--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/12/11 (Sat) 00:55
「ありがとう。」「ありがとうございました。」

12月10日、自分にとって4度目の挑戦となる中小企業診断士二次筆記試験の合格発表があったのですが、受かっていました。

今年も不合格の可能性が高いと思っていましたが、結果としては受かっていました。

実は今日、夢を見ました。

合格する夢。自分の受験番号を見つけることができた夢。

まさかまさかのびっくりな正夢になりました。



多くの先輩にずっと私の成長を温かく時に厳しく見守っていただいたこと、

尊敬してやまない方々といつか診断士関係で何かご一緒できる可能性が広がったということを考えると、勝って兜の緒を締める気持ちでいっぱいです。

結果が手に入ったからこそ言えるせりふですが、

「大事なのは結果ではなく、僕自身ががんばってきたその過程でした。」








振り返れば、もう二度と繰り返したくないと思えるほどのつらく苦しく長い期間でした。

振り返れば、多くの出会いがあり、希望、絶望、笑い、感動、涙、苦悩、葛藤、成長を味わうことができた期間でした。


誰かに「診断士試験を受けたいのですが」と相談されたら、
まずは「つらいからやめとけ」と言うでしょう。

「それでも受けたい」とその人が言うのなら、
「つらくても、自分が信じた道を進むしかない」と言うでしょう。




2010年12月11日は私の31歳の誕生日です。
2010年12月15日付で8年間勤務した愛する会社を依願退職し、
2010年12月27日に現住居を引き払い、
2011年1月4日に日本を発ちます。

私と妻の長年の夢であった世界一周の旅に、約2年かけて行ってきます。

旅の過程は別のブログに綴っていきますので、よろしければご覧ください。


【もりフーフの世界一周旅日記】
http://ameblo.jp/55worldjourney/




私の財産は、試験合格、または資格ではなく、人との出会いや自身の成長そのものです。


その中で、合格発表前々日に僕の世界一周の壮行会をしていただいた会社の先輩の一人からいただいた言葉を最後に転載させていただきます。

本来なら個別に御礼とご報告を申しあげなければならない方が多数いらっしゃるところ、本ブログでのご報告となる不行き届きと非礼をお詫び申しあげます。
ただ、今でも私のブログを訪問していただける方が、私が個別に御礼とご報告を申しあげたい方々です。

会社の先輩からいただいた涙涙の応援メッセージをもって、本ブログのしめくくりといたします。



●●デス。

昨日はみなさまありがとうございました。

予想通り、相変わらずの暑苦しい会でしたが、ホントにたのしかったっす。

それぞれ、大人に、そして頼もしくなって、うるさいけどいいハーモニーに浸れました。

たまにはちゃんとメールを返信したいと思いまして、以下キップリングの詩を
要約意訳改変ありで転記します。ちょっとくさいですが我慢してクダサイ。
(淳さまの成長過程とリンクしてるとおもったので・・)


「もし、あなたの周りの人があなたを非難しても、落着きを失わないなら、
もし、みんながあなたを疑っても、人を思いやることができるなら
もし、夢を持っても、それに振り回されないなら
もし、勝利を得ても、それに酔うことなく、敗北があっても、くじけないなら

もし、今日のようなつらい別れがあっても、それを自分を変えるチャンスと信じられるなら

その時、あなたは立派な大人になる」



「社会を牽引していけるリーダー」に必要なものは、「一歩踏み出す勇気と、本当の優しさ」
だそうです。まさに淳ちゃんの進む道、ホンモノになって、帰ってきてください。




中小企業診断士試験の先にあるもの

改め

強く、優しく、人の痛みが分かる中小企業診断士を目指す

~了~
スポンサーサイト

2010/11/04 (Thu) 23:55
心の整理

ブログを書こうか書くまいか悩んだのですが、自分自身の心の整理整頓のために書くことにしました。


試験終了後、例年のようにただちに再現答案作成に着手し、各校の模範解答も集めて分析しました。


結果、不合格の可能性を考慮せざるを得ません。


いずれにせよ受かるか落ちるか、100か0しかないのですが、僕の場合もう来年は受けられません。


受かっていれば受かっていたで少々はしゃぐかもしれませんが、周囲への配慮や感謝を忘れず、自身が進むべき道を淡々と謙虚に進むのみなので対応は簡単です。


問題は、不合格だった場合です。
ダメだった場合、僕の場合はもう来年は受けられません。

会社を辞めて世界一周に行くという不確実性が極めて高い道を自ら選んだわけだし、もう今年が最後の挑戦と自分の中で位置づけてきました。

この試験は、受け続ければいつか必ず受かると思います。

最も肝要なのは、受かるまで受け続ける強い心を持てるかだと思います。

短期間で受かる人は、自分がなぜ合格したのかの合理的な説明をできないと思います(決して嫉妬で言っているわけではありません。と思います)。

受かるまで受け続ける。色んな要素が組み合わさって、そのうち受かる。それが早いタイミングなのか遅いかだけだと思います。逆に、2次試験を受ける人はみんな合格できる素養を持っているのだとも思います。

