--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/12/14 (Fri) 21:32
再現答案事例Ⅳ(評価D、述懐つき)

平成19年 中小企業診断士二次試験 再現答案

※ 再現答案のため、字数制限に満たない解答が多々ありますが、本番では全ての問題において、誤差2文字以内で収めています。つまり、「書く技術」はそれなりに備わっていた、ということです。

※ 予想C→結果D(まさかDとは思わなかった。感想は後述)

事例Ⅳ
第一問(25点)
① 売上高総利益率 22%
唯一の収益源である取扱薬局の減少による売上高の減少に対応せず、新たな販路を開拓しないため、粗利益段階での収益性が悪化した。
② 固定資産回転率 2.09回
新製品を開発するための設備投資を行っていないため、資産が有効に活用されず、資産の効率性が悪化している。
③ 従業員一人あたり売上高 19.33百万円
従業員を効果的に活用せず、既存の製品開発や商品の販売に終始しているため、従業員一人あたり売上高が低下している。
自分では2/3は書けた!!と思っていたが、それでもDか。。。他の人の答案(特に事例ⅣがAで不合格の人の答案)を集め、事例ⅣでAを取るために必要なものを追求したい。

第二問(25点)
設問1
50.0%  1,285百万円
設問2
唯一の収益源である取扱薬局の減少により売上高が減少し、固定費の負担が重くのしかかり、限界利益や営業利益が悪化する。
ハイ、まずこの記述でやっちまってます。「固定費の負担が重くのしかかり・・・」って。。。全然損益分岐点分析になってない&全く診断士としての解答になっていない。こんな幼稚なサマリーを中小企業の社長に見せて、一体どうしようというのか。

第三問(25点)
設問1
△22百万円
設問2
設備投資額を抑え、営業CFが多い製造方法を選択し、迅速に研究開発に着手、設備投資を行うべきである。
ここが今回の試験で二番目に「へたこいた~!!」と思った箇所。まず年金現価係数に踊らされ、営業CFの期待値に年金現価係数をかけて、もう1回1.1で割り引けばいいところ、さらにもう1回1.1で割り引いてNPVがマイナスになっちまった。設問2も、NPVがマイナスなのは営業CFが発生するのが遅いからだ!!と考え、「迅速に~」と書いた。管理会計の基本がまったくわかっていなかった証拠。「それぞれどのような意思決定を行うか」という設問の題意にも、全く応えていない。


第四問(25点)
設問1
①保護の観点から、厳正な情報管理体制を整備し、個人情報の流失を防ぐ。②活用の観点から、貴重な顧客情報を製品開発に活かす。
今回の事例で一番「へたこいた~!!」と思った箇所。まず設問1、個人情報と顧客情報は全く異なるものです!!本番では「よし、これで他の受験生と差別化できた♪」とガッツポーズしたが、不合格のほうに差別化が進んでしまった。個人的にはこれが致命的なミスとなり、D判定を喰らったのではないかと考えている。言葉の捉え違いは、題意の捉え違い以上に致命的なダメージにつながると実感。


設問2
資産が減少し、資産で収益を稼ぐ構造から、費用で収益を稼ぐ方法に変化する。
ここは本番では何を書いていいか分からず、思考停止した典型的なケース。以前会社の財務研修で、講師が「IT企業はコンサル企業は資産を持たず、費用で収益を稼ぐ構造である」と言っていたのを思い出し、それをそのまま書いた。インターネット販売に進出しても、D社が製造業であることは変わらないのに。。。与件に基づかず、思いつきで書いても点にはつながらない、という典型的なケースだろう。



事例Ⅳの感想
結局、各設問の、特に記述問題で知識の浅さを露呈し、その結果がD。財務は総合的に底上げしなければいけないと痛感。でもただ闇雲に計算問題や書籍や過去問に取り組むのではなく、各ランクの答案を分析する中で、今回どういう答案がAだったのかを分析し、求められているものを導き出し、回り道をしないような取組みをしたい。


スポンサーサイト

テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2007/12/14 (Fri) 21:28
再現答案事例Ⅲ(評価A、述懐つき)

