--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/11/04 (Thu) 23:55
心の整理

ブログを書こうか書くまいか悩んだのですが、自分自身の心の整理整頓のために書くことにしました。


試験終了後、例年のようにただちに再現答案作成に着手し、各校の模範解答も集めて分析しました。


結果、不合格の可能性を考慮せざるを得ません。


いずれにせよ受かるか落ちるか、100か0しかないのですが、僕の場合もう来年は受けられません。


受かっていれば受かっていたで少々はしゃぐかもしれませんが、周囲への配慮や感謝を忘れず、自身が進むべき道を淡々と謙虚に進むのみなので対応は簡単です。


問題は、不合格だった場合です。
ダメだった場合、僕の場合はもう来年は受けられません。

会社を辞めて世界一周に行くという不確実性が極めて高い道を自ら選んだわけだし、もう今年が最後の挑戦と自分の中で位置づけてきました。

この試験は、受け続ければいつか必ず受かると思います。

最も肝要なのは、受かるまで受け続ける強い心を持てるかだと思います。

短期間で受かる人は、自分がなぜ合格したのかの合理的な説明をできないと思います(決して嫉妬で言っているわけではありません。と思います)。

受かるまで受け続ける。色んな要素が組み合わさって、そのうち受かる。それが早いタイミングなのか遅いかだけだと思います。逆に、2次試験を受ける人はみんな合格できる素養を持っているのだとも思います。

僕の場合、本当に本当にこの試験に合格したかったので、世界一周に行かず会社に残るという選択肢を選んでいれば、受かるまで受け続けると思います。


ところが、僕と妻は、会社を辞め、安定を捨て、人生やりたいことをやる!という道を選びました。


そんな状況ですので、今年ダメだったら、強がっていても(強がっているように見えても)自分自身かなりのダメージを受けることが予想されます。だから、いまのうちに自分の心に予防線を張っておきたいと思います。

受かってたら「嗚呼~杞憂に終わってよかった~♪」ってただの笑い話になるだけだし。











ということで前置きはこれぐらいにして、自分のために今年の試験を振り返りたいと思います。再現答案も作成し、各校の模範解答も集めて分析したので、かなり客観的に自分の答案を振り返ることができます。
あくまで自分が振り返る用なので全て主観です。



事例Ⅰ:結果として、そこそこ対応できていたようだ。各校の模範解答と見比べ、要所要所では足りない箇所も随所にあり、特に第1問は何が言いたいのかよく分からんことを書いていたが、その他の設問は概ね題意を捉えていた。とはいえ、今年の事例Ⅰはかなり簡単だった。なので、自分ではそこそこ対応できたつもりでも、回りができていたら相対的な評価は平凡なものとなる。予想:B


事例Ⅱ:かなり簡単だった。こんな簡単でいいのか?予備校の模範解答も全ての設問がほぼ同じ趣旨を書いている。合格レベルの受験生はほぼ全設問で同じことを書いてくるだろう。予想:A


事例Ⅲ:やっている最中は与件の根拠を基に書いた気がしていたが、振り返ってみるとグッダグダ。診断のセオリーも、SWOT分析の意味も全然遵守できていない。各校の模範解答も大いにバラツキが発生しているが、それでも的はある。というかあった。自分の解答は、その的を捉えていない。今年の事例Ⅲは難しいぜ~!ってのは与件を読んだ段階で分かっていたのだが、パニックになっちゃったのかな?冷静な対応ができなかった。てか、冷静な対応ができていればもっと以前に受かってるか。第4問は、方向性を少し間違えた。対応策は大いに間違え、かつ解答の得点要素も相当抜け落ちた。ところで結局、第3問は何が正解なの?各校の解答は割れまくり。これじゃ何を書けば正解なのか分からな~い。今年の事例Ⅲは相当難易度が高く、他の受験生も大いに苦しんだと思うが、それでも自分の相対的な位置はかなり低いはず。予想:C


事例Ⅳ:やっている最中は、ほぼ完璧に対応できた!と思った。その後再現答案を作成し、各校の模範解答を見る中で背中に戦慄が走る。「おやおや~~、何で各校の模範解答は第2問、第3問を小数点第3位まで書いているの?」改めて与件を見て気絶しそうになった。「与件文の最後に小数点第3位四捨五入の指示が書いてあるじゃないの~。」これはひどくない?でも気づかない自分が悪いんだね~。計算問題に四捨五入の指示がないのは気になったんだけど、単位百万円って書いてあるから、例年通り小数点第1位で四捨五入しました~。そして第3問、設問2は完全に減価償却費を見落としたのでしょうがない。設問1は、これまた解答割れまくり。僕が算出した数値を答えとしていた予備校もあったけど、いずれにせよ小数点の指示間違えてるしどうなんだろうね~。経営分析も全部長所にしたし、どうなんだろうね~。第4問の設問1は本来ゼッタイ落としちゃいけないところなんだろうけど微妙な書き方してしまったし、どうなんだろうね~。まあ設問2は、現保有債券を売却してH25満期の国債購入ってのが正解なんだろうけど、こんなのできてるやつはいね~だろ~ってことで殆ど差はつかないと思われ。いずれにせよ、今年の事例Ⅳは去年に比べて簡単だったのは間違いない。それでもまあ、そこそこは取れているほうだろう。予想:A


