如何に解法プロセスの中にフェイルセーフを幾重にも張り巡らせるか、それについて思考を巡らせ、プロセスを再確認することのほうが重要である。

Ⅰ~Ⅲについては、過去問を用いて基点からゼッタイにはずれない特訓を更に強化する。





油断はしない。

勝負の日まであと25日、まだまだ勝利は遠い。




2008/09/16 (Tue) 10:52
【自分用備忘:重要】直近のテーマ

おはです。先日も幣ボログにうPしますたが、PDCAの検証の対象をタッコとTBCに絞ります。


■予備校事例との付き合い方

試験まで残り1ヶ月、あれこれ無目的に手を出すべき時期ではありません。自身の課題を見極め、それらを着実にクリアしていく学習を進めます。


初見事例をやるとしたら、それらを満足できるぐらいやり終えた後、もう十分やるべきことはやったから、念のためタイムマネジメントの確認でもしとこうか、と思った場合でしょう。

いずれにせよ、優先順位は低いです。

あと、手書きのノートに振り返りなどもまとめていますので、それらを熟読して反芻する作業も加えす。



■ 財務について

勉強仲間から提供いただいた初見の財務事例については、今月某日に真の修羅と変態勉強会するので、その際に8事例ほどを全部解きます。他、手垢がついた皿回し用財務事例(約35事例)は再度絞込みを進め、対象を約20事例に絞りました。それも毎日機械的に回します。

あと、どこかのタイミングで直近3年分程度、一次の財務をときなおす時間を設けます。



■ 過去問について

H13~H19の全28事例につき、今週末(って言っても21はMMC第4回の模試を受けるから20日の土曜しかないが)に鬼のように自宅にひきこもり、自己最高解答作成に一通りの目途をつけるつもりです。これらの作業はPC上で行い、最終的には写経して文章のリズム感などを体に染み込ませます。

写経の際は、勉強仲間のCIOから受領した、付加価値が超高い『字をキレイに書ける右ナナメ6度シート』を活用して、ついでに字の『キレイ化』も図ります☆



■ この時期最も大事な精神修行系学習

Mさん・Mさん・Hさん・K講師から、それぞれメールや対面にて小生自身の解答そのものやプロセスに関する助言をいただいたり、これからいただく予定ですので、それらの言葉をしっかり噛み砕く精神修業的な学習を進め、自身の解法プロセスや解答の書き方に反映します。







| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。