平成19年 中小企業診断士二次試験 再現答案

※ 再現答案のため、字数制限に満たない解答が多々ありますが、本番では全ての問題において、誤差2文字以内で収めています。つまり、「書く技術」はそれなりに備わっていた、ということです。

※ 事例Ⅲも、ほぼ100%の再現率。予想A→結果Aで、やはり納得できた事例。この事例に関しては、全設問のプロットが固まってから一気に書き上げた。終わったあとも、「この事例はできただろう」と心の中でガッツポーズ。


事例Ⅲ
第一問(20点、強み20字×2、弱み20字×2)
強み:一貫体制や夜間配送で短納期を実現している
   最終ユーザーに直接企画営業を展開している
弱み:両面印刷機を持たず、生産能力不足である
   収益性が悪い、広告代理店との取引が多い
与件を見ると、他にも強みっぽいものや弱みっぽいものが散見されたので、他の設問との一貫性を意識。

第二問(20点、120字)
広告代理店との取引は収益性が悪く、最終ユーザーとの接点も少なくトラブルも多いため、既存の得意先との取引に留める。取引に際しては、印刷企画にC社も参画させてもらい、最終ユーザーと直接打ち合わせをすることで、トラブルや印刷予定の混乱を防ぐ。
利益率が低いこと、第1問で弱みとあげたことから、否定的スタンスで書いた。ただ、「既存の得意先との取引に留める」と書いたのはいけてない。せめて、「取引先の選別を行う」ぐらいのスタンスで書ければよかった。

第三問(20点、140字)
管理すべき項目は、受注、納期の状況、生産工程や工場の進捗・余力状況、顧客から受領するデータや印刷データ、生産予定である。これらの項目を、インターネットを利用してリアルタイムに共有する。お互いの状況が分かることで、営業と工場の相互理解が深まり、受注から生産の業務が円滑に遂行する。
これって、ほぼ毎年聞かれていることですよね?キーワードは思いつくままに入れた。あとは聞かれたことに答えるよう意識した。3文構成で、最後に効果を書くことができたのは、自分の中ではかなりイケテイルと思ったのだが、いかがだろうか?

第四問(20点、160字)
新規事業の展開や競争環境の変化を踏まえ、両面印刷機を導入する。ただし、①生産予定の混乱を防ぐ仕組みの整備、②本社と工場の連絡を円滑に行う体制の整備、を行い、現状でできる限りの残業対応を解消したうえで、設備投資を行う。設備投資に際しては、現有の片面刷りの印刷機を一部売却し、設備投資の資金に充当する。
今年の事例で一番議論が割れた設問。ただ、小生は本番でも、ここは投資する・しないではなく、その内容の論理一貫性や妥当性で点差が開くと判断した。小生の場合は第1問で弱みと挙げたため、それに沿って書いただけ。また、マンパの模範解答は「投資しない」で書いていたが、解説セミナーのときに看板講師の山口先生が「でもこの企業はいずれ両面印刷機を導入しないとつぶれる。大事なのは、①何のために導入するのか(繁忙期対応って書いたらアウト)、②いつ導入するのか、そしてそれをどう書くかだ。」と言っていた。まさにその通りと思った。

第五問(20点、140字)
新規事業への取り組みの強化をアドバイスする。①一貫生産体制を生かし、顧客への短納期対応が可能なため、②高付加価値のサービス提供により、高収益が期待できるためである。個人情報には厳正な管理が要求され、繁雑な業務が増えるため、生産・配送体制を整備するとともに、管理体制を強化する。
ここも、設問の趣旨は新規事業に力を入れることを前提としていると判断したので、その通りに書いただけ。あとは個人情報の管理に気をつける旨をしっかり書いただけ。



事例Ⅲの感想
事例Ⅲに必要な知識はなかなかイメージでは浮かんでこないが、最近の本試験の事例Ⅲはオペレーションが聞かれることが殆どないため、この傾向が続くのであれば実は取り組みやすい事例なのではないかと思う。でも、だからと言って知識が不要なわけではない。TBCの模範解答を見て「なるほど、そういう捉え方もあるのか。」と思った。事例を解く上で、確かな知識は強力な武器になる、ということを(後から)実感した事例。今後も事例Ⅲに限らず知識を深めるための学習は怠らない。

テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2007/12/14 (Fri) 21:27
再現答案事例Ⅱ(評価A、述懐つき)

平成19年 中小企業診断士二次試験 再現答案

※ 再現答案のため、字数制限に満たない解答が多々ありますが、本番では全ての問題において、誤差2文字以内で収めています。つまり、「書く技術」はそれなりに備わっていた、ということです。

※ 事例Ⅱは、ほぼ100%の再現率です。予想A→結果Aで、その点は納得できた事例でした。

事例Ⅱ
第一問(20点)
設問1(30字×2)
従業員の技能や顧客対応力を活かし、顧客との絆を強固にする。
長年で培った地元業者との信頼関係を生かし、売上向上策に活用する。
何が強みかは与件文を見れば明確なわけで、できるかぎり設問の聞かれたカタチにしよう、と30字でうまくまとめたつもり。

設問2(80字)
業務用の専門品と、DIY用品の品揃えを強化する。長年で培った地元業者との信頼関係を守り、消費者の趣味の需要に対して高付加価値なさービスの提供を行うためである。
これも与件を見れば、どんな品揃えを強化すればよいかは明らか。また、設問1で挙げた強みをいかす、ある意味セオリーどおりです。

第二問(30点、100字×2)
1:各種イベントや講演会を積極的に行う。B社の従業員の技能や顧客対応力、長年で培った地元業者との関係を生かし、顧客と直接接することで、顧客との関係性が強化され、顧客生涯価値の向上につながるからである。
2:インテリアプラン提案サービスを強化する。有資格者の技能を生かして高付加価値のサービスを提供しており、B社のプランをそのまま採用する施主が増えているためである。
今後成長が望める施策を与件からそのまま抜き出した。ただ、文章表現等、「書く技術」には改善の余地ありと思っている。

第三問(30点)
設問1(80字)
大手ホームセンターは、チェーンオペレーションを生かした流通パワーで、総合的な商品の品揃えを展開している。B社は、地元のつながりを生かし、専門品を充実させている。
おそらく本番ではみんな「流通活動って何じゃ!?」ってテンパったであろう設問。小生は、「多店舗展開」は流通活動とは関係ないのではと思い、あえて「流通パワー」と言い換えてみた(造語?)。あと、品揃えで切ってみた。

設問2(80字)
大手ではカバーしきれない少量で専門品の取扱いを充実させる。取引先との長年の付き合いを生かして大手との差別化を進め、地域資源を活用して生き残りを図る。
ニッチを狙うのが中小企業のセオリーのため、そういった書き方を心がけた。また、強みを活かすのも定石。地域資源は、07白書で散々言われていたので、とってつけで書いただけ。でもきれいにまとまったか。

第四問(20点)
設問1(50字×2)
1:指導員の育成、知識・技術向上のために、積極的に社員を技術研修に参加させ、能力開発に努めている。
2:報奨制度、特別昇給、顧客対応No.1社員への表彰、一日店長の体験等により、従業員の士気向上に努めている。

設問2(100字)
ESを向上させることで顧客に対するサービスの質が高まり、相対的にCSが向上する。各種イベントや講演会におけるきめ細かい対応、高付加価値なインテリアプラン提案サービスの提供により、顧客満足が向上するため。
サービスマーケはもはや事例Ⅱの定番と化したのか?ここはある程度勉強した人なら大体書けるでしょう。


事例Ⅱの感想
全体的に書かせる文字数も少なく、与件文も短く、取り組みやすい事例だった。だからこそ、ちょっとした言葉やキーワードの使いようで、点差が開くと感じた。今後も、自分が考えていることを100%伝えるための「書く技術」の研鑽は、止むことを知らない。



テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2007/12/14 (Fri) 21:24
再現答案事例Ⅰ(評価A、述懐つき)

