--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/04/29 (Tue) 21:46
【書評】山口絵理子さんの生き方

裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記



          


株式会社マザーハウスの山口絵理子、という人をご存知の方はいるだろうか。


小生の嫁っちが、TBSの『情熱大陸』という番組が好きでいつも見てるのだが、そのときにたまたま小生も番組を見て、その回が彼女を特集した回だった(いつだったっけ?2月か3月だったかな?)。




最初は何気なく見ていたのだが、彼女のあまりのパワフルさに圧倒され、番組終了後に彼女が代表取締役を務めている株式会社マザーハウスのホームページもチェックしてみた。




その後しばらく忘れていたのだが、たまたま本屋で山口さんの書籍を発見して、


「あっ、この前情熱大陸に出てた人だ。本も出してるんだ~。」


と思い、パラパラと読んでみた。


パラパラと読んでみたら、立ち読みで済ませる気にならず、買ってきた。そして読了。



とにかく、すんげ~~~~~~~な、と思った。


山口さんの経歴を簡単に紹介すると・・・


小学校のときに激しいイジメにあう

中学はその反動で非行に走る

高校は偏差値40の工業高校の「男子柔道部」に自ら飛び込み、死ぬほど激しい練習に耐え抜く

女子柔道で日本のトップクラスになる

偏差値40から受験勉強3ヵ月で慶應大学に合格

大学のインターン時代、ワシントン国際機関で途上国援助の矛盾を感じ、アジア最貧国「バングラデシュ」に渡り日本人初の大学院生になる

必要なのは施しではなく先進国との対等な経済活動という理念で23歳で起業を決意

株式会社マザーハウスを設立し、あらゆる苦難を乗り越えビジネスを軌道に乗せる




断固成し遂げる!!という意思の強さと、行動力がハンパじゃない。こんな小さそうな体のいったいどこにこれだけのパワーが秘められているのか、不思議になるくらいです。口先だけじゃない、本当の行動力を感じました。


翻って自身を鑑みるに・・・・



つめの垢を煎じて飲ませていただきたいぐらいです(恥)



久々に、自分の中で激しくヒットした本です。


今、自身は安定した鳥かごの中で安定した暮らしを享受していますが、安定した鳥かごから出て


自由に生きる

自分が信じた道をゆく



という生き方を選択することは、こんなにしんどいことなんだな、と改めて再認識した。



でもあきらめずにやり続ければ、きっといつか必ず光が差すんだろう。



今後の自身の生き方、進むべき方向性にとって、参考になった1冊です。激しくオススメです。




スポンサーサイト

テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2008/04/13 (Sun) 21:33
ユダヤ人大富豪の教え~幸せな金持ちになる17の秘訣~

今日、視力矯正のクリニックに行く往復の電車で読了。


    

いつものとおり、盟友のムッシュが激しくオススメしてくれた本。著者は本田健氏。



ムッシュが教えてくれるまで詳しくは知らなかったが、本田氏もカリスマコンサルタントでありカリスマ経営者でありカリスマ投資家でありカリスマセミリタイアメントであり、つまり人生の成功者、なんですな。



『人生の成功者』が伝えたいことって、やはり大体同じなんだな~、というのが正直な実感。


もちろんそれぞれの著者自身の経験を通して、著者自身のフィルターを通して色々な表現を用いて伝えようとしてきますが、伝えようとしている内容自体は、大体同じこと。



それすなわち、やはり我々が生きている世界には『成功の真理』というものがあって、まだ成功していない者には茫漠としていてつかみどころがなくて分からないんだろうけど、成功者から言わせると「こんな簡単なことなんだよ~☆」ってことなんだろうな。


そんな中、この本で今の小生に一番心に響いた箇所が、正しいセールスの仕方。何だ、正しいセールスって、そんなに簡単なことなんだ、と。でもきっと、正しいセールスっていうのはそういうことなんだろうな、と。

次に響いたのが、みんなが幸せになるとはどういうことなのか、ということ。そうか、そりゃそうだよな~、と。



他にこんな言葉もあった。

「偉い人には、あたかも彼が偉くないように接しなさい。

そして、偉くない人には、あたかもその人が偉い人のように接しなさい。」

これは小生の身の回りにいる(今の時点では小生より上のステージにいる)成功者の方と接していてとみに感じることだが、本当に成功者な人は、謙虚に、誰にでも分け隔てなく接する。全然偉ぶったところがない。だからこそ魅力的なんだろう。