僕の場合、本当に本当にこの試験に合格したかったので、世界一周に行かず会社に残るという選択肢を選んでいれば、受かるまで受け続けると思います。


ところが、僕と妻は、会社を辞め、安定を捨て、人生やりたいことをやる!という道を選びました。


そんな状況ですので、今年ダメだったら、強がっていても(強がっているように見えても)自分自身かなりのダメージを受けることが予想されます。だから、いまのうちに自分の心に予防線を張っておきたいと思います。

受かってたら「嗚呼~杞憂に終わってよかった~♪」ってただの笑い話になるだけだし。











ということで前置きはこれぐらいにして、自分のために今年の試験を振り返りたいと思います。再現答案も作成し、各校の模範解答も集めて分析したので、かなり客観的に自分の答案を振り返ることができます。
あくまで自分が振り返る用なので全て主観です。



事例Ⅰ:結果として、そこそこ対応できていたようだ。各校の模範解答と見比べ、要所要所では足りない箇所も随所にあり、特に第1問は何が言いたいのかよく分からんことを書いていたが、その他の設問は概ね題意を捉えていた。とはいえ、今年の事例Ⅰはかなり簡単だった。なので、自分ではそこそこ対応できたつもりでも、回りができていたら相対的な評価は平凡なものとなる。予想:B


事例Ⅱ:かなり簡単だった。こんな簡単でいいのか?予備校の模範解答も全ての設問がほぼ同じ趣旨を書いている。合格レベルの受験生はほぼ全設問で同じことを書いてくるだろう。予想:A


事例Ⅲ:やっている最中は与件の根拠を基に書いた気がしていたが、振り返ってみるとグッダグダ。診断のセオリーも、SWOT分析の意味も全然遵守できていない。各校の模範解答も大いにバラツキが発生しているが、それでも的はある。というかあった。自分の解答は、その的を捉えていない。今年の事例Ⅲは難しいぜ~!ってのは与件を読んだ段階で分かっていたのだが、パニックになっちゃったのかな?冷静な対応ができなかった。てか、冷静な対応ができていればもっと以前に受かってるか。第4問は、方向性を少し間違えた。対応策は大いに間違え、かつ解答の得点要素も相当抜け落ちた。ところで結局、第3問は何が正解なの?各校の解答は割れまくり。これじゃ何を書けば正解なのか分からな~い。今年の事例Ⅲは相当難易度が高く、他の受験生も大いに苦しんだと思うが、それでも自分の相対的な位置はかなり低いはず。予想:C


事例Ⅳ:やっている最中は、ほぼ完璧に対応できた!と思った。その後再現答案を作成し、各校の模範解答を見る中で背中に戦慄が走る。「おやおや~~、何で各校の模範解答は第2問、第3問を小数点第3位まで書いているの?」改めて与件を見て気絶しそうになった。「与件文の最後に小数点第3位四捨五入の指示が書いてあるじゃないの~。」これはひどくない?でも気づかない自分が悪いんだね~。計算問題に四捨五入の指示がないのは気になったんだけど、単位百万円って書いてあるから、例年通り小数点第1位で四捨五入しました~。そして第3問、設問2は完全に減価償却費を見落としたのでしょうがない。設問1は、これまた解答割れまくり。僕が算出した数値を答えとしていた予備校もあったけど、いずれにせよ小数点の指示間違えてるしどうなんだろうね~。経営分析も全部長所にしたし、どうなんだろうね~。第4問の設問1は本来ゼッタイ落としちゃいけないところなんだろうけど微妙な書き方してしまったし、どうなんだろうね~。まあ設問2は、現保有債券を売却してH25満期の国債購入ってのが正解なんだろうけど、こんなのできてるやつはいね~だろ~ってことで殆ど差はつかないと思われ。いずれにせよ、今年の事例Ⅳは去年に比べて簡単だったのは間違いない。それでもまあ、そこそこは取れているほうだろう。予想:A