平成19年 中小企業診断士二次試験 再現答案

※ 再現答案のため、字数制限に満たない解答が多々ありますが、本番では全ての問題において、誤差2文字以内で収めています。つまり、「書く技術」はそれなりに備わっていた、ということです。
※ 予想B→結果A

事例Ⅰ
第一問(10点、100字)
①マクロ面では、宝飾品は専門品、嗜好品であるため、景気動向に自社の業績が左右される。②ミクロ面では、消費者のニーズや好みの影響を受ける。③内部の面では、優秀な従業員を継続雇用・育成する必要がある。
いかにも「不透明さ、複雑性」で切ってくださいと言わんばかりの設問だが、それに捉われて試験委員の考えから大外れしてしまうのがこわかったため、環境分析の定番切り口である「マクロ環境・ミクロ環境・内部環境」で切った。結果として、これでよかったと思っている。


第二問(15点、150字)
メリットは、①立地条件や有名百貨店、大手ショッピングセンターの知名度を生かした集客効果が高い。②相対的に高所得の優良顧客候補の来店が多い。デメリットは、①A社の知名度が低く、他のブランドと比較された際に埋もれやすい。②売り場面積が限られるため、A社の商品をフルラインで紹介することができない。
ここはちゃんとメリデメを書ければ、そんなに点差は開かないでしょう。

第三問(15点、150字)
直営店を、認知度向上や情報発信の拠点として活用する。①都心の好立地を活かし、周辺店と連携して、PR活動を行なう。②外国人デザイナーを来日させ、国内での認知度を向上させるとともに、海外の顧客を誘致する。
ここは人により、組織で書いたかマーケで書いたか、大きく二分されるのでは。「外国人デザイナーの来日」は、本番では瞬時にサマンサ・タバサの戦略が思い浮かんだ。これでも与件に基づいているつもりだが、おそらく世界に1つだけの解答だと思われ。


第四問(45点)
設問1(15点、100字)
Xブランドは高級品なので、商品の回転率が低い。そのため給与水準や業績の反映度に貢献されず、年齢や業界経験年数の高い従業員の満足度が、相対的に低い傾向を示している。
本番では100字書いたが、内容はこんなもの。一番テンパった設問。読み込み、考えが浅かったので、契約社員のことまで思いが至らなかった。商品回転率って・・完全にマーケ。。。間違ったことは書いていない・・・のか?

設問2(15点、100字)
インストアショップは2~3名の少人数で運営しているため、人間関係が硬直化し、責任権限の委譲や円滑な部門間連携、迅速な意思決定がなされない。そのため、インストアショップの従業員の満足度が相対的に低い。
間違ったことは書いていないはず、と思いながらも、設問3との切り分けに四苦八苦。

設問3(15点、100字)
インストアショップは2~3名で運営しており、人間関係が硬直的で、個人の不満が溜まりやすい。解決策は、積極的にローテーションを行い、人事交流を活発にすることである。
設問2とも内容がかぶり、完全にやっつけ。将来像やキャリア、上司に対する不満が、果たしてジョブローテーションのみで解決されるのだろうか。本番では100字書いたが、ここもあまり点は入っていないと思われ。

第五問(15点、100字)
①売上面で、積極的なブランド認知度向上策の採用や、FSPによる優良顧客の囲い込みにより、客数と客単価の向上を図る。②原価、費用面で、仕入価格の減額交渉や業績連動型賃金制度の導入により、収益性の向上を図る。
ここは一番力を入れた。「収益」構造の改善なので、売上向上策と利益を出すためのコスト削減策で切り分けた。


事例Ⅰの感想
第4問がコア設問と分かるも、何を問わんとしているのか全く分からず。考えれば考えるほど何を書いていいか分からず、結局与件べったり。設問2と3は内容がかぶりマクリスティ。しょうがない、他の設問で取れるだけとり、事例ⅠはB狙いで行こう!!と決めるも、書かせる字数も多く、パニック寸前になった。本試験の怖さを思い知った事例。まさかAとは思わんかった。でも限りなくBに近いAだろう。今後の分析は、止むことを知らない。


テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。