ひるがえって自身を鑑みるに。。。

まだ成功していないため、とてもその境地には達していない。

まだまだ成長はこれからだ。





自己啓発系、成功哲学系の本は昔からよく読んでいたが、こうまで同じようなことが書いてあると、もはや疑う余地ってないな~、って思います。

だったら、数々の成功者たちが伝えようとしていることを、そのままTTPして実践したほうが、人生の成功にはグッと近づくのは、自明の理、ですな。



いずれにせよ、


「人生の成功者になりたい!!」


ってヒトにはオススメの本であることには間違いありません。


逆に


「何でもいいから、とにかく金がほしい!まずは金銭欲を満たしてからだ!」


というヒトにはオススメしません。






ところで最近、徒然なるままに買い求めた未読の本が、企業戦略系、マーケティング系、組織人事系、成功哲学系、流通系、いいお話系、生活一般系など、約20冊溜まっている。


「早く読み尽くした~い☆」という欲望を、今月は抑えている。


来月に休日を丸々使って、これらの本にどっぷり使って読書する、という素敵な時間の使い方を考えています。


診断士の学習はもちろん大事ですが、それと同じくらい、様々な活動を通して人間の幅を広げることも大事だと思います。


テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2008/02/09 (Sat) 21:06
圧倒的な読書量が人間性を深める?

勝間和代さんの読書量はすごい。

かつ、読書領域は専門の金融や経済にとどまらず、

自己啓発

自然科学・社会科学

経営・会計・マーケティング

物語


など、実に多岐にわたっている。

『専門性を深めることも重要だが、幅を広げて視野を広く持つことも重要である』

という、成功者からの教えを示唆されているような気がする。


診断士・経営コンサルタント・経営者・事業家を目指すなら、なおのことそのようにアンテナを高くする必要がある(と考える)。




かくいう小生も昔から読書好きで、以前は小説や歴史物が殆どであったが、歴史物からも多くのことを学んだ。

特に、童門冬二著の『上杉鷹山 上・下』

     

      

学生の頃に読んで、深い感銘を受けた。現代にも通じる『あるべきリーダー像』の要素が凝縮されているし、歴史小説としても非常に面白い。

ここ最近は診断士の学習を始めたこともあり、

経営戦略

組織・人事
(特に『どのようにして人のモチベーションを向上させるか』系の本が好き)

マーケティング

生産管理

財務・会計

自己啓発


関連の書籍にほぼ特化しているが、試験終了後(もちろん今年は二次試験合格!)は、勝間さんのように読書の幅を広げて思考を深めたい。

2008/01/23 (Wed) 20:45
犬飼ターボ氏の『CHANCE』を読んで

先日、数人で呑んでいたときに盟友が「読むべし!」と薦めてくれた本です。


      


・・・はっきし言って超名著でした。しかも小説仕立てなので、とても読みやすい。


この本を紹介してくれた盟友に感謝の意を表します。

物語調の中に、犬飼氏が培ってきた『人生を成功するためのノウハウ』がぎっしり詰まっていて、噛めば噛むほど味が出るいかせんべいのようで、


「まるでこれは診断士試験の二次事例や~」

「まるでこれは診断士試験の二次事例や~」

「まるでこれは診断士試験の二次事例や~」

「まるでこれは診断士試験の二次事例や~」


とひとり彦麻呂しました。重要な与件だらけです。どの部分が心の琴線にひっかかるか、それは読んだ人次第です。

小生は読了後、付箋だらけになりました。


診断士学習にも間接的に関係があるし、これからも『人生の節々で、折に触れて読みたい書籍リスト』に加わりました。


その時に盟友が酔っ払いながら「〇〇さん、メモとんないとダメっすよ~」と言っていた理由が、この本を読んでよ~~~く分かりました。

小生もこの本に出てくる弓池さんのような人間になることを目指し、人生に対する崇高な精神を持ちたい、そうなりたい、いやなる!!と固く誓いました。


著者である犬飼氏は起業家、事業家を経てキャッシュフローの源泉を確立し、今は悠々自適の生活を送っているとのことですが、起業するか否かという次元で語られてはいません。


『仕事(ビジネス)で成功』したいのではなく、『人生で成功』したい人にオススメの本です。


テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。