というわけで、合格だったら合格。不合格だったらBACAバカ。



今年はほぼ完全独学を貫いたし、相対化する手段がまったくないのですが、多年度受験生の自分の感覚でいくと「う~ん、事例Ⅲが超足を引っ張ってるね~」って感じです。


というわけで、去年同様今年も試験が終わって数日経ってから、心の汗という名の涙を流しました。とさ。




嗚呼~、スッキリした♪

受かってるといいなあ☆

でも、落ちてても俺はがんばって生きてくぜ☆

2010/10/24 (Sun) 20:47
中小企業診断士試験に、ありがとうございました

無事に診断士試験を終えてきました。


とにもかくにも、4年越しの4回目の2次試験、足掛け5年の勉強生活を悔いなく終えるに足る充実感です。


自分が持てる全てを出し切ってきました。


各事例を振り返れば(振り返りたくもないけど)あそこはどうなんだろう、あれはやっちまったんだろうか、嗚呼何で気づかなかったんだろう(事例Ⅳは計算は全部いくつか合ってたっぽいけど、与件冒頭の「計算問題は小数点第3位を四捨五入せよ」を見落とし、第1位を四捨五入してアボン)的なものはありますが、


それを差し引いても、今自分ができる全て、足掛け5年の勉強生活で培ったものを全て出し切ってきた感があります。


合否いずれにせよこれで最後にする所存ですが、これにて中小企業診断士試験の勉強を悔いなく終えることができます。


合格すれば、それを自分が進みたい道により良く活かすだけだし、落ちれば自分には縁がなかったものと見切りをつけることができます。













・・・小生と嫁は、自分たちが人生でやりたいことをやるために、診断士試験の合否にかかわらず会社を退職し、来年1月から世界一周の旅に出ることにしました。







自分たち夫婦の【人生でやりたいことリスト】のNo.1に載っている【世界一周】を、ようやく実現します。



自分がふがいない&あきらめが悪いせいで妻をここまで待たせてしまいましたが、ようやく実現する運びになりました。






中小企業診断士試験の先にあったもの、それは、本当に、自分の人生のうち5年をかけて挑戦する価値、意義があるものでした。



自分をここまで成長させてくれ、そして感動・出会い・挫折・苦悩・葛藤・経験を与えてくれた中小企業診断士試験に心から感謝し、これにて中小企業診断士の【試験勉強】を終わりにします。



診断士の試験勉強を通じて出会った全ての方に、厚く御礼申し上げます。




P.S.

もちろん、受かっていれば口述試験対策はしますw




2010/09/08 (Wed) 22:18
大きな決断

久々の更新です。


いよいよ、人生の中で大きな決断を実行する時がきました。


それに際し、本っっっ当に久しぶりに自分のブログを見返してみました。


ここ1年余りの自分の言動や振る舞いが、自分が目指してきた方向性とブレてないことを確認し、安心しました。

「なりたい」自分に「なれて」いました。






決断はすでにしております。


覚悟も決まっております。


この決断がどういう結果を導くか、今は全くもって未知数ですが、いかなる結果が訪れようと、自分たちが下した決断に対して後悔はしません。


とはいえ、自分たちが望んでいる結果があるので、その結果に至れるように最善かつ最大の努力をします。


ですが繰返しですが、たとえ【最悪と思われる】結果が訪れようと、自分たちの決断そのものに対しては後悔はしないつもりです。






前言撤回を繰返し、【毎年】不退転の挑戦で受け続けてきた中小企業診断士の試験ですが、とりあえず4度目の二次試験、今年の二次試験がとりあえず最後の挑戦となります。





あと数ヶ月で、僕と妻は自分たちの意志で環境を激変させます。


そのときに、僕と妻は一体どのような位置から、何を眺めているのか。



本当にまだ全く予想もつきませんが、きっと明日への希望に満ちているということは変わらないと思います。




文責:journeyおよびjourney妻



2009/12/11 (Fri) 21:41
明日に向かって

3回目の二次試験は不合格のようです。


ある程度予想していた結果なので、さほどショックはありません。
いえいえ、むしろ逆にスッキリしております。

まあ、正直申し上げて

『情けない限りです。』

という思いはあります。




今日めでたく?、三十路ックスの仲間入りをしました。明日に向かって今日を大事にしながら歩みを進めます。




ところで、【自分が超尊敬してやまない人ベスト3】に入る人に無様な結果を報告したところ、


「合格しないままだとカッコワルイので、来年必ず結果を出す」


という檄をいただきました。



自分はその人をはじめ自分が尊敬する人たちのように『カッコイイ』大人になりたいと考えており、まさにいただいた檄の通りであり、それ以上でもそれ以下でもありません。




『この人には受かっていてほしいな~☆』と思っていた人が何人か合格されており、そのことについては本当にうれしい限りです。



「来年は必ず結果を出します。」


合格に足りないもの・合格に足りなかったものは完全に自分自身で処理すべき問題であると捉えております。


少なくとも、自分が自身の人生で遂行すべきプロジェクトの一つである診断士試験の受験というセグメントにおいては、来年1年は完全に自分に向き合う1年にしたいと考えております。

ブログは無期限休載いたします。

今まで多大なるご支援・ご指導をいただいた皆様、本当にありがとうございました。これで終わりではありません。



私は、必ず皆さんと同じステージにあがります。




以 上

文責:journeyおよびjourney妻




| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。