というわけで、合格だったら合格。不合格だったらBACAバカ。



今年はほぼ完全独学を貫いたし、相対化する手段がまったくないのですが、多年度受験生の自分の感覚でいくと「う~ん、事例Ⅲが超足を引っ張ってるね~」って感じです。


というわけで、去年同様今年も試験が終わって数日経ってから、心の汗という名の涙を流しました。とさ。




嗚呼~、スッキリした♪

受かってるといいなあ☆

でも、落ちてても俺はがんばって生きてくぜ☆

スポンサーサイト

2010/10/24 (Sun) 20:47
中小企業診断士試験に、ありがとうございました

無事に診断士試験を終えてきました。


とにもかくにも、4年越しの4回目の2次試験、足掛け5年の勉強生活を悔いなく終えるに足る充実感です。


自分が持てる全てを出し切ってきました。


各事例を振り返れば(振り返りたくもないけど)あそこはどうなんだろう、あれはやっちまったんだろうか、嗚呼何で気づかなかったんだろう(事例Ⅳは計算は全部いくつか合ってたっぽいけど、与件冒頭の「計算問題は小数点第3位を四捨五入せよ」を見落とし、第1位を四捨五入してアボン)的なものはありますが、


それを差し引いても、今自分ができる全て、足掛け5年の勉強生活で培ったものを全て出し切ってきた感があります。


合否いずれにせよこれで最後にする所存ですが、これにて中小企業診断士試験の勉強を悔いなく終えることができます。


合格すれば、それを自分が進みたい道により良く活かすだけだし、落ちれば自分には縁がなかったものと見切りをつけることができます。













・・・小生と嫁は、自分たちが人生でやりたいことをやるために、診断士試験の合否にかかわらず会社を退職し、来年1月から世界一周の旅に出ることにしました。







自分たち夫婦の【人生でやりたいことリスト】のNo.1に載っている【世界一周】を、ようやく実現します。



自分がふがいない&あきらめが悪いせいで妻をここまで待たせてしまいましたが、ようやく実現する運びになりました。






中小企業診断士試験の先にあったもの、それは、本当に、自分の人生のうち5年をかけて挑戦する価値、意義があるものでした。



自分をここまで成長させてくれ、そして感動・出会い・挫折・苦悩・葛藤・経験を与えてくれた中小企業診断士試験に心から感謝し、これにて中小企業診断士の【試験勉強】を終わりにします。



診断士の試験勉強を通じて出会った全ての方に、厚く御礼申し上げます。




P.S.

もちろん、受かっていれば口述試験対策はしますw




2009/11/03 (Tue) 21:04
所感と方針

再現答案も作成し、各事例の振り返りも行いました。

試験終了直後は事例Ⅳで真っ白な灰になりましたが、各校の模範解答や勉強仲間達の考え方に触れるにつれ、むしろⅡやⅢで「やっちまった感」をひしひしと感じております。



今年は7:3で厳しいか。。。と勝手に思っています。



今回発生した「やっちまった感」は、実力不足で解答内容そのものが練りきれなかったというより、本試験に臨む際の思考プロセスや事例ごとの解法プロセスに原因があったと捉えております。


なので、本試験での取り組み内容そのものに対する後悔はありません。 自分に対する情けなさは大いにありますが。。。

『去年あれだけ勉強して、今年1年は精神面を鍛えて、その成果がこの解答かよ・・・』という情けなさです。もちろん結果が出ていない時点でどうこう言うものでもないですが。



今年の本試験に臨んだ際の自分の考え方や取り組み内容が正しくて、それが受け入れられれば、30%ほどの確率で合格できるのでは、と考えております。




受かった場合は、少々はしゃぐかもしれませんが周囲への配慮や感謝を忘れず、自身が進むべき道を淡々と謙虚に進むのみです。



ダメだった場合は、周囲への配慮や感謝を忘れず、自身は「なぜ今年ダメだったのか」を心底研究し、それを思考プロセスと事例ごとの解法プロセスに反映し、来年は最後の正直で、今度こそ二次筆記試験の合格を目指します。




2009/10/28 (Wed) 09:09
再現答案完了

事例ⅠからⅣまでの再現答案作成が完了した。


ついでに予備校の模範解答・解説もWebにウップしているものを見てみた。
事例Ⅱで吐き気を催した。


やはり事例Ⅱがとても痛いっぽい。。。


今年もダメだとしたら、事例Ⅱが足をひっぱるか。。。
(ちなみに去年もマーケでした)


がしかし、去年と違い、今年は「なぜそれをやるのか?」の説得力や、各設問の一貫性は超意識して、その点はそれなりに対応できていると思うので、何とか首の皮1枚繋がっていると信じたい。



当然ながら?事例Ⅳは全く振るわない結果だったが、殆どの受験生が完璧な対応は出来ていないと思うので、そんなに気にしてない。


いずれにせよ再現答案作成も完了し、これで今年の二次筆記試験は終了したので、しばらく試験のことは忘れ、仕事や家族サービスや余暇の充実に努めま~すv


テーマ : 診断士受験日記 - ジャンル : 学校・教育

2009/10/26 (Mon) 06:38
二次試験ありがとうございました

昨日、無事に中小企業診断士の二次試験を終えてきました。

出来の方はともかくとして、こうして試験を無事に終えられたことを、ず~~っと支えてくれた妻を始めご支援いただいた皆様に感謝しております。

本当にありがとうございました。


去年は財務が終わった瞬間「今年は受カター!!」

と思って合格発表の前までムダに自信過剰でしたが、

今年は全然自信はありません。ただただやれるだけのことはやった。。。

という感触です。


試験前のブログにも書きましたが、今年は本当に人間的に成長できたと思っており、そう思えることが日々自分にとって大いに充実感を得ています。その副産物として、ついでに試験も受かってるといいな~。




仕事の仕掛りが相当溜まっているので、しばらく仕事に専念せねば。


落ち着いたら再現答案でも作るとします。


重ねて、たくさんのご支援をいただき、本当にありがとうございました。



| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。